【718】動物の人形がいる風景

そろそろ、ロサンジェルスの話は終わりにしようと思います。
c0128628_9383297.jpg

娘の家を訪問したときは、やっとエクステリア(外壁、窓枠)などの
工事が終わったところで、家の周りには、まだ作業用の足場が組んで
あった。インテリアの方は、専門のディザイナーが手掛けることに
なっており、いろいろな所に絵のフレームや、飾り物が置いてあった。
娘は、仕事柄、世界のあちこちに行っているので、民芸品の類や、
どこかのガラクタ市で買ってきたものや、人にもらったものなど、
本人には、思い出の品でも他人には、さっぱり理解が付かない代物も
多い。それを、ディザイナーがどう、組立てて統一感のある空間に
仕立てるのか、見ものだった。
c0128628_93915.jpg

舞台となる中古住宅は、形式でいうとスペイン風なのだろうが、
コロニアル風も混ざっているような、不思議な家だ。
天井の梁や玄関ホールの吹き抜けは、スペインの田舎家風だ。
c0128628_9393229.jpg

これは、インド更紗の布を額装したもの。
c0128628_9395087.jpg

食卓の上のレモンは、知り合いの家の庭になっていたもの。
この辺りの家には、レモン、ビワが地植えにされ、たわわになっている。
Meyer lemonというやや丸みを帯びた酸っぱ味の少ないレモン。
娘は、これが気に入って庭に植えたいと言っている。
c0128628_9401463.jpg

KiwiはNew Zealandの飛べない鳥だが、このメタル製の皿の縁に
掛けるととてもよく似合っている。どちらも高価なものではないが、
New Zealandの思い出とともに懐かしい。
c0128628_9404289.jpg

これは、亀の置物のようだが、アフリカ産の器に入っている。
立てかけてあるのは、友人からもらったカード。サインから見ると
安藤廣重の浮世絵らしい。カードに描かれているのはキジだろうか。
c0128628_9405878.jpg

上の亀も寅も中国製のおもちゃのようだが、こうしてSEIKOの置時計
の上に置かれるとちょっと面白い。
c0128628_9412236.jpg

額装のチョウの画は精密画の一種。どこで手に入れたか、ディザイナーに
選ばれずにいつまでも床に放置されていたのは、きっと全体の調度に
合わないのだろう。ママの好みだけど、黙っている。

たくさんある装飾品も、不要になれば、ネット上のオークションに
出品して、処分してしまうのは、現代風といおうか、アメリカ風?
不要になったソファーや、装飾品を買いたい人が、訪ねてきて、
さっさと買ってもらっていた。

ある人には不要な品も、ある人には、必要なのだ。
こうしたドライな取引がごく当たり前に行われているのも、面白く
観察した。

by tamayam2 | 2015-03-04 09:42 | たび | Comments(14)
Commented by BBpinevalley at 2015-03-04 10:18
カリフォルニアの家は、フュージョンが多いですね。ナンデモアリ風。
イーストコーストの人が見ると、驚いてしまうそうです。
町並みを見ても、コロニアル風があると思えはLAのバンガロー風、そうかと思えば近代建築…て感じですよね。
ニュージーランドのキウィ、かわいいです。
Commented by tamayam2 at 2015-03-04 14:10
♡  BBpinevalleyさん、
お久しぶり。あなたは、今NZにおられるのね。
これからも、ファームで暮らす予定なのですね。Blogをまとめ読みして、なんとなく事情がつかめました。
娘のところもDC→LAまでの引っ越しですが、ネコのことでトラぶって
たくさんお金が必要だったらしいです。ペットはそういう事情がわからないから気の毒ですね。
LAは確かにいろいろな文化のフュージョン、何でもアリの世界です。
娘の家の置物も全く何でもアリの世界なんですが、一つ一つに思い出が
あって、いとおしいのでしょう。
私がNZにいたときに、お土産屋さんか何かで買ったKIWIかもしれません。
娘さんの学校は、英国国教会の有名な私立学校でしょうか?
私は、教育省にいたので、そういう立派な寄宿舎付学校を訪問したことがありますよ。日本語教育がさかんでした・・・
Commented by school-t3 at 2015-03-04 23:16
邸宅ですね。さすがビバリーヒルズ。
思い出の品々に囲まれてお幸せですね。
Commented by tamayam2 at 2015-03-05 10:31
♡ school-t3さん、
邸宅だなんて、そんな大したものではないのですが、
ガラクタのような動物の玩具をうまく
生かして使ってくれたディザイナーの
やり方が面白かったものですから、
ご紹介しました。
どこからどこまでスキの無い、高級品を集めたようなインテリア
ではなくて、感性が揃えば、何でも
OKというカリフォルニアンスタイル
を面白く感じています。
若い人は、自由な発想ができ、
本当にうらやましいと思います。
Commented by オーマ235 at 2015-03-06 05:55 x
お庭の大工事の完成が楽しみですね! 入居時に家中のインテリアを
デザイナーに頼めると言うのはいいですね。 何事も最初が肝心!
さすが、アメリカ! 日本にも最近、断捨離を手伝ってくれる
お仕事がある様ですが、室内統一のインテリアはどうかしら?
お写真を拝見して、コーディネートのヒントを頂きました!!!
ちょっと、乱れている我が家の小物達の交通整理をしましょう*\(^o^)/*

