【700】700回目のエントリー

Yamyam町一丁目は、今日700回目のエントリーを記録しました。

500回目から通し番号をつけるようになったのですが、
500回目は、2012年5月5日でした。
600回目は、2013年5月2日、「げんげの歌によせて」という題でした。

それ以前は、番号がついておりません。このBlog自体は、
2007年8月から始めました。今から7年前のことです。

いつもお付き合いいただきありがとうございます。これからもどうぞよろしく
お願いいたします。

この頃は、Face Bookにも顔を出しておりますが、Blogとは連動して
おりません。FBでは、Blogほど、まとまった想いを寄せることができないと
感じております。瞬発的な思いつきを発言したり、不特定多数の人達の考え
を知るには、いいToolですが・・・両者は別の機能があるように感じます。
しばらくは、このままの状態で続けようかと思います。
c0128628_16343486.jpg

秋の野に出て・・・見た自然の風景をお届けします。
みな様のお住まいのところではもっと違う秋の姿が見られるのでしょう。
Blogではいろいろな場所に住む方の身近な風景を見せていただける点が
私にとっては、一番うれしいことです。
私にとって、フツーでも他の場所に住む人にとっては、とても珍しいものなの
ですから・・・
c0128628_16351357.jpg

1.先日行った芝白金の自然教育園で、鬱蒼とした雑木林の木立に赤い実が
 付いているのに気づき、上を見上げたら、イイギリの樹がすくっと立っていました。
 イイギリは、高いところに赤い実を葡萄のように垂れ下げます。
 明るい太陽の光を求めて、高く高く伸びて行くうちにこんない高い木になってしまった
 ようです。あまり、目の高さで見たことがありません。
c0128628_16372134.jpg

2.シロモジ(白文字)は初見の樹 クスノキ科なので、シロモジもクロモジもアオモジも
 みんないい香りがします。クロモジは、爪楊枝(つまようじ)の原料ですね。
 こんなききれいな黄葉が見られるとは!
c0128628_16352950.jpg

3.サルトリイバラは、蔓性で、秋の野を飾る主役の一つです。
 サンキライ(山帰来)は、近縁種です。
c0128628_16354516.jpg

4.深大寺にある神代植物園で。おそらく、ラクウショウじゃなくて、カラマツの黄葉でしょう。
 大きい樹木の黄葉はダイナミックで美しいです。
c0128628_16362264.jpg

5、同じく神代植物園のバラ園の脇で。ここには、私の好きなムクロジ(無患子)の大木
  があるのです。その下でお弁当を頂くのが一番落ち着きます。

6.  (冒頭の写真)
バラ園には、たくさんの秋バラがよい香りを放っておりました。Tamayam2は
  バラの名を覚えるには余りにも怠惰です。でも、一つ一つに栽培者の心意気が
  感じられ、美しかったです。やはり、バラは園芸植物の女王様です。 

[PR]
by tamayam2 | 2014-11-18 16:39 | 日々のできごと | Comments(21)
Commented by ダンダラ at 2014-11-18 20:13 x
700回目のエントリーおめでとうございます。
今日、珍しく息子と二人で食事をする機会がありました。
その時にFace Bookの話が出まして、いろいろ教えてもらいましたが、実際に使われている方の忌憚ない意見をうかがえてありがとうございます。
ムクロジの木の下でのお弁当、そんな場所があるのも素敵ですね。

Commented by tamayam2 at 2014-11-18 20:55
♡ ダンダラさん、
お宅のBlogで生きのいい美しい蝶を見ることができるのは、本当に蝶好き人間にとって幸せなことです。災害があったときなど、FBが予想外の働きをしたそうです。私も海外の友人が急死
したとき、すぐ現地にいる方にホテルの予約をしてもらいました。数日後の葬儀にかけつけるためです。FBのお蔭でスムースに連絡がとれてありがたかったです。そんな使い方もあり、です。私は、スマホをもたないので・・・(笑)
Commented by bantelner at 2014-11-19 08:05
tama母さま
700回目のエントリ、おめでとうございます~!
大体一年に100本の記事、と言う感じなのですね。
同じペースでずっと続けられて素晴しいです。
そう言えば自分はそんなことに全く頓着していなかったので、一体どれほどブログを書いているのか分かりません!

