【724】4月も早や半ばに

四月から、なんだか気忙しい日々を過ごしています。
仕事ではなく、すべてヴォランティア-の仕事だけれども
けっこう忙しい。手帳に予定が書いていない日があると、
ほっとして、家でぼんやりする・・・こういう休息が必要だ。
c0128628_19382187.jpg

久しぶりに晴れたので、空を見上げたら、ウチの唯一の高木の梢あたり
に花が咲いているように見える。この頃、目も悪くなったので、
望遠レンズで見たら、まぁ、なんということ、ハナミズキの花がすでに
直径5㎝ぐらいになっているではないか!?
c0128628_19393937.jpg

近所のお宅の小さなガーデンに、ニリンソウが美しく咲いていた。
ニリンソウは、【キンポウゲ科】。自然の中でうぁ~と咲いているのを
見たいと思うが、今年は、まだ自然の中に出かけていない。
c0128628_1940327.jpg

定期的に通っている豊島区で、ムラサキケマンの花を見た。
高層ビルの間の小道。雨の中に気高く咲いていた。
c0128628_19405739.jpg

こちらは、ヒュウガミズキ【マンサク科】の若葉、
若葉って、縁が紫っぽくって、托葉がこんな美しいピンクだったのか、
と驚かされる。扇のようにきれいに折りたたまれた若葉がしずかに開く。

先日、浅草橋の問屋街に五月人形を見に出かけた。
ヨーロッパに住んでいる友人に初孫が生まれたので、見てきて
ほしいとの依頼だった。予算は、2~3万円。
その金額が全く現実的でないことを、人形の製造元問屋を4,5軒
ハシゴしてよく理解した。桁が違うのである。
小さい兜や金太郎のお人形でもかる~く10万はしてしまうのだ。
初孫が生まれたおじいちゃん、おばあちゃんの懐を狙う商売がしっかり
確立していることを悟った。
c0128628_19413126.jpg

そのとき、浅草橋の駅前で目に留まった店。
いいなぁ~、一字で、商っている商品を表し、店主の名も明記されている。
江戸ッ子の心意気やよし。この潔さを私は、愛す。
c0128628_19424385.jpg

店頭をちらっと見てみたけれど、およそ紐(ひも)と名がつくもの、
何でも商っているのである。ビニール紐、植え木用のシュロ縄、
経木(きょうぎ)のひも(昔、肉屋さんでは、コロッケでも肉でも
経木の皮に、経木のヒモで結わいてくれたものだ。
今は、輪ゴムだろうな。

バラン(ハランというのか)とその紐は、握り飯、羊羹や、佃煮に使った
かしら。どこの家の庭の片隅でもハランが植えてあった。
今は、プラスティックでできた葉っぱの形にくりぬいた、不衛生なものに
なり代わってしまった。ハランという天然の葉があることも忘れ去られた。
ハラン【スズラン亜科】

by tamayam2 | 2015-04-15 19:44 | 日々のできごと | Comments(4)
Commented by school-t3 at 2015-04-15 22:22
ムラサキケマン、ここで拝見すると
何やら貴重なお花に見えてきます。
庭を歩きながら摘んでは捨てていたことが
申し訳なく思われ・・・

ハナミズキの季節になりましたね♪
Commented by tamayam2 at 2015-04-16 06:03
♡ school-t3さん、
お宅のほうでは、やっぱり雑草扱いされるように、
ワンサカ咲いているのでしょう(笑)
都会では貴重品になってしまいました。
この花は、ウスバシロチョウの食草でもあるのですが・・・都会では
見かけません。
エンゴサクに似ていますね。でも、これは、やっぱり雑草なのかな??
Commented by ikutoissyo at 2015-04-18 19:22
ハナミズキの花が、青空に向かって透けて見えますね。
花びらの先がほんのり赤くて、可愛いですね。
今日、道端でムラサキケマンらしきお花を見つけました。
知人と一緒でしたので、カメラを出しそびれて、写せなかったのが残念です。
Commented by tamayam2 at 2015-04-19 20:15
♡  ikutoissyoさん、
そういう時ってありますね。このごろ私は、i-phone(スマホ)を使うこと
もあります。意外にもよく撮れるので、だんだん気に入ってきました。
野の花は、とてもいとおしいです。
花屋さんの片仮名の名前の花たちは
きれいですが、やっぱり日本の花じゃないみたいで…
昔から見知っているものにこころ惹かれてしまいます。春らしいいい気候になりましたね!お元気で。
<< 【725】今年初めての赤城自然園 【723】新しい年度がはじまって >>