【720】長崎---「信徒発見」から150年

先日3月6日~10日まで長崎、五島列島を訪問したことは、
前回に記した。五島列島教会巡礼の前後に長崎に3泊した。
家人は、以前から長崎へ行きたいと言っていたので、スケジュールの
合間を縫って長崎の街歩きも楽しんだ。
夜は、海の幸を楽しんだことは言うまでもない。
c0128628_11195080.jpg

さて、今回は「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」がユネスコ
世界遺産候補に推薦されたこともあって、その関連行事にも参加した。
長崎の街は、いま、「世界遺産」という掛け声で盛り上がっている。
c0128628_11135223.jpg

特に今年2015年は、150年前に起こった「信徒発見」という出来事によって、
記念すべき年なのである。

徳川家康の禁教令が出されたのは、1612年。
明治6年(1973年)に禁教が解けたものの、キリスト教徒は、
弾圧迫害を恐れ、長崎、天草、五島などの僻地に潜伏し、250年間、
七代にわたり家族内で密やかに信仰を守っていた。
いわゆる「隠れキリシタン」である。

1865年3月17日金曜日の昼下がり、
フランスから赴任してきたプチジャン神父(Petitjean 1826-1884)は、
大浦天主堂の戸口に10数名の日本人が堂の中に入ろうとしているのを
見つけた。そのうちの一人の婦人は、神父の耳元に
「われらのムネ、あなたのムネとおなじ」とささやいた。
更に続けて問う。
「サンタ・マリアのご像はどこ?」
この垂れ幕が掲げてある建物は、大浦天主堂の階段の脇にある大司教館
多くのキリシタンの教会を建設した鉄川与助(1879-1976)の作品である。
資金は、フランスのド・ロ神父(do Rotz 1840 -1914)がねん出した。

c0128628_11162494.jpg

こちらは、大浦天主堂の内部。内部では撮影できないので、
入口の外からスマホで撮影した。
c0128628_11165371.jpg

長崎郊外の枯松神社という場所は、隠れキリシタンたちが、密やかに
集まって、おらしょ(祈祷)を口伝で練習した場所として有名である。
こちらは、キリシタンの素朴な墓石。
平らな石が置いてあるだけのものだが、
その墓石の上に10個ぐらいの小石が散らばっている。
墓参したときに、十字の形に並べ、その後は、小石を散らして
墓石であることを悟られないようにしたという。
文字などは刻まれていない。何という悲しい作法だろうか。
c0128628_11175749.jpg

大浦天主堂のすぐわきに有名なグラバー園がある。
グラバー(Glover 1838-1911)という人はもともと武器商人であったが、
日本人の妻を娶り、日本の土に還った。
c0128628_11184741.jpg

この時代に何等かの縁があって日本人と接触した外国人は、日本語を習い、
日本人のよき協力者を得て、最後は、日本の土に骨を埋めた。国際交流と
言えばかっこいいが、大変な苦労の連続であったろう。長崎の歴史は、
こうした外国人を受け入れ、諸外国の文化に立ち向かい葛藤する努力の上に
築かれたと言えよう。

グラバー園、大浦天主堂から、オランダ坂、活水女子大学の坂を通り、
長崎新地中華街のほうへぶらぶら歩きを楽しんだ。
c0128628_11332916.jpg

その途中に古めかしい煉瓦造りの建物があり、若い女性が撮影していた。
そこは、旧英国領事館

あたりには、自家製のカステラを焼く店があったり、蒲鉾屋があったり・・・
新しいものと古いものが混在していて、楽しい町歩きになった。

by tamayam2 | 2015-03-21 11:20 | たび | Comments(8)
Commented by nenemu8921 at 2015-03-21 19:01
大浦天主堂、グラバー邸は有名なところですね。
行ったことはないけれど。
スマホでも見事ですね(^_^;)