私も、これまでFBやMixiも使ってみましたけれど、なんか窮屈で・・・結局勝手に書いて見に行けるブログが一番自由で性に合っているようです。(^^)

ところで、先日日本へ帰りました際、息子が「日本の森に行きたい!」と言うので困りました。
(木や植物が好きなのです)
ワタシ自身が不案内なもので・・・とりあえず横浜や東京の日本庭園や鎌倉のお寺に連れて行きました。
tama母さまにお聞きすれば、この自然教育園や野川公園など、良いポイントを教えていただけたかもしれませんでした。残念!
次の機会には、是非息子とデートしてやってください~!(^^)
Commented by kanmyougam at 2014-11-19 08:17
おはようございます。
700回もの掲載おめでとうございます。
沢山の楽しみをいただいて植物や昆虫の楽しみ方を教えていただきました。
初めての更新は薩摩焼パリ交流400年記念展の悪露だったかと思い出しています。
サルトリイバラと山帰来はいっしょと勘違いしていました、ガマズミとハクサンボクが同じと思っていたり・・奥を教えていただいて記憶に残ります。
一番の驚きは広く造詣の深いこと・・・・・
これからも健康で楽しませてください。
今日作品搬入・・・鹿児島のM’sギャラリーで個展です。
Commented by tamayam2 at 2014-11-19 10:24
♡  bantelner さん、
日本でのUrlaub、よかったですね。T先生が「森へ」と
言うのは、やはりゲルマン民族の血でしょうね。凍えるような
冬の日も、ドイツ人は、森を歩きますもの。森で家族会議を
しているのではないかと思うほど、森は彼らの生活になくて
はならないもの・・・。私もドイツに数年住んでいただけで、
どこに行っても林、森に行くとほっとするヒトになりました。
〇〇公園といった整っている場所より、木がたくさん生えて
いるところが好きなんですね。今度来られたら、高尾山とか
大山とかにご案内しますよ。帰国されても、翻訳、オルガン
大変な毎日ですね。えらいです。私もそのお姿に励まされて
オルガンの練習をしています。お元気で!
Commented by tamayam2 at 2014-11-19 10:31
♡  kanmyougam さん、
個展でお忙しいでしょう。作品のモチーフである山帰来、
本当にすてきな植物です。名前もいいですね。
そう、私が初めて kanmyougam さんとお知り合いになった
のは、パリで薩摩焼の展覧会で欧州にお越しになったとき
でした。私は、ドイツでしたが、すばらしいBlogと思い、
それから、AumuiさんやShibataさんや、ベルギーにおられた
Credenzaさんとのお付き合いが始まったのでした。住んでいる
場所は違うのに・・・年齢も仕事も違うのに・・・たくさんの
刺激を受けました。ありがとうございました。これからもどうぞよろしく!
Commented by ikutoissyo at 2014-11-19 14:10
700回のエントリー、おめでとうございます。
こちらに最初にたどり着いた順路は不確かですが(shibataさんかも)、開いた瞬間目に飛び込んできたのが、「ピタゴライッチ」の看板でした。
TVのピタゴラスイッチのファンでしたので、何か面白そ
う・・・と。
直ぐに「タマヤム・スイッチ」のファンになってしまいました。
生きている世界が全く違うtamayamさんから、沢山の刺激と知識を頂いています。
共通点が一つ、森歩きがお好きなこと。嬉しい限りです。
ほんとに、いつもありがとうございます。
Commented by tamayam2 at 2014-11-19 19:13
♡ ikutoissyo さん、
私がお知り合いになったのは、確かShibataさん経由
だったと思います。同じように森歩きが好き、植物に
感心がある同世代の方という共通点でいろいろお教えいただき
ありがとうございました。Tamayam スィッチは、ヨーロッパに住んでいたころ、スイスに住んでいた若い主婦と友人に
なり、その人が使っていたので、ダウンロードの方法を
教えてもらいました。私もピタゴラ・スイッチの斬新なアイディアが大好きでした。番組で使われる体操をドイツ人に
教えてこともあります。日本人の発想としては、大変
秀逸だと思っています。実は、Blogは2004年から始めましたので、そこから数えるとちょうど1000ぐらいでしょう。
自分の備忘録としています。時々検索しては、この10年の
出来事を振り返ったり懐かしんだりしております。検索ツール
としては、便利です・・・(笑)今後ともよろしくお願いいたし
ます。
Commented by 寧夢 at 2014-11-20 00:50 x
700回おめでとうございます。
さすが先輩ブログの着実な歩み。

