【725】今年初めての赤城自然園

行きたいと願っていた群馬県赤城自然園に、今年は、親しいお友達2人と
行くことができました。
ここは、自然の森ではなくて、西武セゾングループが開発した人工的な
”自然園”なのですが、まあいろいろな野草や樹木を見ることができます。
一番たくさん見たのは、カタクリでしょう。
カタクリは、いつもうつむいてなかなかお顔を見せてくれませんが、
その花芯のところを覗き込むと、サクラの花びらのような紋を見ることが
できます。
c0128628_15332529.jpg

ご一緒した方が手鏡を持っておられたので、花の下のほうに鏡を差し込んで、
その紋がどんな形か確認することができました。すると、驚いたことに、
その紋は大きさ、色、形、一定ではなく、個々それじれに違ったお印がついて
いるのです。
c0128628_15341271.jpg

私は、あまりその紋にはこだわらないほうですが、自然の造形の不思議さに
驚嘆してばかりいました。
カタクリが咲いているそばに、ノビルのようなマッチ棒状の軸に黒い種がついた
ものがそよ風に揺れていました。これが、一年生。
また、一枚葉の爪さきほどの若葉も見えました。これが2~3年生。
2枚葉になって蕾が付くまでには、7~8年もかかると聞いて、おお大変なこと!
とため息が出ました。しかも、カタクリは、昆虫(アリやハチ)に助けてもらわない
と種を拡散することもできないというのです。
今、写真に収めたものは、8年前に受精に成功した種から芽生えたものと思えば、
命の愛おしさに涙がこぼれそうです。
c0128628_15362739.jpg

春の芽生えをいたるところに見つけて、喜びの声を上げました。
山菜として食べられるコゴミ(クサソテツ シダ科)
c0128628_1537214.jpg

丸で村人の寄り合いに出かける村の衆の群れのようなヤブレガサ(キク科)

今この園での主役は、たくさんのツツジ類。
アカヤシオ
c0128628_15391348.jpg

ロウソクのように突っ立っている芽がみんな三つ葉に開く、
ミツバツツジ
c0128628_15412858.jpg

その他、キブシ、コブシの類、モクレンの類、春の日差しを受けて
木々が伸び伸びと枝をひろげていました。

私も日ごろの生活の煩雑さを忘れ、一日のんびりと過ごしました。

by tamayam2 | 2015-04-20 15:42 | 日々のできごと | Comments(12)
Commented by tabikiti at 2015-04-20 18:07
春咲く花は、厳しき冬を超えて
咲いているので
特に嬉しそう~^^
Commented by nick-2 at 2015-04-20 20:53
オー、コゴミを撮影されたとは、とても珍しいですね。
私は採っても撮ったことはないですよ。
写真の位の大きさならギリギリセーフで食べられます。
5月の連休には、採りに行く予定をしてますが、一回採ってくると、2ヶ月に一回食べても、一年は持つくらい摘んで来ます。
癖がなくて、美味しい山菜、お浸しか、天ぷらがいいですね。
Commented by tamayam2 at 2015-04-20 21:12
♡  tabikitiさん、
しばらくごぶさたしておりました。
ほんと、春になると、全ての生き物が
うれしい、うれしいと言っているようです。
自然の中で遊べてとても愉快でした。人は、ときどきこういう時間が必要です・・・お元気で!
Commented by tamayam2 at 2015-04-20 21:18
♡  nick-2さん、
ははは!長野県の人にとって、コゴミは、観察の対象というより、食材なのでしょう。私は、その形がかわいらしく、みんなで揃ってラジオ体操でもしている小坊主みたいに見えてしいます。一年もつくらいも採れるのですか!?そりゃすごいわ。
都会では、プラスティックの情けないパックに5,6本入っていて、結構なお値段です・・・トホホ。
Commented by ikutoissyo at 2015-04-22 09:19
人は、お花の美しさ可憐さ珍しさなどに惹かれるのですが
実は、土から顔を出して嬉しい嬉しいと咲いている、その姿にもっと惹かれ、癒されるのかもしれませんね。
自然・四季・・・生きていることはやっぱり有難いです。
(年寄り臭くてごめんあそばせ)
お天気になりました。さあて、私もどこかに出かけてきます。
Commented by tamayam2 at 2015-04-22 10:12
♡  ikutoissyoさん、
本当にそうですね!健気に生き延びている植物の姿に、生きとし生けるものの共感をおぼえます。としより臭いなどとおっしゃらないで。
としよりはとしより同志、お話が
合うものですよ!
Commented by nenemu8921 at 2015-04-22 10:35
おお、さすがに素敵なレポートですね。
カタクリもきれいに撮ってもらって、丁寧に紹介してもらって、喜んでいるようです。
≪村人の寄り合いに出かける村の衆の群れのようなヤブレガサ≫、いい表現ですね。詩人ですね(^_-)-☆
いつも率直なご文章に魅かれます。
Commented by tamayam2 at 2015-04-22 10:50
♡ nenemuさん、
文章の研究家に綴り方を褒められてうれしいです。FBに書いたのは、三行童話です。以下
…「お~い、みなの衆、寄り合いに集まれや。
 これから大事なことを決めっから。」
村の衆は、破れ傘をかぶって、ぞろぞろと集まってきました。…

この短い童話がFBでは受けました。なにしろいろいろな新情報が
飛び交っているFBですから、長い文章は書けません。短く書くというのは大変難しいと思います。

Commented at 2015-04-22 22:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by aamui at 2015-04-24 06:17
こごみの嬉しそうな声が聞こえます 無断でお借りしました 有難うございます
Commented at 2015-04-24 21:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2015-04-25 08:45
♡cimarronさん、
ははは・・・あ~よかった!
やっと現在の世界にあなたが戻ってきて!お元気で、春がきてほっとしています。2月に娘のところLAに行って来ました。あそこは、ハワイのように
亜熱帯です。DCとはえらい違い!
<< 【726】虫の季節到来 2015年春 【724】4月も早や半ばに >>