【690】6月は旧友に出会うとき

先日、New  Zealandから来日した旧友と箱根に行った。
私がNZから帰国したのは、2000年。
それ以来彼女とは、ほぼ毎年会っていることになる。ことしは、13回目。
よくまぁ、続いたものだ。
今年は、箱根に2泊して、岡田美術館で歌麿の浮世絵を見たりした。
このフジは、箱根湿生花園で。木にからみついたフジは、宿主をしのぐ逞しさ。
c0128628_1383491.jpg

c0128628_139116.jpg

大学時代のクラス会も長く続いている。今年は、東北地方に11名が集った。
秋田新幹線が通じて、とても便利になった。東京、大宮に続いて、仙台、盛岡・・・
あっという間に東北の奥地へ。

c0128628_1392826.jpg

盛岡で、岩手大学を訪ねた。宮澤賢治が学んだ旧盛岡高等農業学校が
記念館として公開されていた。その前にあった賢治の像。
宮澤賢治(みやざわ けんじ 1896~1933)
c0128628_1395077.jpg

ベートーベンを真似してうつむき加減になって歩いている姿だそうだ。
西洋文化にあこがれ、西洋文化を貪欲に吸収してイメージを膨らませ、
独自のファンタジーの世界を築いた。
こういう人物を育んだ岩手県には懐の深い文化人がいて賢治を支えたのだろう。
c0128628_20301152.jpg

賢治の像のそばの草むらで今年初のアゲハチョウを見つけた。
ジャコウアゲハであろうか。
美しい個体だった。
追記)敬愛するBlog友 蝶鳥ウォチングのYodaさんから
教えてもらいました。
    カラスアゲハの♀だそうです。Yoda先輩、ありがとうございました。

6月7日、ドイツ時代の友人Gさんの一周忌。共通の友人、Sさんにお花を
買って墓地に手向けていただくことにした。ドイツでは、このように鉢植えの
花を友人が墓地に置く。我々が手向けた花は、手前の赤と白の花の鉢。
その後ろにあるのは、ロウソク立て。ずっと火が消えないようになっている。
まだ墓碑が無く、仮の木の十字架だけだが、そのうち墓碑が建つはずだ。
過去ログ:2013年6月  友人の葬儀にケルン再訪 

c0128628_13104093.jpg

岩手大の植物園を見たかったのだが、立派な敷地があるものの、あまり活用されて
いる気配がなかった。植物学は、今は流行らないのかな・・・。
きっとコンピュータの画像を見ながら分子レベルの研究がなされているのだろう。
c0128628_1311176.jpg

夏草が覆いしげる構内を歩きながら、いまは過去の人になってしまったGさんや賢治を
偲び、梅雨の晴れ間の清々しい新緑の風景を楽しんだ。

[PR]
by tamayam2 | 2014-06-13 13:11 | たび | Comments(8)
Commented by yoda-1 at 2014-06-13 18:50
友人や同窓との再会は楽しいですよね。
アゲハはやや色褪せて難しかったかもですが、カラスアゲハの雌です。
Commented by tamayam2 at 2014-06-13 19:10
♡  yoda-1さま、
間違いをご指摘いただきありがとうございました。きれいなチョウ
だなぁ~と感心するばかりで同定があやふやで・・・感謝申し
上げます。もっと勉強しないといけません・・・よろしく。
Commented by nenemu8921 at 2014-06-13 23:25
tamayamさん。お帰りなさい。
同窓会だったのですね。
岩大は植物園の管理が十分でないんですね。
写真集の編集の際、管理している方からお手紙をいただきましたが、
がっかりしています。

でも、宮沢賢治の雰囲気に触れていただいて、嬉しく思いました。
あの賢治像は賛否両論ありました、いかが感じましたか?

カラスアゲハに出会えてよかったです!!


Commented by aosta at 2014-06-14 06:28 x
先日、義父のお墓参りをしたばかりです。
墓地といっても欧米の場合は、日本に比べて明るく開放的な雰囲気がしますね。
鉢植えの花が印象的です。日本の場合はどうしても切り花が中心。
飾った当初はきれいですが、時間とともに枯れたり腐ったりして、どうにも見苦しい。
鉢植えは素敵なアイディアだと思います。

旧盛岡高等農業学校、素晴らしい建物ですね。
保存状態も良いのでしょう。
いつか訪ねて賢治さんを偲びたいと思います。
Commented by tamayam2 at 2014-06-14 08:40
♡  nenemu8921さん、
盛岡に一泊しました。朝、材木町の街並みをぶらぶら歩き。
街中にハンギングバスケットが下がっており、とても素敵
でした。本当は、花巻に行って賢治を偲んだほうがよかった
のですが、三陸鉄道に乗る予定がありましたので・・・
あの彫刻は、幻想的で面白いと思いましたよ。賢治が見た
であろうドイツトウヒがそばにあって、松ぼっくりを拾って
来ました。池には、たくさんの水蓮がきれいでしたよ。
Commented by tamayam2 at 2014-06-14 08:49
♡ aostaさん、
墓地の写真など公開しないほうがよいのですが・・・私の大事
な友人の墓地にわざわざ足を運んでくれた共通の友人がこの
写真を送ってくれました。今は、簡単に写真を添付で送ることが
でき、ありがたいことです。ご遺族にご挨拶に上がらなくても、
この墓地は、市民墓地ですから、だれでも日中立ち寄ることが
できます。私はこの墓地のそばに住んでいたので、よく散歩
したものです。
Commented at 2014-06-23 06:08
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2014-07-01 20:40
♡ aamuiさん、
6月15日、22日に講演会を主催し、それが終わりほっとしま
した。また、6月の4週に韓国へ旅行がありました。この旅行は、
キリスト教団体研修会でしたので、いわゆる観光旅行では
なく忙しかったです。次から次から偉い方々にお目にかかりました
ので、報告も大変!講演会のことは、いずれ、自分の中で整理して
から記事にさせてください。その人から直にモノを伺うという
のは、やはり新鮮です。ご著書で読んで知っていることでも、
ご自身の言葉として語られると、心に響きます。
<< 【691】京王・井の頭線の花々 【689】初見の花2つ >>