いつもいつも新しい発見、知識、世界
ありがとうございます。

こちらは随分お休みしていますが、
そろそろ書きたい気持ちに
なってきました。
受験生の娘と共にモチベーションを上げていきたいと思います。

これからもどうぞお付き合い下さいませ。
Commented by tamayam2 at 2014-11-20 07:26
♡ 寧夢さん、
本当にお久しぶり!寧夢さんと知り合ったのは、いつのころ
だったかしら。寧夢さんを通して、nenemuさんやBellaさんと
お知り合いになったのでした。世の中に感動を共にできる人たちがいる、ということだけで幸せです。あなたのBlogの名、
Festina Lente(ゆっくり 急げ)というラテン語は、我々のためにある言葉です。お嬢様がもう受験の時期になられたのね。冬に向けて十分力を発揮することができますよう、お祈りしています。お元気で!
Commented by オーマ235 at 2014-11-20 12:08 x
700回おめでとうございます。「ケルンだより」の時からの愛読者です。
ケルンだよりでは、ドイツの諸事情を教えていただき、yamyam町では
たくさんの植物や昆虫をタイムリーに教えていただき楽しませていただ
いております。

この日曜日に親族ではじめてのお墓にお参りに行きました。
そこに、私が初めて見た木が有りました。白っぽい実をつけた、
素敵な木でした。
義姉曰く「この実は、羽根つきの玉にするのよね。」
夫曰く「これは石鹸の代わりになる実だと思うよ。」
結局、木の名前は分からず仕舞い。
Tamayamさんの700回を拝見して、ムクロジと判明!

そう言えば、NHKのみんなのうたで「ムクロジ」の
歌が有り、どんな木かしらと思っていたところでした。

ありがとうございました。

これからも、よろしくお願いします。
Commented by tamayam2 at 2014-11-20 13:59
♡  オーマ235 さん、
まぁまぁ、そんなに古くから私めのBlogを見てくださって
いるとは、本当に恐縮です。「ケルンだより」を始めたのは
多分2004年からだと思いますので、それから数えれば10年
になります。ムクロジは、おっしゃるように、昔は石鹸がわり、羽根突きの羽の玉にしたようです。お正月に羽根突きを
する姿を見なくなりました・・・ムクロジ科には、そのほか、
モクゲンジ、果物のライチ―、ガラナ、夏によく見るフウセン
カズラも含まれるそうです。おもしろいですね。神代植物園
にあるこの木は、非常に高い樹で、数株がまとまっており、
いつ行っても、その美しい姿に感動します。これからもどうぞ
よろしくお願いいたします。
Commented by nenemu8921 at 2014-11-20 17:27
700回ですか。スゴイね。おめでとうございます。
新鮮な切り口で、心に残る記事が多いので、拝見するのが楽しみです。
そうだ、そうだ、…と、うなずきながら読みますよ。
ありがとう。あなたの存在に感謝しています。
あまり改まらずに、今後もよろしく。
元気で続けましょう。


