【694】ツマベニチョウと赤い実

秋がだんだん深まっているというのに、いろいろな出来事が次から次へ
起きて、最近、野山に出かけることが少なくなりました。
c0128628_13581976.jpg

ドイツの蝶園で見たツマベニチョウ。2頭がふらふらとやってきて、
花に止まりました。その後の様子は見届けなかったのですが・・・
日本でとても有名なクモマツマキチョウとは違う種類ですが、東洋区に属する
蝶です。
この種類は、高山ではなくて、沖縄、関西でも見かけることができるそうです。
裏翅にいわゆる青ズリ模様という模様があって、蝶愛好家の間で珍重されているよう
ですが、私は、国内でまだ見たことがありません。
c0128628_1359670.jpg

西洋では家の垣根などでよく見かけるコトネアスター(バラ科)。
茎が団扇のように横に張り出し、よく繁茂しますから、垣根に適しています。
日本でも最近公園などで見かけるようになりました。
和名は、紅紫檀(ベニシタン)。
c0128628_13592725.jpg

少し長細い実のつくベルベリッツ
和名は、ヒロハノヘビノボラズ
トゲがあるので、蛇登らず・・・というのです。メギ科の植物。
メギは目木と書き、昔は眼病の薬にしたそうです。メギ科メギ属の植物は葉も
紅葉し、ふだんは、目立たないのに秋の野では主役級です。
c0128628_1413937.jpg

上は、名がよくわかりませんが、スイス、ベルンの道端で見ました。
実も葉もきれいだったので、撮影しました。これから紅葉、黄葉が本格的
になりますね。楽しみです。

by tamayam2 | 2014-10-22 14:02 | 日々のできごと | Comments(6)
Commented by ダンダラ at 2014-10-22 18:46 x
素早いツマベニチョウが2頭も…良いチャンスに恵まれましたね。
ヒロハノヘビノボラズは、ミヤマシロチョウの食草として有名ですが、こんなきれいな実がなるのですね。
Commented by tamayam2 at 2014-10-22 19:25
♡ ダンダラさん、
Web-siteでミヤマシロチョウを見て見ました。きれいな高山
蝶ですね。しかし、全滅危惧種VUとは!食草である、メギや
ヒロハのヘビノボラズが少なくなったからでしょう。蝶って、本当に
偏食なんだから!!??ベルベリッツは、西洋ではそこらへんに
生えている非常に日常的な樹木ですが、日本ではあまり見かけ
ません。
Commented by ふさ at 2014-10-23 18:18 x
ベニシタンにへびのぼらず
大好物の言葉になりそう。
今日去るお方から三味線には紅木が使われると聞き
ああtamayam2さんに見せてもらいたいと思いました。
Commented by tamayam2 at 2014-10-23 22:36
♡ ふくさん、
お三味線を習っておられるのですね。
紅紫檀の紫檀は、英語ではrosewood,家具や楽器に使う
すばらしく美しい材木です。でも、紫檀は、マメ科サイカチ属
コトネアスターとは、別物のようです。楽器の木材の質がよい
ものは、宝物ですね。大事にしてください。
Commented by BBpinevalley at 2014-10-25 02:06
なんて綺麗なかわいい蝶々なんでしょうね。
いろんなことが次から次へ?
良いことだと良いのですが。
Commented by tamayam2 at 2014-10-25 17:35
♡ BBpinevalleyさん、
羊が歩いているNZの風景と、コソ泥のいるSFの風景と・・・
世界にはいろいろな都市があるわね。娘がクリスマスごろ
DCからLAに引っ越し。学校の問題、住居の問題・・・LAでの
家探しは大変だったよいうです。ルーズベルトの本、出版されたら
お知らせください。読んでみたいわ。
<< 【695】10月の銀ブラ 【693】嫌われ者の蛾 >>