【736】ハンゲショウが咲くころ

日本の暦ではちょうど今ごろ、雑節で半夏生(はんげしょう)
と言うそうだ。
そして、そのころには、ハンゲ(カラスビシャク)とか、
ハンゲショウという植物が見られる。
ハンゲショウ【ドクダミ科 Saururus chinensis】
植物のハンゲショウは、葉の半分が白くて、おもしろい。
c0128628_13323565.jpg

おそらく「半化粧」という漢字が当てられているのだろう。

先週、晴れ間を見計らってちょっと武蔵野の野川公園に行ってきた。
はたして、途中で降られたので、やっぱり梅雨どきは無理はできない
なぁ~と思った。

おはぐろ(鉄漿/お歯黒)という言葉をご存じだろうか。
時代劇などで、侍の奥さんの歯が真っ黒なのを見たことがあるかもしれない。
昔は、既婚女性は、歯に黒いものをつけて“おしゃれ”をしたらしい。
(現在は、肌の美白とか、歯を白くするのが流行のようだが・・・)
その日見たのは、二つのハグロ
c0128628_13341886.jpg

ハグロトンボ(羽黒蜻蛉)とハグロソウ(葉黒草)
どちらも湿気の多い藪や川べりなどに生息するという。
ハグロトンボ♂は藪の中をゆっくり飛んでいた。体の金属的な光が美しい。
c0128628_13352159.jpg

ハグロソウ【キツネノマゴ科 Dicliptera japonica】
は、唇の形がかわいい。
c0128628_133668.jpg

その他に見たのは、ヒメウラナミジャノメ。小さい蝶だが、ヤブの中を
すいすいと飛んで来ては、ススキの葉の上で翅を拡げてくれた。
c0128628_13363426.jpg

やや明るい草地では、ベニシジミも見た。
この蝶の下のヒメジョオンの花びらに、緑の幼虫が写り込んでいた。
知らずに撮っていたが・・・
(気持ちの悪い人がいるかもしれないが、これが蝶のお子様の姿です。
 お子様も親と同様に愛してあげてください。)

c0128628_13372746.jpg

かわいいピンクの花が咲いていたのは、
イヌゴマ【シソ科 Stachys japonica】
犬が付くのは、蔑称かと思っていたが、ゴマには非ず、という意味で
否ゴマがなまってイヌゴマとなったという説を読んだ。

あ、それもありうるなぁと思った。犬は役に立たないものという蔑称は
ちょっと気になっていた。
イヌザンショとか、イヌホウズキとか・・・
「イヌゴマは、ゴマではないから、食べてもおいしくないよ」、
という警告として読める。

ハグロソウイヌゴマもどちらも日本の湿地、川べりの草むらに
生える雑草で、学名にjaponicaがついている。こういう植物を大事
にしないと、と思う。

ひと気の無い川べりをうろうろしたが、けっこう収穫があり、
楽しかった。

[PR]
by tamayam2 | 2015-07-06 13:39 | 日々のできごと | Comments(10)
Commented by school-t3 at 2015-07-06 23:38
蝶が美しく撮れていますね。
お子様は・・・・・・困ったなあ。

小さい花たちも蝶の助けを借りて
命をつないでいるんでしょう?
大切にしなければ、ですね。
Commented by echaloterre at 2015-07-07 00:26
花も葉も、トンボも蝶もそのお子様も!美しくてかわいいですね。
JAPONICAとつくものは、特に大切にしたくなりますね。
我が畑では、お子様も含め虫や雑草も!大事にかわいがっていますが・・・毛虫に首の周りを歩かれたときには、あとでドクターのところへ塗り薬をもらいに行きました・・・

こちらは、猛暑ですが、野菜や花、蜂をはじめ昆虫類もなかなか元気です。
この猛暑、いつまで続くのか、その後、秋が早くやってくるのか…どうなることやら~のフランスです。
Commented by tamayam2 at 2015-07-07 07:15
♡  school-t3さん、
合田草のこと、面白く拝見しました。Shibata Kimikoさんとは、このごろは、FaceBookでよくお話しています。私は、カナダVictoria で、この花を見て、いいなぁ~と思いました。向こうでは雑草のように生えていましたけれど・・・
Commented by tamayam2 at 2015-07-07 07:19
♡  echaloterreさん、
東京は、梅雨寒というのか、なんとなく寒いのです。フランス、ドイツは、猛暑とか・・・
ドイツの友人からも聞いております。
暑いと野菜がぐんぐん成長してうれしいけれども、昆虫たちも大活躍ね。痛しかゆし・・・(笑)
フランスの虫に会いたいなぁ~
ドイツでは8月半ば過ぎには、もう長袖で薄いコートを羽織っていました。もしかしたら、秋が早く来るのかも・・・ま、どっちでも楽しみです。かっちゃんによろしく!
Commented by KawazuKiyoshi at 2015-07-07 16:54
優しい花々。
ハグロトンボが涼しげです。
まだ梅雨空は続きそうですね。
でも
お元気で。
今日もスマイル
Commented by tamayam2 at 2015-07-07 21:51
♡  KawazuKiyoshi先生、
早く自然の中を歩きたいなぁ・・・
ヨーロッパは、猛暑と言われています。FaceBookの先生のコーナーではきれいな景色、美女とうつくしい旋律があふれています。楽しませていただいています。ありがとうございます。
Commented by 通りすがり at 2015-07-09 20:49 x
ベニシジミ、ありふれた普通種ですが、好きなチョウの1つです。
春先にタンポポの花に居るのを見ると、綺麗と思うと同時に何だかほっとします。
ヒメジョオンの花に居る幼虫は、おそらくオオタバコガの幼虫ですね。
これからいろいろな花で見られるので、また目にすることになりそうです。

イヌと付く植物は、食用など有用なものに似ているけど食用などにならないものに冠せられますが、元が否なら納得ですね。
Commented by tamayam2 at 2015-07-11 17:00
♡ 通りすがり さま
こんにちは!やっと晴天が戻ってきました。紅シジミの下に写ってしまった幼虫について、私も調べたのですが、
よくわかりませんでした。
ベニシジミの幼虫は、もう少し短く、赤味がかっているように見えます。
大タバコガらしいとのアドヴァイス、
ありがたいです。その成虫も見てみたいですね。
7月になるとチョウが活発に活動しますから、
この時期になりますと、私も出かけたくなります。きれいに整備された公園ではなくて、
ちょっと荒れた野原などに・・・
それが、なかなか無いのですね。
Commented by 通りすがり at 2015-07-11 22:19 x
昔と違って、野原と言うものが無くなってしまいましたからね。
原っぱと地面に溝を掘っただけの用水路や、小さな溜め池などは殆ど見られなくなりました。

で、思い出しました。
ハンゲショウは半夏生と書くんでした。
Commented by tamayam2 at 2015-07-11 23:17
♡ 通りすがりさま、
今日は、うって変わってぎらぎら夏日。出かけてみたものの、暑くて大変でした。昔ふうの野っぱら、水辺に行きたいけど、
連れの希望で都会に出かけたので、汗とお金が出ましたよ(笑)
<< 【737】やっと雨があがって 【735】ジャカランダの花 >>