【706】アウェイ インナ メンジャー

子供のころ教会学校で習った歌に、
“Away in a manger”というのがある。
子供だから意味はわからなかったけれども、メロディーは覚えている。
この歌は、「まぶねの中に」とか「かいばおけで」という名がつけられている。
Mangerというのが、飼い葉桶(かいばおけ)の意味で、
イエス・キリストがベツレヘムの貧しい旅屋の馬小屋で生まれ、
ベッドの代りに馬の餌を入れる桶の中に寝かせられた聖書の記述による。
                (ルカによる福音書2章6節以下)

Away in a manger no crib for a bed
(飼い葉桶の中、寝床のベッドもなく)
The little Lord Jesus laid down his sweet head
(小さな主イエスは、かわいい頭を寝かせていた)
The stars in the bright sky look down where he lay
(お星様は空から赤ちゃんを見下ろして)
The little Lord Jesus asleep on the hay
(小さなイエスは干し草の上で眠っておられた)


中学生になってミッションスクールに入ってからは、歌詞の意味を教わった。
詩の末尾に、bed と head、 layと hay・・・のように韻が踏んであること
などをアメリカ人の先生に教えてもらって、感心した覚えがある。

先日、親しい方から“Away in a manger”というクリスマス・キャロルを知っている?
と聞かれたので、こういうメロディでしょう?と言って歌ったら、それじゃないと
おっしゃった。

私が覚えていたのは、James Murrayという人が作曲した曲(1887年)


彼女が言うのは、William Kirkpatrickという人が作曲した曲(1895年)


Murrayのものは、日本やアメリカで有名で、Kirkpatrickのものは、英国やアイルランド
で有名だそうです。Youtubeで見て見ますと、今は、Kirkpatrickのもののほうが
圧倒的に多く演奏されているようです。
いずれも、懐かしく、美しい旋律です。

作曲者は二人いるわけですが、作詞のほうは、よくわかりません。
一説にマルティン・ルターという説があるようですが、これは、信ぴょう性が薄い
とWikipediaに書いてありました。

明日の夜は、クリスマス・イヴ・・・
いと高きところには栄光、神にあれ、
地には平和、みこころに適う人に、ありますように。

[PR]
by tamayam2 | 2014-12-21 20:20 | 音楽 | Comments(8)
Commented by オーマ235 at 2014-12-23 21:08 x
tamayam様
興味深いお話と音楽を楽しみました。

子供の頃、日曜学校に行ってました。(憲法制定の年の生まれです。)
楽しみは、賛美歌を歌う事と聖書のお話の場面のカードに色を塗ること。
そしてクリスマスには、当時、珍しいカラフルな外国製の
クリスマスのカードが頂けたこと!とっても嬉しかったのです。
異国情緒タップリ! 私の異文化理解の始まりでした!(笑)

子供がドイツに住んでいた時に、孫がセントニクラウスに
プレゼントをもらえるのは、確かに12月初めの頃でした。

tamayamさんの以前のブログでクリスマスとサンタは
関係無いとお書きくださっているのを読み、認識を新たに。
pアメリカでは、日本のようにクリスマスとサンタが混在している
ということは無いのですか? 今更、、、、ですが。 (汗、汗)






Commented by tamayam2 at 2014-12-24 05:51
♡ オーマ235さん、
教会学校でカードをもらえるのが楽しみだったって?私もそうでしたよ。外国製のカードの絵は、そう、異文化体験の始まりかもしれません。St.Niklausの日は、12月6日です。そこからクリスマスの諸行事が始まりますが、クリスマスとは別の行事です。アメリカは、コカコーラの会社がサンタクロースをイメージキャラクターとして30年以上使ったので、クリスマスとサンタさんはごっちゃになっているんでしょう。ヨーロッパは、アメリカとは一線を画しているような気がしますが・・・
Commented by Yozakura at 2014-12-24 09:15 x
Tamayam2 さま
 掲載されています動画の2作目(composed by William Kirkpatrick)、こちらを聴いて、長年探し求めていた曲名が判明しました。何処かの男声合唱団が唄った清冽な讃美歌が、曲名不明の儘、耳にだけ残っていたのです。確か20年程前に、某国営放送局のFM放送にて流されたクリスマス音楽特集の一曲でした。
 日本語の題名は「たゆとう小舟」でしたか?これにて、原作の曲名と作曲者が判明しました。掲載、有難う御座います。どうぞ佳い年をお迎え下さい。
Commented by tamayam2 at 2014-12-24 10:32
♡ Yozakuraさん、
昔聞いたことのある曲で、名前などわからずそのままになっているものがありますね。それが解ったときのうれしさ!実は、私もこの曲について調べているうちにいろいろなことが判明、とても懐かしく楽しい気分になりました。
西欧ではよく知られている曲ですが・・・なにしろ、百年以上歌い継がれている”古典”ですから。よい新年をお迎えください。
Commented by ikutoissyo at 2014-12-24 19:35
子供の頃から、日曜学校などとは無縁で過ごしてきましたので、
こちらで伺うお話は、どれもこれも、目に耳に新しくて、得をした気分になります。
ただ、悲しいことに、得た知識を直ぐに忘れてしまう昨今です。笑
新しい年も、よろしくお願いいたします。
Commented by tamayam2 at 2014-12-25 10:22
♡  ikutoissyoさん、
いつもお付き合いいただきありがとうございます。皆それぞれにいろいろな過去をぶらさげて生きており、他人様の人生をこういうBlogで垣間見ることができるとほんとに豊かな気持ちになれます。家人は、子供のときお祖母さんに連れられてよく寺社巡りをしたと話しています。そういう経験を持たない私は、その話を面白く聞いています。来年もどうぞよろしくお願いします。
Commented by Yozakura at 2015-01-15 10:45 x
tamayam2さま:寒中お見舞い申し上げます

 昨年末には、讃美歌 "Away in a manger" の紹介、有難う御座いました。
 ただ、私が書き込みました日本語の邦題「たゆとう小舟」は、別人が作曲した全く異なる楽曲に付けられた題名でした。間違いを茲に訂正します。
 また、tamayam2氏が言及された邦題「まぶねの中に」は、1枚目の画像で引用紹介されています讃美歌 "Away in a manger" by James Murray に付せられた題名のようです。Youtubeによる「まぶねの中に」の検索では、1曲目が登場しました。
 では、「圧倒的に多く演奏される2曲目」には、どんな邦題が付けられているのか?それは未だ調査中です。読者に御存じの方がおられましたらば、御一報下さい。
 どうぞ、今年も御元気で。
Commented by tamayam2 at 2015-01-15 18:07
♡ yozakuraさま、
こういうことは調べていくとどんどん疑問が
でてきます。私もいろいろネットサーフィンして
結局この程度にしかわからなかったのです。
私は、題名は知らず、ただAway in a manger
としかだけ記憶にのこっていただけなのです。
子供のときの記憶で・・・スペルすらあやふや。
でも、この歌を調べていた日は、頭の中に2つの
曲が鳴り響き、とても幸せな気分でした。
どなたが知っておられるといいです。お元気で!!
<< 【707】東京・丸の内側 【705】温泉にスマホ >>