Commented by nenemu8921 at 2014-11-20 17:34
追伸
ここで失礼かと思うけれど、寧夢さん、元気でよかった。
頑張りすぎている印象があって、案じておりました。
マイペースで復帰してね。
Commented by KawazuKiyoshi at 2014-11-21 17:57
700号。
素晴らしい記録です。
何かを続けていくのは
その人の生き方が現れるものです。
お元気で、続けてください。
今日もスマイル
Commented by tamayam2 at 2014-11-21 18:13
♡  KawazuKiyoshi 先生、
先生にそう言われると、とてもうれしいです。先生のBlog
も相当長いのではないでしょうか。いつも末尾は、”今日も
スマイル”という言葉が判子のように記されています。
ゆったりと仕事し、家庭や友人を大事に音楽を愛し・・・
私もそういう生活をしたいものだと思っておりますが・・・
現実はなかなか!ふっふ、スマイルを忘れずに歴史を刻んで
参りましょう。
Commented by tamayam2 at 2014-11-22 05:33
♡♡ nenemuさん、
あなた様への返信が最後になって。本当にすみません。Last but not least
(最後になってしまったけれども、重要さに変わりはありません)長い間おつきあいくださり、いろいろな刺激を与えてくださり、本当に感謝しております。それと言うのも発端は
寧夢さんでした。寧夢さんがご紹介くださったのでしたね。世の中に似たことを考える人がいるんだなぁ~と感じました。ご一緒に信州の童話の美術展に行ったときのことを思い出します。童話の世界におくわしいnenemuさん、あれから私も関心をもつようになりました。賢治だけでなく、植物も鳥も虫も・・・生きていて出会う面白いこと・・・たくさん教えていただきました。感謝!
Commented by 船津 於菟彦 at 2014-11-23 15:52 x
まや様
700回もよくぞづつ来ましたね.継続は力なり。かなぁ。
博物学者面目躍如。そして最近、写真もプロ級。
やや魚眼レンズ多様すぎかなぁ。
学ぶこと多々あり。
これからもお元気でこの「気迫」で継続されることを祈念申しあげます・
Commented by tamayam2 at 2014-11-23 20:34
♡ 船津先輩、
長い間、お付き合いくださいまして、恐縮です。
魚眼レンズは、面白いですが、あとの処理が難しい
ことも多いです。でも、巨大な建造物など、西洋の景色
は、ドでかいので、とりあえず魚眼に頼ることが多く
なってしまいます。いろいろな交換レンズをもち運ぶ
のも、このごろは、年のせいか・・・しんどいです。
皆様がよく使っておられるスマホ、i-Padのほうが
撮影機材としては、優秀だったりして・・・重い機材
をもって旅行するのは、時代おくれかなぁ~と感じる
こともあります。
Commented by aamui at 2014-12-01 20:07
随分長いブログ歴ですね お知り合いになることが出来 お会いしたこともいい思い出です ここではまるでご一緒に旅行しているみたいな気分を味わっています これからもどうぞ宜しくお願い致します 
先日テレビでドイツの街中の急流でサーフィンをしているのを見てビックリ(@_@) 日本なら即禁止!事故責任のはっきりしていることは生き方にも幅が出来ますね 見たことありますか?
Commented by tamayam2 at 2014-12-02 01:36
♡  aamuiさん、
長い間お付き合いくださいまして、ありがとうございました。kannmyougamaさんとお目にかかったことも懐かしいですね。ドイツの街中の川でサーフィン!?そんなのは見たことがありません。でもドイツの川は、水を満々とたたえながら街中を
流れており、(洪水がおきないか・・・心配になりますが)本当に父なるライン、母なるドナウ・・・人々の生活と共にあります。よくスポーツもやっていますが、自己責任で何をしようと・・・自分で解決しなさいということでしょう。ふふふ
<< 【701】コンスタンツというと... 【699】11月の野川公園 >>