【678】4月初旬のアメリカで

4月の始めに、まず西海岸、シアトルに住む叔母を訪ねた。
叔母は、1921年生まれ、93歳。

90歳の誕生日に訪ねて以来のこと。子供たちがそばに住んでいるが、
一戸建ての家で一人暮らし。幸いなことに心身ともに健康を維持している。
最近は、車の運転だけは息子の命令で止めているようだが、本人はちょっと不満そう。
毎日、赤十字のご奉仕で、ミシンを踏んで縫い物をする。プロの洋裁師のよう。
c0128628_19161191.jpg

過去ログ:2009年2月 90歳の誕生祝い@シアトル
c0128628_19163370.jpg

1.叔母の庭に咲いていたのは、Fritillariaというユリ科の植物。
クロユリやバイモと同じ仲間という。チューリップの花が下向きに咲いるみたいだ。

従弟の家は、シアトルの郊外の住宅地なのだが、苔むした森林の中にあり、
高山植物のような植物が見られた。

2,3,
c0128628_19184032.jpg
c0128628_19175994.jpg

シアトルから東海岸に5時間飛んで、ワシントンDCで一週間すごした。
西海岸との間には3時間の時差がある。

主に、市内のビルとビルの間の植え込みで見た園芸種の花々。
4,5,チオノドクサはヒヤシンスの仲間だそうだ。
  青と白の種類があった。
c0128628_19195384.jpg

c0128628_19203035.jpg

6.Corydalisの仲間(ケシ科で有毒)エンゴサクとか、キケマンの仲間。
c0128628_19265141.jpg


c0128628_19231325.jpg

7.上の白い花は、「Claytonia」と名札がついていた。
スベリヒユの仲間。こちらはネギのように食用になるようだ。
c0128628_1924124.jpg

8.上は、ワスレナグサのような花が咲いているが、葉に白い斑が入っており、
  とてもきれい。
追記)アメリカ東海岸在住のcimarronさんから教えていただきました。この花は、
    Brunnera macrophilla(ムラサキ科)ロシア、コーカサス、シベリア西部原産の
    花だそうです。前にも教えていただいたのに・・・忘れてしまい、二度目のコメントでした(汗)


どの花壇でもコンポスト(堆肥)がよく使われていた。
娘の家でも、リサイクルできるものは、紙類、瓶、缶、生ゴミ・・・
しっかり分別していて、生ゴミは庭の土になって再利用されているようだった。

9.冒頭の写真、隣家の庭の大木には、朝夕赤い鳥が来ていた。
カーディナルの♂だそうだ。♀は、割りに地味な色をしている。
米国大陸に固有の野鳥で、市街地でもよく見かけた。
c0128628_1927128.jpg

10. 動物園で見た鳥。尾が長く珍しかった。南米の鳥のようだ。

by tamayam2 | 2014-04-27 19:28 | たび | Comments(10)
Commented at 2014-04-28 00:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-04-28 04:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ikutoissyo at 2014-04-28 12:29
叔母様がお元気でご安心ですね。
>プロの洋裁師のよう<・・・、羨ましいです。
大好きだったミシン踏みを、もう10年も前に止めてしまった自分が情けないです。

従弟様のお庭で咲く花たち、チオノドクサやエンレイソウ、知っているお花でしたので
なにか身近に感じて嬉しかったです。

赤い鳥カーディナルは、野球チームの名前と関係があるのですね。
検索してみました。フフフ
Commented by tamayam2 at 2014-04-28 13:57
♡  寧夢さん、
お久しぶりです。昔したことって、年老いてから役立つみたい
ですね。彼女は、今の奈良女子大(女高師)を出て国語の
先生でしたが、戦争未亡人になってから、一念発起、渡米して
カリフォルニア大に進学しました。アメリカでは、ミシンが
使えること自体が、珍しがられるそうです。いま、日本でも
主婦はミシンを使わなくなったわね~ふふふ
Commented by tamayam2 at 2014-04-28 14:01
♡  ikutoissyoさん、
野球チームの名は、もちろんアメリカ人が大好きな鳥から
来ているのですよ。この鳥、北米大陸には、ざらにいるのに、
日本では、真っ赤な鳥は、市街地であまり見かけませんよね。
私が感激して口笛を吹いて「Welcome!」のサインを送り
ましたら、向こうさんもきれいな声で鳴いてくれましたよ。
Commented by tamayam2 at 2014-04-28 14:08
♡ cimarron さん、
前に教えていただいたのに、植物の名、忘れてしまい失礼
しました。Brunneraは、ロシア、コーカサス地方、シベリア西部が
原産ということでした。日本では余りみかけませんね。葉が少し
毛羽立っていて、ふんわりしているところが気に入っています。
新しいお台所が出来上がったら、主婦はうれしいですね。
一生にそうないことだから。日本の家の台所はたいていごちゃ
ごちゃしています。和食、中華、西洋料理、なんでも作るし、
その上、天ぷらなどもしますので。。。先のアメリカ旅行で
調理器具のお店を見て回るのが楽しかったです。流しに敷く
プラスティックのマットとか、料理の本を立てるものとか、
いろいろ買いました。だから、なおさら台所がごちゃごちゃに
なります。(笑)
Commented by weloveai at 2014-04-28 16:23
アメリカは広い~珍しいお花を沢山見る事が出来たんですね。
クロユリがオレンジで極楽鳥の様な羽を付けた姿
驚きと同時にアメリカ的と・・・
エルクグローブでは、
何処でもゴージャスな花々が植えられて華やかでした。
この様な可愛らしい自然の花を見る事はありませんでした。

Commented by tamayam2 at 2014-04-28 20:25
♡  weloveaiさん、
本当にアメリカは、広い・・・・と感じます。西海岸のシアトルは
まだ早春という風情で、花があまりみられませんでしたのに、
ワシントンDCではサクラが満開、日中は、汗ばむほどでした。
私は、元々園芸種の花の名は覚えることを放棄してしまい、
できるだけ野生に近いものを撮影するようにしているので・・・(笑)
お宅のBlogにあるマツバウンランの群生地、あんな光景を
見てみたいです。静岡県以南で留まっているようですが、
だんだん北上してくる気配です。困るけど、見たいような・・・
Commented at 2014-05-13 07:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2014-05-19 11:09
♡ cimarronさん、
だいぶ前にコメントいただいのに、すみませんでした。日本では
Cardinalは見られませんが、本当にすてきな鳥だと思います。
その後、鳥の様子はいかがでしょうか。無事に孵化できたかしら。
Minesota州はシカゴの北東ですね。カナダとの国境近くですから
寒いはずですね。東海岸はたしかに海の幸に恵まれていますね。
DCでも魚市場があって、蟹や、Lobsterが食べられます。インド人
やアラブ系の人がたくさん買っていました。日本人はDNAの中に
魚好きが刷り込まれていると思いますが、Johnも?!?
<< 【679】虫さん、いらっしゃい... 【677】ナショナル・ギャラリ... >>