【697】東京晴海のフラワー・カーペット

11月4日、東京・晴海で開かれているフラワー・カーペットを見に行ってきた。
2年に一度行われるベルギー、ブリュッセルのフラワー・カーペットには及ばないが、
本物の花びらを使った東京のフラワー・カーペットを楽しく眺めてその辺りを散歩した。
c0128628_10471788.jpg

場所は勝鬨橋の向こうのトリトンスクエア。
東京駅から都バス05「晴海埠頭行」に乗ると、銀座、築地を経て20分ぐらいで晴海に着く。
c0128628_10474844.jpg

東京芸術大学や東京農業大学の学生さんの手によって制作されたとのこと。
c0128628_10485265.jpg

彩色された細かい砂、本物のバラの花びら、杉の葉などを素材にして、
原画の輪郭に合せて花びらを載せていく。風で飛ばされてはいけないので、薄い糊の
スプレーを吹き付けて固定する。なかなか精巧にできている。
c0128628_10492797.jpg

c0128628_10583070.jpg

これだけたくさんのバラの花びらを集めるのは大変だっただろう。
c0128628_10494897.jpg

ベルギーのカーペットは、バラではなく球根ベゴニアの花が使われる。
花びらではなくて、摘み取ったままの花を使う。
c0128628_10501422.jpg

花は生き物だから、3日間の会期中、しおれないように細心の注意を払って管理される。

2004年に初めてブリュッセルに見に行ったとき、広い会場が妙に静まりかえっているのに驚いた。
余りにも精緻な工作物を見ると、人は言葉を失うものらしい。私も撮影するのも忘れて
呆となっていた。
c0128628_10503684.jpg

対岸を見れば、高層ビルに混じって、月島の昔風の家並みが見える。

もんじゃ焼きが有名な月島、その隣りは、昔から佃煮(つくだに)作りで知られる佃島。
心地よい汐風を頬に感じながら、また都バス05に乗って帰宅した。

[PR]
by tamayam2 | 2014-11-05 10:52 | 日々のできごと | Comments(16)
Commented by aamui at 2014-11-05 19:21

また珍しい東京カーペット見せて頂き有難うございます 
Commented by nick-2 at 2014-11-05 22:22
そう言えば長野市でもこんなイベントやってましたね。
実物は見たことないですが、飾るのはほんとに大変そう。
Commented by school-t3 at 2014-11-05 23:33
こんばんは♪
ベルギー版
ベゴニアの花そのものをそんなにたくさん集めるのは
考えただけで気が遠くなります。
それでこの模様を・・・・・・
信じられません。

日本版
遠くから全体を見るとどんな感じなんでしょう?
これはこれで面白いですね。
Commented by ikutoissyo at 2014-11-06 00:13
こんなイベントがあることさえ知りませんでした。
バラの花をどうやって集めるのでしょう。
来年是非見に出かけたいです、忘れなければ・・・。

ベルギーのは、まさにカーペットですね。
規模の大きさに息をのみますね。
Commented by tamayam2 at 2014-11-06 09:14
♡ aamuiさん、
私もまったく知らなかったのですが、当日知り合いから
教えてもらいました。東京はいろいろなイヴェントがありますね。お元気で。
Commented by tamayam2 at 2014-11-06 09:16
♡  nick-2さん、
花で作品を作るのは、本当に大仕事です。気候的には、秋が一番適しているでしょう。なにしろ相手は、生きものですから。(笑)
Commented by tamayam2 at 2014-11-06 09:18
♡  school-t3さん、
お宅のお庭もだんだん秋らしくなってきましたね。
晴海のカーペット、高いところから見たい人のために
工事用のクレーンのようなものを使って(高さ10m)
から見せてくれるようです。全貌がわからないと、制作者もよくわからないでしょうね。
Commented by tamayam2 at 2014-11-06 09:22
♡  ikutoissyoさん、
その日、よく晴れていたので、本当は植物園に出かけたかったです。しかし、月曜日が祝日だと、火曜日は休園になることを思い出し、どこにも行けないとわかりました。
残念、と思っていたら知り合いが教えてくれました。
毎年文化の日を中心に行われていて、今年は13回目でした。どうやってバラの花びらを集めるのでしょうね。聞きそびれました。
Commented by sumiko33m at 2014-11-07 09:07
おはようございます!
晴海のカーペット多彩で、繊細な模様ですね
本当にこれだけの花びらを集めての制作に管理も
大変な事でしょうね。
私も札幌赤レンガ前で開催された、フラワーカーペットを
初めて見ました。
ベルギーでは球根ベゴニアの花が使われるのですか
それは又見事な事でしょうね。
Commented by BBpinevalley at 2014-11-07 12:44
いろんな催しがあるものですね〜。
ブリュッセルのも見てみたいです。
ブリュッセルというと、夫とマッセル貝を食べ過ぎたことが印象的です。
Commented by tamayam2 at 2014-11-07 19:53
♡ sumikoさん、
お宅のエゾフクロウは、本当にすばらしいです。愛らしいので私のPCの壁紙にして楽しみました。札幌でもこんな催し物があったのですね。丁度今頃でしたら、バラの花びらや、球根ベゴニアの花が手に入りやすいのでしょうね。それにしても膨大な数が必要です。
Commented by tamayam2 at 2014-11-07 20:00
♡  BBpinevalleyさん、
ブリュッセルでは、マッセル(ムール貝)を注文すると、深鍋一杯大盛りが来ますね。それがたまりません。私は、ドイツの魚介類ゼロ地域に住んでいたので、2月に一度ぐらいは魚を食べに隣国まででかました。食の恨みは恐ろしいです。
Commented by nenemu8921 at 2014-11-08 08:23
あらら、こんなイベントがあるの?
知らなかったわあ。
いろんな情報をどこでキャッチするの?
特別なアンテナを持っているのね。
やっぱり新しいことに出会いたいですね。
日々、この頃飽きてきました。
Commented by tamayam2 at 2014-11-08 18:38
nenemu8921さん、
いろいろな情報を教えてくださる親切な方がいます。
でも、なかなか時間が取れなくて。今回は、たまたまタイミングがよかったです。東京は、本当に色々な情報が満ち溢れていますね。お元気で!
Commented by KawazuKiyoshi at 2014-11-12 11:33
これは、素晴らしい。
本当に花の絨毯。
その上を歩けないのが、ちょっと、玉に瑕。
ははは
今日もスマイル
Commented by tamayam2 at 2014-11-13 05:31
♡ KawazuKiyoshi先生、
ほんとうにね、この花の絨毯の上を
歩いてみたいような気持に駆られました。
辺りの空気は穏やか、風にかすかな潮の香が
して。東京湾の景色も人工的ながらなかなか
のものでした。ふふふ
<< 【698】アメリカ、小学校のクラスへ 【696】冬時間 >>