【674】美しが原散策(2)

美ヶ原を歩いていると薄い板をたくさん重ねたような鉄平石というものに
出会う。板状節理という地形なのだそうだ。そういう石に乗ると滑りやすいので、
注意してそろそろと歩いた。
c0128628_8123290.jpg

c0128628_813166.jpg

c0128628_8132539.jpg

昼食を摂った王が鼻には、岩の隙間にイワキンバイが可憐な花を咲かせていた。
この辺りは、イワキンバイだらけと言ってよい。
c0128628_8143128.jpg

少し時期をずらすと別の植物だらけなのだろうか。
過酷な風雪に耐えて咲くこの花をいとおしいと思った。
王が鼻の岩は、みんな木曾の御嶽山の方向を向いている。
ここから木曾の御嶽山を拝んで、参拝したことにしたという。
そう、ここから木曾まで行くには、たいへんな道の里だからね。
c0128628_815670.jpg

c0128628_816765.jpg

c0128628_19172783.jpg

c0128628_8165442.jpg

私どもがこの地点に到着したときには、木曾の御嶽山が臨めたかどうか・・・
ここから360度の眺望が楽しめるはずだが、この日はかすんでいた。
でも、急峻な斜面と眼下に広がる雄大な景色に、圧倒された。
c0128628_8174256.jpg

c0128628_818654.jpg


[PR]
by tamayam2 | 2014-07-31 08:12 | たび | Comments(0)
<< 【675】美ヶ原散策 (3)・... 【673】美ヶ原散策(1) >>