赤城自然園は4月3日が開園日です。
私は4月中には行く予定ですが、未定です。
最寄りの駅から、タクシー代金とほぼ同額で、車の送り迎えや園の案内をしている人がいます。ナチュラリストです。
よかったら、ご紹介します。
Commented by tamayam2 at 2015-03-22 15:20
♡ nenemuさん、
赤城に春の内にぜひ行かねばと思って
おります。ぜひ、その方を教えてください。この頃、車を手放したので、
鉄道で行きます。情報ありがとうございます。
Commented by nenemu8921 at 2015-03-22 20:12
追伸です。
こちらをご覧ください。
http://blogs.yahoo.co.jp/yamaya22jp/70237718.html
樹木のこと、植物のこと、よくご存じの山男です。
早めに連絡されることをお勧めします。
Commented by namiheiii at 2015-03-23 09:53
長崎には50年も昔、福岡で学会があった時足をのばして訪れました。大浦天主堂では同じように入口の外から写真を撮りました。懐かしいですね。
考えてみれば私の旅行は仕事のついでばかりでしたね。老後に優雅な旅をと思っていましたが身体が言うことを聞かなくなってしまいました。tamayamさんの記事で良い旅をさせてもらっています。
Commented by tamayam2 at 2015-03-23 10:56
♡  nenemuさん、
よい情報をお教えいただき、ありがとうございます。早速アクセスしてみます。感謝!
Commented by tamayam2 at 2015-03-23 11:05
♡  namiheiii先生、
2階に上がってパソコンの前にお座りになるのも大変でしょうに・・・
わざわざコメントをありがとうございます。よいご家族がそばにいてくださり、本当にありがたいことですね!
たいていの男性は、仕事の合間にちょっと見物・・・ですね。仕方がありません。あのNature Diaryのお医者さんもよく学会に出かけられますが、(きっと別の目的もあるのでしょう・・・ふふふ)
また再訪したいと思っている土地が
だんだん、夢のまた夢になって行きます。
ま、それもよし、としましょう。
眼の前に出現する事態を受け入れ・・・そうやっても十分楽しめます。どうかご無理をなさいませぬよう!
Commented by bantelner at 2015-03-24 04:26
tama母さま、こんにちは!
ワタシ、長崎生まれで小学校に上がるまで育ちました。
大浦天主堂から坂道をずーーっと上がったところに住んでおり、家からは稲佐山、港、造船所を望み、手前にグラバー邸も見えていたような。
活水は母が行った学校です。
なんと、この旧英国領事館、父も写真に収め作品にしていて、私は好きな写真なので今でもパソコンの上にピン留めしております。
でも、母さまにここで見せていただくまで、それが旧英国領事館の建物だったとは存じませんでした!(汗)
煉瓦や雨戸の古びている様が、その写真(40年くらい前のモノクロですが)と変わってない様子に吃驚です。
長崎…歴史ある魅力的な土地ですね。
故郷とは言え、もうウン十年も昔のこととなってしまい、殆ど記憶が薄れています・・・。
御記事を拝見して、とても懐かしい気持ちになりました。
いつか私も里帰りしてみたいですね。(T___T)
Commented by tamayam2 at 2015-03-24 07:52
♡ bantelnerさん、
まぁ!!そうだったのですか!?
何となく関西風の方言がちらついているなぁと思っておりましたが。。。
長崎は、いいところでした。
旧英国領事館は本当に古びた建物で
うっかりすると見落としてしまいそうでした。
お父上の写真を横浜の美術館で拝見したのは、もう何年も前になりますね。お父様も、気に入って被写体に
なさったのでしょう。
今度訪日されたら、ゆっくり故郷を訪ねてください。お母上も母校を
ごらんになりたいでしょう。
大浦天主堂の裏道やあの坂の辺り、
本当に古き良き時代を思わせるものばかり・・・
私の写真(i-phoneの)で他の方に懐かしい思いを味わっていただけたのなら望外の喜びです。お元気で!
<< 【721】クワ科イチジク属の植物 【719】五島列島・キリシタン... >>