【723】新しい年度がはじまって

3月末は、いろいろ忙しいことがあって、外出の機会が多かった。
昨日から新しい年度に切り替わり、生活のスタイルが変わった方も
おられるでしょう。
どうか、どの方々の新生活にも、幸せがしずかに舞い降りますように。
c0128628_11484139.jpg

3月25日、ポカポカと暖かい日、私は、東京の西、八王子市に出かけ
早春の植物をいくつか見ました。
その一つ、セリバオウレン【キンポウゲ科 Coptis japonica 】
c0128628_114947100.jpg

c0128628_11503632.jpg

日本原産の植物であり、牧野富太郎先生の命名。同じ仲間の、バイカオウレン
(梅花黄蓮)は、牧野先生のお気に入りの花で、高知の牧野植物園の
シンボルマークになっています。
同じところで、たくさんのスミレを見ましたが、スミレサイシンを見ることが
できてうれしかったです。
スミレサイシン【スミレ科Viola  vaginata】
c0128628_11512214.jpg

中央の唇状の花弁の先がちょっと尖がっており、紫色の筋がくっきり見えます。
c0128628_11514922.jpg

葉が丸いもの、長細いものもいろいろ見ました。
武蔵野の一部にこうした植物がひっそりと息づいているのは、ありがきことと
しか言いようがありません。

帰りにモノレールに乗って多摩動物園に立ち寄ってみました。
冒頭の写真は、昆虫館の近くで見たネコヤナギ

花粉が熟して、噴射寸前というところ。生命力を感じます。
立川まで乗ったモノレールの中は、中央大学の卒業式帰りの若者でいっぱい。
晴れ着を着た若者たちは、男性も女性も若さが弾けそうで、私までウキウキし
ました。
c0128628_11531162.jpg

3月28日、家のそばの八幡様のサクラも満開になりました。
倉庫のシャッターに映った花影。
c0128628_11533321.jpg

4月1日、小雨模様の四谷。見附から、市ヶ谷方面に行く土手の上で。
ほとんどの花がソメイヨシノでしたが、この樹だけが、ヤマザクラ。
古木らしく、静かに小雨の中で咲いておりました。
c0128628_1213676.jpg

下を通る総武線。遠景に外濠通りのサクラが見えています。

[PR]
by tamayam2 | 2015-04-02 12:02 | 日々のできごと | Comments(12)
Commented by namiheiii at 2015-04-03 11:16
こんにちは、爽やかな写真が選り取り見取りで嬉しくなりました。セリバオウレンは昔、本白根山の山道で見たきりです。植栽かもしれませんが東京の自然も捨て難いですね。
Commented by ふく at 2015-04-03 20:01 x
この季節はどこもほんのり
ピンクで気持ちが優しくなりますね。
習志野の秋津公園は知る人ぞの
桜がたくさんで賑わっています。
すぐそばで広報の録音をしていますので
仲間と2回もお花見しました。
Commented by school-t3 at 2015-04-03 21:58
スミレサイシンというのですね。
うちの庭でも以前よく見かけましたが
今年はニオイスミレばかりで
この筋の入った小さなスミレが見つかりません。
機嫌を悪くしてどこかに行っちゃったのでしょうか。

冒頭のネコヤナギ、圧巻ですね。
Commented by ikutoissyo at 2015-04-04 22:26
>幸せが静かに舞い降りますように< 
素敵な表現に気持ちが暖かくなり、心から共感します。

多摩動物園まで足を運ばれたのですね。
4月の下旬になると、山肌にキンランが見られます。
我が家から徒歩で20分ほどです。

先日、立川から都心に向かって中央線に乗りましたが、沿線の景色は桜色が目立って、桜=日本を強く感じました。
明日の雨は花散らしになるでしょうか。
小学校の入学式の記念写真まで待ってほしいです。
あの笑顔は、他人が見ても幸せになりますから・・・。
Commented by tamayam2 at 2015-04-08 17:30
♡♡ namiheiii先生、
先生のBlogの更新、拝見しました。
少しは、お元気さを取り戻されている
ことを知り、本当にうれしいです。
新年度、なんだか気忙しいことばかりで、お返事が遅れました。
そういう人間世界のせわしなさとは無関係に、季節が移ろえば花が咲く・・・
こういう天体の動きがうれしいですね。
日一日と暖かさが戻り、南半球の人たちは、静かな秋を過ごされるわけです。
東京、今4度C・・・先生、お大事!
Commented by tamayam2 at 2015-04-08 17:33
♡  school-t3さん、
お庭仕事がお忙しいことでしょう。
一日一日めまぐるしく変わっていきますものね。
私も外出したいのですが、なかなか時間がとれません。
スミレ細辛という字を書くようです。根が普通のスミレとは違っていて、繁殖の仕方が違うのです。今や貴重な野草になりました。
お元気で!!
Commented by tamayam2 at 2015-04-08 17:39
♡  ikutoissyoさん、
お宅は八王子の近くでしたね。
立川のモノレールの駅は、すごく近代的で、私などまごまごしてしまいます。でも、そういう八王子の一角に
自生のオウレンや、スミレが息づく里があるのです。
八王子に行ったら、必ず動物園の昆虫館にも立ち寄ります。新しい種類が入っていて、満足しました。
幼稚園児が大勢来ていて、うるさかったですが・・・その子たちが将来昆虫好きになってほしいので、黙っていました。でも、
「チョウには、触らないでね」と
注意しました。(笑)
Commented by tamayam2 at 2015-04-10 17:01
♡ ふくさん、
飛ばしてしまって失礼しました。
お宅のほうはきっと桜が見事でしょうね。ところで、5月末のつれづれ会のほうは来られるのでしたね。会のあとは、どこを周られますか?
私は、今回は観光をせず、帰京する予定です。お目にかかれるのを楽し
みにしております。
Commented by toshiko-hana at 2015-04-14 16:49
tamayam2さん
こんにちは。(._.)オジギ
何時もご訪問♪アリガト (v^-^v)♪ございます
私は東京にはもう出掛けられません
色々珍しい景色を楽しませて頂き有難うございます
是からも宜しくお願い致しますm(__)m
Commented by KawazuKiyoshi at 2015-04-15 12:02
スミレの花咲く頃。
庭の雑草を取るとき、
スミレだけは気をつけて残しています。
三寒四温、不順な日が続きます。
お元気で。
今日もスマイル
Commented by tamayam2 at 2015-04-15 18:07
♡  toshiko-hanaさん、
私もぼちぼちですが、 toshikoが行けないところに行ったら、しっかり報告
いたしますね。みんなそれぞれ、馳せ場があるので、だんだんそれが狭くなってしまうのは、当然です。渡辺和子さんの『置かれた場所で咲きなさい』 という本がありましたが、
みな地球のどこかの場所に、置かれていて、そこで一生懸命花を咲かせるしかないのでしょうね。(笑)お元気でお過ごしください。
Commented by tamayam2 at 2015-04-15 18:10
♡ KawazuKiyoshi先生、
あ、私も!だから庭には、白っぽいのや、濃い紫のものやら、たくさんのスミレが咲いています。ツマグロヒョウモンも卵を産んでくれますし。蝶の食草になりそうなものは、抜くことができません(*^。^*) 
<< 【724】4月も早や半ばに 【722】昭和時代の子どもの遊び >>