【688】多肉植物の造形美

世に多肉植物の愛好者は多いらしく、ウェブサイトで検索するとたくさんの
種類があって目がまわりそう。
そのどれもが、多肉だから、ぷくっと膨れていて、触ってみたい気がする。
色も緑とは限らず、多彩なのだ。
c0128628_7172259.jpg

私もいくつか持っているが、世話らしい世話もしてやらないのに、繁殖力が旺盛で、
ふと気づくと、子が生まれ、一族をなしている。多産系なのだ。
2月に訪れた中米・グァテマラ、パナハッチェルのホテルの庭では、たくさんの
多肉植物を見た。
c0128628_7165049.jpg

これは、センターの花壇。中央が糸杉で、小石のよう見えるものは、全て多肉植物。
名前がわからないので、記さないが、この世界に首をつっこんだら、大変そう・・・
という恐れがまずある。園芸種、ランの仲間・・・などには近づかないようにしている。
c0128628_7174658.jpg

庭にあちこちに部分植えの鉢が配置してあった。
薔薇の花びらのようなもの、ネギのように垂直に伸びるもの、苔のように地に這うもの・・・
c0128628_718871.jpg

形も色も面白い。それぞれが個性的でおもしろい。どのように配置するかは、
園芸家の腕の見せ所なのだろう。
c0128628_7183691.jpg

こちらは多肉植物と言うのか、サボテンの仲間なのか、紐か鎖のように、
どんどん下に垂れ下がっていくタイプのようだ。
これは、ローマで数年前に撮ったもの。
アパートの小さな出窓もこんな植物で飾るとおもしろい。
c0128628_7192148.jpg

上は、パナハッチェルのホテルの客室の窓辺。
サボテン類なら、あまり水やりをしないほうがよいのだろうなぁ。
こんな吊り鉢に紐のように長く垂れ下がっていく植物を見るのは、
なんだか爬虫類かなにかの生き物のようで、ユーモラスで面白い。

[PR]
by tamayam2 | 2014-06-05 07:19 | 日々のできごと | Comments(6)
Commented by kanmyougam at 2014-06-05 11:47
おはようございます。
多肉商物割とよく目にするようになりましたが、
こんなに紹介していただくと愉快になるようなものも多いですね。
アレンジして面白い飾りになりますね。
世界中ぢ個でも楽しんでいるのですね。
Commented by toshiko-hana at 2014-06-05 20:05
tamayam2 さん こんばんは♪
 グアテマラにご旅行でしたのですね
 私はメキシコには旅行しましたが未だ~南でしょうね。

 ご質問の半開草ですが
 備前市の閑谷学校で数十年前に苗を買い植えました。
 閑谷学校は江戸時代、岡山藩主、池田光政が創建された学校で
 講堂は国宝です。

 半開草が珍しいですよね
 庭では大分弱って来ています。
Commented by tamayam2 at 2014-06-05 21:34
♡ toshiko-hanaさん、
これは、もしかしたら、
ハンカイソウ(樊噲草、学名: Ligularia japonica )
キク科メタカラコウ属 かもしれません。難しい字ですね。
しかもjaponicaですから日本固有種かもしれません。
葉の全景が写っていないので、しかとわかりませんが。
岡山、和気の閑谷(しずたに)学校には訪問したことが
あります。大事にそだててください。
グアテマラは、メキシコのすぐ南隣の国です。
Commented by tamayam2 at 2014-06-05 21:44
♡  kanmyougamさん、
東京は今日、梅雨入りしたらしいです。午後から大雨でした。
そう、年と共に手のかからない、放っておきてもよく育ち、子孫
を残す、生命力が強い植物にいとおしさを感じます。好みって
いうより、その逞しく生きる力に感動を覚えるのです。若いときには
見向きもしなかった、「金の成る木」もその例です。あのころは、
外国から来た洋花に憧れをもっていたのです。スズランとか、
エーデルワイスとか。。。古稀になり、東京都のシルバーパスを
頂く身分になりました。素直にうれしい!!
Commented by 寧夢 at 2014-06-11 02:57 x
子供の頃両親は鉢植えで小さなサボテン類、
いわゆる多肉植物を沢山育てていたのですが、
今日の写真の中に見覚えrのあるものが数種類有り、
とても懐かしかったです。
一体あのサボテンたちはどこからやって来たものだったのか。

我が家では月下美人が2,3日留守の間に咲いたらしく、
満開を見損なってしまいました。
Commented by tamayam2 at 2014-06-11 08:51
♡ 寧夢 さん、
そう、お年寄りは、よくサボテン類、多肉植物類を栽培
していますね。その印象が強く、なんとなく老人趣味だ
と敬遠していたのです。しかし、私も老人の仲間に入って
みると、こういう植物群を好む理由がすんなり理解できるの
です。手間がかからない、自分の持ち時間と成長の速度が
なんとなく波長が合うのです。派手ではないけれども、健気な
愛らしさがある・・・など等。近所にクジャクサボテンだか月下
美人だか・・・大輪の見事な花を咲かせているお宅があります。
根気よく育てた結果、あんなすてきな花に出会えるとは、本当に
育て甲斐がありますね。老人の根気よさが光っています・・・ふふふ
<< 【689】初見の花2つ 【687】ガガイモ科にこだわって >>