【691b】緑色に輝くアジアの蝶2つ

スイス【687】とドイツの蝶園【689】で見たチョウのうち、
緑色に輝く美しい蝶に目がとまった。

モルフォ蝶もそうだが、蝶の翅の色のメタリックな輝きに魅せらせてしまい、
ただ茫然となる・・・(あ~、だんだん養老先生の世界にはまっていく・・・)。
c0128628_13291233.jpg

1)和名 コモンタイマイ(タテハチョウ科 アオスジアゲハの仲間)
【Graphium agamemnon 英語Tailed Jay】
スイスの蝶園で緑色の鮮やかな蝶が目に留まり、写真を撮りたいのだが、
高い樹の枝に張り付いて動かない。
こんな角度で撮るのが精いっぱいだった。
c0128628_13295670.jpg

  ウェブサイトで、この蝶を正面から撮った写真を拝借。
c0128628_13303439.jpg

  こちらは、ドイツの蝶園で撮った写真で、この蝶の裏翅。
  表とはかなり違う印象。
  帰国後に、和名は、コモンタイマイ、フィリピン、インドネシア等アジア系の蝶と
  知った。

2)和名 ルリタテアゲハ(アゲハチョウ科)
【Papilio palinurus英語 Emerald Swallowtail】
c0128628_13313226.jpg

  この蝶は、やはりアジア系の蝶で、コバルト色のような非常に美しい翅を
  もつが、飛ぶと速い。たまたま一頭が花にとまったら、すぐあとに一頭が
  加わった。交尾をするのかもしれない。翅を激しく震わせていた。
c0128628_13321310.jpg

  今森さんの図鑑でルリタテアゲハという名を知った。

3)構造色
上の蝶のように微妙な翅の緑色は、鱗粉の色ではなくて、鱗粉の細かいヒダの構造が
光の干渉によって起こる“構造色”という現象。見る角度によっていろいろな色調に
見える。身近なものでは、CD-Romの表面、シャボン玉、クジャクの羽、
カワセミの羽、玉虫のいわゆるタマムシ色・・・等。
c0128628_13324515.jpg

昆虫標本では、体液が翅の輝きを失わせるため、体の部分は、取り除かれる。
また、標本では、上下4枚の翅を最大に開いて見せようとする。
でも、実際の蝶は、標本のように翅を拡げて飛んでいるわけはない。
標本が全開きだったら、実物は、半開きか2/3開き状態だ。

そういう事情もあって、標本写真や図鑑のイメージから、私が撮影したチョウ
の名を確定するのには、かなり時間がかかる。

[PR]
by tamayam2 | 2014-10-09 13:33 | たび | Comments(10)
Commented by namiheiii at 2014-10-10 11:18
写真としてはルリタテアゲハの飛翔がいいですね。パチパチ
Commented by tamayam2 at 2014-10-10 16:09
♡  namiheiii先生、
ありがとうございます。どうして、こういう世界にはまってしまった
のか・・・美しい蝶を見ると、呆然としてしまいます。
Commented by nenemu8921 at 2014-10-10 21:03
なんて美しい蝶でしょう。本物?
もちろん、わかってはいますが、つい……。
緑色の光沢は見慣れない故か、つくりもののように感じてしまいますね。
(神さまのつくりものですね)
ルリタテアゲハは日本では見られないでしょうね。
構造色はよくカワセミの解説で引用されますが、やはり不思議ですよね。
クモの糸の虹色も構造色かと思いましたが、解明されていないようですね。
植物の綿毛が太陽に光って虹色に輝くのも不思議です。
子どものように感じています(^_-)-☆

Commented by ふく at 2014-10-11 15:35 x
ノーベル賞のレポートで
蝶の羽のような光に思わず
これに魅了されたのねえと
Tamaym2さんの思いを納得。
自然界の発光ダイオード?
Commented by ikutoissyo at 2014-10-12 09:38
何と美しい!
撮る側の都合のいいように止まってくれないですよね。

ルリタテアゲハを拝見するにつけ
18号台風に飛ばされたのか、わが庭のルリタテハの蛹が無くなってしまったのが悔やまれます。

蝶の数え方、学問上では「頭」で表すのを初めて知りました。
居ながらにして、知識を得られることに感謝です。
Commented by tamayam2 at 2014-10-14 16:42
♡ nenemuさん、
これは、ほんま物のほんまもんです。これは、東南アジアでしか
見られないようです。今森先生もコーフンして書いておられました
から。なんで、こんなに蝶好き人間になってしまったのかしらね。
われわれが感心を持って見ている七色に輝く光・・・蜘蛛の糸。
構造色とは別のものなのですね。科学者が解明してくれるのを
待ちましょう。
Commented by tamayam2 at 2014-10-14 16:47
♡ ふくさん、
今年も村上さんはノーベル賞をのがしましたね。残念ですね。
醗酵ダイオードなどの実用的なものの開発、日本はすごい
ですね。モノ作り国の伝統を持ち続けてほしいですね。
私がなぜ蝶に魅せられているか、思いを理解していただけ、
かたじけなく存じます。家族にも理解してもらえないのですから。
Commented by tamayam2 at 2014-10-14 16:51
♡  ikutoissyoさん、
台風18号、19号には振り回されましたね。お宅のルリタテハの
蛹が吹き飛ばされてしまったとしたら、本当に残念です。どこかで
どっこい生きているかもしれません。
私も蝶の数え方は知りませんで、近頃知ったのです。なんだか
「専門家」ぶっているようで、気恥ずかしいのですが、たいていの
本には、●●頭と書いてあるので、最近は、慣れました。
Commented by aamui at 2014-10-17 07:43
今読んでいる”リンバロストの少女”を読みながらtamayamさんのこと思っています この本が少しは慰めになるかもしれないと思いました
Commented by tamayam2 at 2014-10-17 21:13
♡  aamuiさん、
FBにもコメントいただきありがとうございました。
いい本をご紹介いただきありがとうございました。
今日から、新宿御苑も(デング熱騒ぎに一応ピリオッドを打ち)
再開するようです。秋を楽しまなくちゃと思います。
<< 【692】愛猫との別れ 【691a】日時計 >>