【726】虫の季節到来 2015年春

年年歳歳花相似 歳歳年年人不同
(ねんねんさいさい花あいにたり さいさいねんねん人おなじからず)

c0128628_10144430.jpg

我が家にあるただ一本の高木、西洋ハナミズキが花ざかりになりました。
この樹づたいに二階までサルのように駆け上っていた愛猫は、
この花の開花を見ることなく、晩秋にこの世を去りました。

昨日は、親しかった友人の告別式でした。
突然のお別れでしたので、胸つぶるる思いでした。
c0128628_10225533.jpg

植物を愛する私は、どこでも植物に目がとまれば撮影しますが、
家に帰って写真を拡大してみると、思いがけず昆虫が写りこんでいることが
あります。そういうときは、儲けものをしたようにうれしい!
c0128628_10232239.jpg

先日出かけた赤城自然公園のみごとなシャクナゲ。(上)
その写真に写っていたのは、、コツバメ。
もう少し注意深く観察すればよかった! と後悔しています。
c0128628_1024720.jpg

もう一つは、やや離れたところにいて、翅を開いたり閉じたりしていたチョウ。
翅の形から、シータテハか・・・
 (通りすがり様より、教えていただきました。シータテハ)→ヒオドシチョウ…感謝!)
望遠レンズをもっていくべきでした。
c0128628_10243038.jpg

こちらは、別の日、花の植え込みにいたトノサマバッタ。
拡大したら、触角が一本欠けているのが分かりました。
c0128628_1024505.jpg

これは、ネコノメ草を撮影したのですが、アブの種類でしょうか、
 (通りすがり様より、教えていただきました。こちらは、おそらくヒメフンバエの♀)
虫たちに再び出会えるうれしい季節の到来を感じます。

追記)通りすがり様、お教えいただきありがとうございました。これからもどうぞよろしくご指導ください。

子供たちが、こういう虫たちを無意味に追い掛けまわしませんように。
静かに虫を見て楽しむ文化が、浸透していきますように、
老婆心ながら、祈っています。

[PR]
by tamayam2 | 2015-04-22 10:27 | 日々のできごと | Comments(6)
Commented by namiheiii at 2015-04-22 11:22
年年歳歳花相似・・・・ 人は何故同じものを撮るのでしょうね?
Commented by tamayam2 at 2015-04-22 15:57
♡  namiheiii先生、
本当に、何故なんでしょうね・・・。
毎年、同じようなものに心惹かれます。でも、好きなものには、つい、眼がいってしまうのね(苦笑)
お体、ご大切に!
Commented by daikatoti at 2015-04-25 08:59
おはようございます。虫が写り込んでいると得した気分になりますね。
うちも昨日今年初めてアゲハ蝶を見ました。
慌ただしく春が来て去って、夏が来る、ということで戸惑い気味です。
バッタは越冬してたんでしょうね。
Commented by tamayam2 at 2015-04-26 07:41
♡ daikatotiさん、
お久しぶりです。ほんと、春が来て、あら、花、あら、虫とめまぐるしくしておりますと、
すぐ夏が来てしまいます。
totiさんは、ちゃんと古いものを整理されたりして・・・
私もそろそろしなくっちゃ。古着、古い布。いつか、縫おうと思って、ウン十年。この蓄積が怖いわ。(笑)
Commented by 通りすがり at 2015-04-26 17:54 x
虫とあっては黙って居られず、某所のコメントから来ちゃいました。

チョウはコツバメとヒオドシチョウ、ハエはおそらくヒメフンバエのメスですね。

それよりもトノサマバッタが越冬しているのには驚きました。
冬でも温暖な地域では、卵以外で越冬することもあるそうですが、相当に珍しいんじゃないでしょうか。
Commented by tamayam2 at 2015-04-27 07:52
♡通りすがりさま、
昆虫の同定では定評のある【通りすがり】様に来てみていただきまして、ほんとにうれしいです。ありがとうございました。早速付記をつけます。
また、トノサマバッタは、じつは、これ、温室の中で撮影しました。3月25日。温室の中だから越冬できたのでしょう。これからもぜひ
お教えください。
名がわからないととても不安です。
今回は、ありがとうございました。
<< 【727】信州へちょっとお出かけ 【725】今年初めての赤城自然園 >>