【676】日本の蝶展

八月に入りました。
暑さは、ますますその勢いを増しているように思えますが、
Tamayam2は、2日、東京駒場の東京大学付属博物館へ行ってまいりました。
そこで、「日本の蝶展」をやっているとあらば、覗いてみないわけにはいきません。
たまたま見た新聞で知ったのですよ。
ポスターは下。
c0128628_19304734.jpg

HPはここ
行ってみてやはり、驚きました。
c0128628_19224354.jpg

コレクションの標本がとてもきれいに保存されていること。
日本産の蝶242種類全部、また迷蝶など外国産のものを併せて、
275種類が展示されているのです。その量と質に感動しました。

蝶に興味のおありの方は、ぜひ、井の頭線、駒場東大前下車3分のこの博物館に
足をお運びください。9月23日まで。入場無料。

このHPを開きますと、242種類の日本の蝶のリスト
また、日本のカメムシのリストがダウンロードできます。
なぜカメムシかというと、昨年、このキャンパスで新種のカメムシが発見された
ということです。(エドクロツヤチビカスミカメ
これは、好事家にとっては、貴重な資料です。
c0128628_1924577.jpg

私は、東京大学とはまったく関係がありませんが、なんだか、この大学の
おおらかさに好感を持ちました。(国民の税金で運営されている大学なのですよね。)
c0128628_19252390.jpg

また、今回の展示の一部分は、教養学部長を歴任された毛利秀雄名誉教授(1930~)
から提供されたものだそうです。
なんだかやんごとなき血筋のお方でいらっしゃるようですが、その方のコレクションの一部を
拝見することができて、本当にしあわせな午後を過ごすことができました。
東大のキャンパスは、緑が多く、蝉しぐれが響いておりました。
c0128628_19262240.jpg

c0128628_19263939.jpg

運動場へ通じる階段をおりて駒場東大前の西口方面へ歩いて行きますと、
小さなせせらぎがあり、草むらでシジミ蝶やシオカラトンボも見られるのです。

澁谷から二駅離れた場所ですのに、都会の喧騒とは別世界の感があります。

by tamayam2 | 2014-08-02 19:27 | 日々のできごと | Comments(14)
Commented by ふく at 2014-08-02 20:40 x
ちょっと~
またおもしろいなまえをだしてくれちゃって
明日から富士見高原で黙総会なのに
憶える暇がないじゃないの。
ツマグロじゃなくてエドクロね、
書いていこう。
Commented by tamayam2 at 2014-08-02 21:18
♡ ふくさん、
明日から黙想会でしょうか。いいですね。
カメムシは、女性に嫌われる運命にあるようですが、私は、
好きです。(私はもしかしたら、女性ではないのか・・・)
蝶、カメムシ、その他昆虫が好きな人だったら、きっと
目を見張る展示会だと思います。でも、それにしても
暑いですわね。お元気で。
Commented by maximiechan at 2014-08-02 21:43
拙ブログへ蝶展の案内ありがとうございました。
実はその案内の前に貴ブログを見ていて、どうしようかと思っていました。
甥が東大大学院に在学していて9月からETH(スイス連邦工科大学チューリッヒ校)に交換留学します。
その前に蝶展ならびにキャンパスを案内してもらおうかななんて思って、
先ほどメールを入れました。
Commented by tamayam2 at 2014-08-03 06:44
♡  maximiechanさん、
駒場は教養学部があるところですけど、久しぶりに甥御さんと
蝶の展覧会をきっかけにお会いになるのもいいですね。
駅の反対側には、駒場野公園や旧前田家(加賀百万石前田
利為の本邸)もあります。また、日本民芸館もいい所ですよ。
Commented by kanmyougam at 2014-08-03 08:21
近かったら出かけてみたくなりかす。
貴重な資料や展示会がありますね。
日本民芸館も訪ねてみたいところです。
Commented by tamayam2 at 2014-08-03 08:42
♡ kanmyougamさん、
日本民芸館がそばにあることは存じていましたが、
なにしろ30度を越す暑さ・・・体力を消耗しないよう一日に
2つ以上のことはせぬよう、おとなしく帰途につきました。
早くこの猛暑が鎮まってほしいですよぉ~
Commented by school-t3 at 2014-08-03 11:44
この草むらは我が家の荒れ地に似ています。
トンボも蝶もやってきます。