このところ、静かだった植物達が動き出しましたね。
今年も楽しい・珍しい・美しいお写真・お話しを楽しみにしてまーす。
Commented by aamui at 2015-03-10 04:34
インターネットが生活に溶け込んでいるのですね 不自由な私はそう言う処分の仕方に憧れます
Commented by tamayam2 at 2015-03-15 08:17
♡ オーマ235さん、
本当に日一日と、春が感じられるような日が続いております。
そろそろ植物探索にでかけたいところですが、いろいろ野暮用に追われて…
先週は、長崎・五島列島あたりを旅行しておりました。
断捨離・・・なかなかできませんね。まずは、冬に着だおした古いセータ・・・洗濯しないで、ゴミ箱へ。これだって、相当決意が要るわ~(笑)
Commented by tamayam2 at 2015-03-15 08:19
♡  aamuiさん、
アメリカ人は、買うのも早いけど、
不要となれば、手放すのも早い。
要らないものは、どんどん売っちゃうの。
ドライに割り切るところがエライです。
私はなかなかできません・・・
春になって来ましたね。よい春の日を楽しみましょう!
Commented at 2015-03-18 01:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nenemu8921 at 2015-03-18 23:39
お皿の上のキューイは置物なの?陶器ではないでしょう。
素敵ですね。気になります。
インテリアの専門のデザイナーがコーデネイトするなんて素敵ねえ。
日本ではよほどセレブでないと縁がなさそうな気がします。(^_-)-☆

赤城園の開園の案内が届きましたね。
この春、行かれますか?
Commented by tamayam2 at 2015-03-20 00:06
♡ cimarronさん、
本当にアメリカの方々の生活ぶりを見ておりますと、不用品は、必要な人に
さっさと譲って、
自分の周りをすっきりさせていると
感じます。私も見習わなくては。
だんだんこの世の終末が近づいているから、
出来る時に、肩づけないとね。
e-Bayのようなシステムを考えないとと思います。こちらでは、若い人は、ヤフオクと言ってYahoo 
auctionを利用しているようですが・・・私は、利用したことがありません。本当に見習いたいです。
Commented by tamayam2 at 2015-03-20 00:12
♡ nenemuさん、
kiwi(鳥)は、土産物屋などで売っている安い人形です。下の皿は、メタル製の皿です。人形を皿の縁にひっかけてあるだけです。両方とも高いものではないのですが、コーディネートがうまいです!それがディザイナーの腕ですね。
赤城行きたいですが、3月は忙しいそう。4月になればなんとかなるか・・・。あなたはいつ行かれるの?
Commented by Yozakura at 2015-04-01 18:19 x
tamayam2様
 浮世絵のカード、複製の写真なんですね。右下の署名「廣重畫」、余りにも達筆で、咄嗟には読めませんでした。
昔は毛筆が日常生活の一部だったので、文字も流麗ですね。また面白い写真を紹介して下さい。
Commented by tamayam2 at 2015-04-02 10:09
♡  Yozakuraさん、
お久しぶり!私もこのサイン、読めませんでした。もしや、広重かなぁ~、まさか、と思ってネットで調べて見ましたら、はたして広重の毛筆で
ありました。このカードは、米国人の年配の方からいただいたもののようでしたが、娘がここに飾っておくのに良いと判断したらしいのです。
そのセンスやよし、と思い採用しました。ふふふ お元気で。
<< 【719】五島列島・キリシタン... 【717】アメリカで見た花木 >>