【727】信州へちょっとお出かけ

24日、久しぶりに信州に出かけました。一泊したかったのですが、
翌日に大事な会合があったので、日帰り…。
気持ちよくはれ上がった春の日。駅前ひろばも、小川のほとりも、
どこもかしこもサクラが満開でした。
花びらのひとひらも散っておらず、今しも満開になったばかりという
タイミング。
東京で、花の盛りを味わい、再び信州でもサクラを見ることができて
しあわせな気分でした。

さて、降り立った駅の脇に梢が赤い樹を見つけました。
もしや、と思い望遠レンズで見てみますと、はたしてアメリカハナノキでした。
この花をヨーロッパやアメリカで知って以来、日本にもあるのだろうか、と
探していたので、再会できてうれしかったです。
アメリカハナノキ【Acer pycnanthum カエデ科/ムクロジ科】
c0128628_957694.jpg

雌木の花は、こんなふうに長く垂れ下がっているのです。
すでに、プロペラ状の小さい果実も見えます。
c0128628_9574561.jpg

上の別の木は、雄木でしょうか、すでにカエデのような幼葉が見られます。
秋の紅葉を思わせるように真っ赤です。秋には、きっと素晴らしい紅葉が
見られるでしょう。
c0128628_9583361.jpg

チョウも見ました。
c0128628_959542.jpg

  再び「通りすがり先生」より、ご指摘を受けました。これは、
  シータテハではなく、キタテハだそうです。本当にありがとうございました!

こちらは、スジグロシロチョウでしょう。
c0128628_100299.jpg

西洋では、カタクリは、ほとんど黄色、
ミズバショウも黄色のものが主流です。
訪れた湿地で、見かけたのは、白と黄色のミズバショウ
c0128628_1004132.jpg

懐かしく思い、カメラを向けました。
c0128628_101683.jpg

緑の葉が青々しく、キャベツのようにバリバリと食べたくなりますが・・・
これは、英名が示すようにSkunk cabbage(スカンクのキャベツ)。
人は、食べないほうがいいですね。
c0128628_1014014.jpg

空を見上げるとカラマツの梢が青い空に透けて・・・
やはり、信州の空、空気はいいなぁ~と胸いっぱい清涼な空気を吸いました。

by tamayam2 | 2015-04-27 10:02 | たび | Comments(12)
Commented by ふく at 2015-04-27 13:19 x
信州、第二の故郷です。(勝手に)
どちらを向いても蒼々としたやまなみ
せいせいとしますね。
黄色いかたくりや水芭蕉お目にかかりたいものです。
木曽に住む友人にメールしよっと。

Commented by 通りすがり at 2015-04-27 21:24 x
また来ちゃいました、ただの虫好きオヤジです(^_^;)
名前が分かると親近感が湧く、ということで、身近なものの名前を調べることを始めたのが切っ掛けでハマっちゃいました(笑)

桜が満開とは良い時に信州に来ましたね。
南部の山では八重山桜が満開です。

チョウはシータテハではなくキタテハですが、翅表なら前翅後縁と後翅外縁に青色の紋があるのがキタテハです。

水芭蕉はスカンクのキャベツですか。
食べる気を起こさせないネーミングですね(笑)
Commented by tamayam2 at 2015-04-28 07:07
ふくさん、
信州、木曾は、いいですね。
本当に空気がきれいで、木々も花々も
色が鮮やかです。今月末にお目に掛かれますね。
Commented by tamayam2 at 2015-04-28 07:12
♡通りすがりさま、
又来てくださり、本当に感謝!ああ、そうでしたか。昆虫の名がわからないときは、本当にあれこれ悩みます。よかった、正しい名がわかって。
いつでも、お越しくださいませ。
教えていただければ、うれしいです。水芭蕉は、英名も悪いですが、
本当に臭いにおいがするようです。
尾瀬の歌の中で、♪ミスバショウの花が、咲いている、夢見て咲いている、水のほとり・・・という江間章子の詩のおかげで日本では、詩的に
扱われておりますが、海外では、ちょっと困り者扱いです・・・(笑)。
Commented at 2015-04-29 08:50
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by BBpinevalley at 2015-04-29 14:06
花や昆虫の写真がとてもお上手ですね。
動き回ったり、風に揺れたりするので、難しいでしょう。
日本は、私がたってから随分とお天気が良さそうですね。
もう、ゴールデンウィークですものね。
この前のアップのハナミヅキやトノサマバッタも素敵。
そういえば、そんな名前の昆虫を追っかけまわしたときもありました。
Commented by オーマ235 at 2015-04-30 16:06 x
まあ、新春の信州、いいですね。黄色の水芭蕉?知りませんでした!!
本当に「夏の思い出」の歌詞は、水芭蕉だのシャクナゲ色だのと我々の想像力が膨らむ
歌ですよね。

昨夜、BS3で「祈りと絆の島々 長崎 五島の教会を行く」を見ました。
tamayamさんの先般のブログを拝見し、是非、行って見たいと思っていました。
が、何しろ、孫達の世話でまとまった時間の取れない私。五島列島などとても無理、、、と
諦めていましたら、タイムリーな番組。tamayamさんの紀行文と写真を拝見しなければ
見過ごしてしまうところでした! 感謝!有難う! 隠れキリシタンの歴史、強い信仰心、迫害、
苦しみ、、、を思う時、目の前の憂鬱や悩み等吹っ飛んでしまいますね。五島列島に存在する
沢山の教会の一棟、一棟に、信者たちの祈りと願いを思い涙がこぼれました。
Commented by tamayam2 at 2015-04-30 17:19
♡  BBpinevalleyさん、
チョウや虫の写真を撮りたいのですが、相手は、生き物なので、なかなか…
生きとし生けるもの、人も含め、みんな好きなんです。
お宅のBlogからNZの自然と空気を胸いっぱい味あわせていただいて
おります。
住んでいるときには、余裕がなかったのか、NZの自然を味わうどころではありませんでした。仕事がなかなかはかどらず・・・今再訪して良さを再確認したいですね。
Commented by tamayam2 at 2015-04-30 17:25
♡オーマ235さん、私は、夜遅いのが弱いので、録画して今日、見ました。
いいVTRですね。女性の訪問者が淡々と語るし、若いキャーキャー言うこともなく、弦楽器を静かに弾いているし。
作品自体が一本筋が通った佳作です。私も楽しく見ました。CDにも
焼きました。お時間がありましたら、ぜひいらっしゃって・・・
我々は、五島に行ったあとで、2本の邦画をみました。「風に立つライオン」と「くちびるに歌を」五島に行かなかったら決して見ない映画でしたが・・・楽しくみました。
舞台が五島列島、長崎です。オーマさんと同じVTRを見ていたわけね。
ありがとうございました!
Commented by tamayam2 at 2015-04-30 22:04
鍵コメさま、
メールが届いておりませんので、
私のほうからメールを差し上げます。
大変失礼いたしました。
感謝!
Commented at 2015-05-02 22:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2015-05-03 03:19
♡ 鍵コメさま、
ありがとうございました!
受け取りました。
そちらは、雨?こちらは、夏を思わせるようなカンカン照り・・・
感謝!
<< 【728】浅草寺・伝法院通り 【726】虫の季節到来 2015年春 >>