【681】チョウの翅を撮る

東大駒場博物館で「日本の蝶」という展覧会を見たとき、
チョウの羽を配置したポスターを美しいと思った。
c0128628_17503531.jpg

過去ログ:2014年8月【676】日本の蝶展
撮影されたのは、科学写真家の伊地知国夫氏。

8月18日、その方の講習会があったので駒場博物館に再び出かけた。
子供にも大人にも科学の不思議さ、楽しさがわかるいい講習会だった。
大阪や他の都市も巡回していたようだけれども、夏休みが終わったので、
次は、東京・調布で行われる。ご興味のある方は、どうぞ。
駒場博物館の前にある大きなヒマラヤスギ。
c0128628_1753532.jpg

伊地知国夫 “写真で楽しむ科学のふしき”
一般向け20名: 10月4日(土)13時~
富士フォトギャラリー 調布(Tel.042-481-8049)
ffis.photogallery.chofu@fujifilm.com

c0128628_17524181.jpg

私は、博物館の標本をお借りして、伊地知先生のマネをしてチョウの翅を
マクロレンズで撮る練習をした。
c0128628_17525871.jpg

チョウの翅は、くわしく見たことがなかったが、拡大してみると、ほそい骨によって
支えられており、細かいヒダのような毛の層が重なっていることがわかる。
また翅のへりには、羽毛が見える。鱗粉がうっすら浮かび上がっているものもあり、
それはそれで、また美しいチョウの世界が見えてくるのだった。
c0128628_17532120.jpg

伊地知先生は、静かな話し方をなさる方で、自然界のできごとを、どうやって
レンズでとらえるか、情熱をもって語り、指導してくださった。
c0128628_17534877.jpg

【おしらせ】
Tamayam2は、明日から2週間ほど海外へ出かけますので、
Blogはしばらくお休みにします。

残暑きびしいおり、みな様お体にじゅうぶんお気をつけてお過ごしください。
[PR]
by tamayam2 | 2014-08-22 17:55 | おしらせ | Comments(13)
Commented by ふく at 2014-08-23 18:26 x
はいはい行ってらっしゃい。
しばらくおでかけがなかったものね。
気候の変化に気をつけて。
なにしろ大台に乗りましたから。
Commented by tamayam2 at 2014-08-24 10:26
♡ ふくさん、
そうなんです。年をとると持ち物の管理ただけでも大変。
あれ、どこにいれたかしら?あれ、どこ?ない?あった・・・の連続。
第一訪問国、スイスに到着しました。
Commented by nenemu8921 at 2014-08-24 23:22
tamayamさん。普通のマクロレンズですか。
すごいなあ。こんな撮影どうやったらできるのかしら。
中間リングを使っているの?
絞って撮影したものを、トリミングして拡大? そんなことないわねえ。

衝撃の映像でした!!(^_-)-☆

ご旅行楽しく行っていらっしゃい。無理されずに、ご無事で。
お土産話、楽しみにしています。


Commented by BBpinevalley at 2014-08-26 11:58
すごいですね、tamayamさんがお撮りになったんですね、蝶の羽。
まるで、布のように見えるのや、粉砂糖の振りかけられたケーキのように見えるのや。
とてもきれいです。
ニュージーランドの菜園で、蝶蝶がたくさん孵るのですが、殻から出て来てゆっくり時間をかけて羽を広げるのを、興味深く観察したものです。
また、見せて下さいね。
Commented by bantelner at 2014-09-08 06:43
tama母さま~
ご旅行からは無事にお帰りになられましたか。
やはり少し肌寒かったでしょう。
また旅のお話しとお写真を楽しみにしております。
追伸:ふくさまのコメントがウケました~。(^^)
Commented by bantelner at 2014-09-08 06:47
あ、もう一つ、肝心な追伸:
母さまの蝶の羽のお写真、本家を凌いでいると思います!w
植物も動物も、と言うか万物がこのような仔細に渡るまで巧妙に作られていて、何のなせるワザなのでしょうね。驚異的です。
Commented by tamayam2 at 2014-09-08 18:50
♡  nenemu8921さん、
やっと帰ってまいりました。時差で頭がぱっぱらぱぁです。
さて、この写真は、私が普通のタムロンのマクロレンズで
撮影したものです。手持ちで。
>絞って撮影したものを、トリミングして拡大?
はい、そういう姑息な手段も使いました・・・告白。
なんでこんなにチョウが好きになってしまったのか・・・ねぇ。
でも、実は、生きたチョウが好きなのであって、あまり標本は
(死んでおりますから)好きじゃないと気づきました。ハイ。
Commented by tamayam2 at 2014-09-08 18:53
♡  BBpinevalleyさん、
NZは自然の宝庫のようなところですのに、私が滞在していた
1997~2000年まで、仕事に追われ植物園にも野山にも行った
ことがないまま帰国してしまいました。停年退職した今こそ、自分の
好きなものを求めて出かけたいと思います。そしたら、お宅のBB
にお世話になりますね。その時は、よろしくお願いします。
Commented by tamayam2 at 2014-09-08 19:02
♡  bantelnerさん、
オルガニストのハードな要求をいっしょけんめいこなして
おられる bantelnerさんの生活を拝見して・・・私の生活の
いかにぬるいことか!!と反省しております。音楽の世界は、
豊かですが、厳しいものと・・・・なぜこんな世界に入って行こう
としているのか・・・苦しいことばかりじゃないか・・・でも、トミ子
さんを見よ、そう思って力を得ております。
今回の旅行で、いろいろ回った挙句ドイツに戻り、なんだか
ホッとしました。私が言うのもおこごましいですが、馴染んだ
場所にもどってほっとしました。
万物を造られた神様のなせるわざは、人知の及ぶところでは
ありませぬね!
Commented by maximiechan at 2014-09-08 20:06
お帰りなさい。
早速拙ブログにコメントくださりありがとうございました。
ヨーロッパはいかがでしたか。

博物館の標本を借りて・・・こんなことできるのですね。驚きです。
それにしても、蝶の翅の切り取り方が見事です。
3枚とも大変に綺麗で素晴らしいです。
Commented by tamayam2 at 2014-09-08 21:18
♡  maximiechanさん、
お宅のBlogで拝見するチョウの生き生きとした美しさ、
本当に心が躍ります。ヨーロッパはもともと寒冷地ですからチョウの
を見ることは稀です。それでもチョウを見たいといつも思っております。
東大の博物館は撮影用に(多分古くなった標本を)数点貸してくれました。
maximiechanさんのようなベテランに褒められてうれしいです。
自分のアクセスできる範囲でチョウの美しさを表現できたらと
願っております。
Commented by aamui at 2014-09-15 08:41
美し~~~こんなにきれいだったのね!(^^)!トリミングもいいのね キット!(^^)!
Commented by tamayam2 at 2014-09-19 20:21
♡ aamuiさん、
展覧会に出すような写真は、トリミングはアウトなのかも
しれませんが、私は、シロート、個人のBlogに掲載するもの
については、できるだけボロを隠す工夫はしておりますとも。
この頃重い一眼レフを持ち歩くのが辛いときもありますが、
だいたいは一眼レフを使い、補助として(保険として)コンデジ
も使っています。ふふふ
<< 【682】スロベニアでクジャク... 【680】深川八幡の水かけ祭り >>