東大の管理はおおらかなんですね?
意外でした。

蝶は・・・・
今日もレモンの木に終齢幼虫一匹。
その前の段階のも一匹。
折角少し出てきた葉がまたすべて食べられて丸裸です。(泣)
それでもこちらやシバタさんなどに触発されて
芋虫を殺せなくなりました。 嗚呼・・・
Commented by ikutoissyo at 2014-08-03 14:57
あの辺りには日本近代文学館、日本民芸館、前田邸などがあり
散歩にはもってこいですね。
若い時に幾度か行っています。
気候さえよければ、松涛美術館、Bunkamuraまでも歩けますね。

珍しい蝶が見られるのですか。
9月に入ってから是非行ってみたいと思います。
いつも情報をありがとうございます。

Commented by tamayam2 at 2014-08-03 19:46
♡  school-t3さん、
バッタがシソの葉をボロボロにしても殺虫剤をかけない心やさしい
school-t3さん。ミカン科の植物には、芋虫が来ますね。家の
庭木は、外からは見栄えがしないのですが、これが、皆蝶の食草
ばかりなのです。ミント類、ブッドレヤーも蝶が好きだから植えて
あります。庭は蚊だらけなのですが、虫除けスプレーは使わず、
ハッカ水を体に吹き付けます。農作業をする者としては、どこか
で折り合いをつけないといけない難しい問題ですね。
Commented by tamayam2 at 2014-08-03 19:53
♡ ikutoissyoさん、
今はとても暑くて、そうそうあっちこっちに出かけられませんが、
9月になりましたら、どうぞお出かけください。京王井の頭線は、
冷房がちょっときつくで、寒いくらいでした。吹き出る汗を
ぼとぼとこぼしながら肉体労働するのも、また快感です。
からだ中の毒素が出ていくようで・・・ふふふ
Commented by nenemu8921 at 2014-08-05 09:29
行ってみたいなあ。暑いし、遠いし…。
あなたはお元気ですね。
たいてい、大学の構内は自然観察をするのに適していますね(^_-)-☆
学生時代は自然界より、俗界の方に目が行くものですけど。
最近の学生さんは違うのかな?
涼しくなったら行ってみようと思います。
Commented by tamayam2 at 2014-08-05 09:50
♡  nenemu8921さん、
いやぁ~、この暑さ猛烈ですね。今、郵便局まで行ってきたの
ですが、滝汗・・・トホホです。こういうときには、家で、じっと
しているのに限ります。夏休みだというのに、この大学の学生
さんは、蝉しぐれも何のその眼をまっすぐ前に向けてキャンパスを
歩いておりましたよ。偉いものですなぁ~。涼しくなったらどうぞ。
Commented by echaloterre at 2014-08-14 06:41
この日本の蝶展のことを、少し前にネットで知って
tamayamさんにお知らせしなくては!と思っていたんですよ。
やはり、行かれたのですね♪
日本にいる蝶がすべて見られるというのはほんとにすばらしい!
Commented by tamayam2 at 2014-08-14 07:03
♡  echaloterreさん、
チョウ→tamayam・・・・とひらめいたわけですね。
光栄です。♪~(*^。^*)
東京のチョウの展覧会のことをフランスの友人が気に
かけてくれる、なんて素晴らしい話です。地味な展示会ですが、
素晴らしいコレクションでした。
フランスに生きたPapillonを見せてくれるところはありますか?
あったら、ぜひ行きたいです。
<< 【677】八月の日々 【675】美ヶ原散策 (3)・... >>