【685】三社祭りに行ってきました

ピーカンの土曜日17日、浅草の三社祭りに行ってきました。
浅草駅からもう大変な人出。そろそろと伝法院通りのほうへ歩を進めて行きますと、
にぎやかなお囃子の響きに続き、各町会のお神輿が次々と登場します。
c0128628_8511042.jpg

人と人の間から、お神輿風景を撮影させてもらいました。
c0128628_8513614.jpg

担ぎ手も先導役もテンションが上がっていますから、うろちょろしていると、
弾き飛ばされそう。
揃いの袢纏に、ふんどしの男衆。
c0128628_852831.jpg

女性は、頭に手拭い・・・やっぱり若い女性の担ぎ手は、お神輿の華です。
どの顔も輝いて、玉のような汗を飛ばし、わっせ、わっせ!
c0128628_8523424.jpg

子供のお神輿も出ていました。
c0128628_8525862.jpg

このワンちゃんも、衣装をつけて、白足袋は、天然モノです。
c0128628_8531927.jpg

子供たちもこの日は、ハレの日、暑いので、飲み物も分けあっちゃう。
c0128628_8535189.jpg

昼時になり、花やしき付近の飲み屋では同じ印半纏の町衆たちが一休み。
c0128628_8541291.jpg

c0128628_8545899.jpg

袢纏の凛々しさに見とれてしまいました。
c0128628_8544124.jpg

女性の浴衣姿もすてきでした。
国際通りをずっと北のほうへ歩いて行きますと、
竜泉(りゅうせん)というバス停が!?
c0128628_8552937.jpg

竜泉寺町・・・と言えば、樋口一葉の『たけくらべ』の世界です。
樋口一葉(ひぐち いちよう 1872~1896)
横丁を入ったところにある一葉記念館に立ち寄ってみました。
樋口一葉って、だれだ?と思われる方、五千円札にお顔が出ておりますよ。
明治時代の小説家で、なんと24歳で亡くなっております。
流麗な文章を書く方です。
白紫の花は、匂蕃茉莉(ニオイバンマツリ ナス科)
c0128628_856232.jpg

そこから、都内で唯一残った路面電車に乗るべく、さらに「三ノ輪橋」まで
歩きました。ちんちん電車の沿道には、バラの花が咲き、下町の人の
やさしさが感じられました。三ノ輪橋から早稲田まで各駅停車の電車が
トコトコと進みます。全線170円で、スイカ、パスモも使えます。

[PR]
by tamayam2 | 2014-05-19 08:55 | 日々のできごと | Comments(12)
Commented by ふく at 2014-05-19 17:18 x
三社様にいったのね。
いなせなお兄さんお姉さんが闊歩していたでしょう?
お祭りは私も大好きです。
お囃子が聞こえるとうきうきします。
ちなみにもう少し地味ですがこの近くの下谷神社の氏子でした。
大勢人が集まっているところを撮ると
思いがけない面白い物が映り込んだりしますね。
さりげなくデンキブランとか。
Commented by tamayam2 at 2014-05-19 18:12
♡ ふくさん、
オタクは、下谷神社の氏子だったのね。T会のSさんなんか、
地元だからきっと大忙しでしょう。
下から4枚目の写真、駒形の人たちの右にデンキブランが
写りこみました。ありゃ、どういうお酒でしょう。アルコール度が
強く、すぐ目が回る、と言おうか、舌がしびれます。飲みたい人は、
吾妻橋のたもとの神谷バーへどうぞ。
Commented by aamui at 2014-05-21 07:08
この電車亡くなる前にもう一度乗りたいなぁと思っています 三社祭有難う!
Commented by tamayam2 at 2014-05-21 07:27
♡ aamuiさん、
亡くなるって・・・ご自分が?電車が?
どちらもそう簡単になくなりませんよ。普通の民家の軒すれすれ
に電車が通ります。三ノ輪橋付近(荒川区のあたり)では、線路
わきに見事なバラが咲いていました。きっと町の人たちがお世話
してくださるのでしょう。下町hospitalityを感じました。私は、育ち
はずっと山の手なんですが、こういう下町情緒が好きです。
Commented by BBpinevalley at 2014-05-21 13:06
お祭りの写真、とても素敵です。
美男美女が多いですねー。
Commented by ikutoissyo at 2014-05-22 15:43
いよっ !! 粋だね! 声がかかりそうですね。
半纏の背中の文字、ほんと、凛々しいです。
「駒形」「松清睦」「壽」「浅喜」・・・どの文字もかっこイイ!!

東京に住んで60年近くにもなりますのに、神田も浅草も、お祭りには出かけていません。
この歳になると混雑に弱くて、もうちょっと無理ですね。
Commented by nenemu8921 at 2014-05-23 09:56
tamayamさん。
お元気ですね。
三社祭りに取材されたのね。迫力あったでしょう。
どれもいいスナップです。(#^.^#)
樋口一葉の看板に目をとめるのは、tamayamさんらしいですね。
ニオイバンマツリはいい香りですよね。写真写りは難しい花ですけど。
(^_-)-☆

Commented by 寧夢 at 2014-05-25 13:10 x
お久しぶりです、天然モノの白足袋のわんちゃんに笑いました。
三社祭、懐かしいなあ。
娘が小さいこと、お店の縁台で軽く食べながら休憩と見物。
地元の子と思われたのか、お菓子の詰め合わせ袋を頂きました。
あれからもう三度、引っ越しています。

大阪も昨日今日と暑いです。
一葉記念館は行きたい行きたいと思いながら、まだ・・・。
Commented by tamayam2 at 2014-05-25 14:45
♡  BBpinevalleyさん、
コメントいただきながらお返事遅れました。NZからお客さまが
来られていたので、旅行していました。ふふふ
お祭りと言えば、乗り乗りになるのは、江戸っ子、特に下町の
人たちです。人が多いし、ろくろくレンズを構えられませんでしたが、
トリミングして・・・なくとか。
Commented by tamayam2 at 2014-05-25 14:51
♡  ikutoissyoさん、
こういうお祭りを撮影するには、エネルギーが要ります。
向こうさんのエネルギーに負けないように、撮るぞ~と思わないと。
われわれもエネルギーを頂いて帰ってまいりました。
寒暖の差が激しい季節です。お元気で!
Commented by tamayam2 at 2014-05-25 14:55
♡  nenemu8921さん、
人を撮るのは得意ではありませんが、お祭りの雰囲気は好き
です。樋口一葉を知る人はもう少ないでしょうが、下町を歩いて
いると意外なところに意外な歴史が・・・。この記念館は、一葉が
五千円札に登場することになって・・・・記念館ぐらいなくっちゃと
いうわけで建てられたようです。初めてお札に登場した女性です
からね。(笑)
Commented by tamayam2 at 2014-05-25 15:04
♡ 寧夢さん、
そう、三度目の引っ越しになりますか。お嬢さんは新しい土地に
うまく馴染んでいらっしゃいますか。子供の教育問題が一番
気にかかるでしょう。向田邦子のエッセイを読んでいると、彼女は、
転校ばかりしていた子供時代の話が出てきます。東京もだいぶ
暑くなってきました。お元気で!
<< 【686】スキマ植物 【684】植物のふしぎ >>