【675】サクラいっぱいのワシントンDC

サクラのころに、ワシントンDCの娘の家を訪問しようと、前々から
計画を立てていた。
娘は2年前、古い家を買い内部を大改装して一家4人で移り住んだ。
新しい家の改装は、専門業者に任せたが、女性としては、なかなかの大事業だった
ようで、途中経過をいろいろ聞いていたので、ぜひ新居を見てみたいと思った。
c0128628_946493.jpg

歩行に無理がきかない家人をおもんぱかって、東京からいったん、西海岸シアトル
に飛び(9時間)、数日泊まってから、東海岸のワシントンDCまで(5時間)飛ぶ
という、二段構えの旅程を組んだ。
c0128628_9471389.jpg

ワシントンDCに着いた週の週末は、ワシントン“さくら祭り”に当たっていて、
サクラを十分に楽しむことができた。
c0128628_14142773.jpg

地下鉄スミソニアン駅で下車すると、東端にCapitol(議事堂)、西端にワシントン・モニュメントというおなじみの景色が見える。
細長いMall(中央の芝生)をポトマック河畔のほうへ歩いて行くと、ピンクのサクラの連なりが雲海のように見えてきた。
c0128628_9482799.jpg

どの枝にもびっしりと花が咲いており、まさに満開。
1912年に日本が友好のためにサクラの苗木を贈ってから、今年で102年目。
どちらかというと、古木は少なく、目の高さで充分鑑賞できる。
アメリカ人も、海外からの観光客もみな、うっとりとサクラの樹を見上げ、記念写真を
撮りあっていた。

娘の新居は、スミソニアン地区から地下鉄で20分ほどの住宅地。
住宅地の中もサクラ、ナシ、モクレンの花がいっぱいだった。
c0128628_9485891.jpg

娘の家。右端が表玄関、正面はガラージの入口。
左隣りの家のモクレンの高木は、今まさに花ざかり。
c0128628_951193.jpg

ご近所の家々。
c0128628_9513360.jpg

赤い椅子が二つ並んだ角のお家には、90歳近いおばあさんが一人で住んでおられるとか。
お手伝いや介護の人を雇ってのことであろう。

この住宅街には、町民専用のクラブハウスがあって、ゴルフ場やテニスコートなども
完備しているという。しかし、入会金が相当高く、入会自体も10名以上の会員の推薦が
必要ということで、若い住民には手が届かないらしい。
子供たちの朝食風景。
c0128628_9565010.jpg

キャリー 彩子は、5歳で今年9月から小学校。シリアルを食べ、典型的なアメリカ食。
c0128628_9522118.jpg

ローラ 杏子は、6歳で小学校1年生。この子は、パンと日本から持参した蒲鉾を
食べる。両方ともヤクルトが大好き。どちらも徒歩10分ほどのところにある幼稚園、
小学校に通っている。お手伝いが送迎を担当しているが、出来ない時には、スクール・バスを
利用したりしている。

8時過ぎには、パパもママも働きに出る。二人ともかなりの激務をこなしているが、
それでも、午後6時ごろには帰宅して、子供たちと遊んでいるから、日本よりは、
子育て可能な労働環境が整っているのであろう。
じじとばばは、滞在中出かけたり、昼寝をしており、家事には少しも参与しなかったが、
一度だけ、日本から持参した甘口カレールーでカレーライスを作ってあげた。
これは、子供たちのお気に入りなのだった。

by tamayam2 | 2014-04-19 09:52 | たび | Comments(19)
Commented by namiheiii at 2014-04-19 10:53
やっぱりアメリカは裕福だと思います。私も1973~4年に小学校の長男と幼稚園の娘をつれてフィラデルフィアの郊外に住んでいたことがあります。
Commented by namiheiii at 2014-04-19 10:57
追伸 
4月の始めさくら祭の時期ににワシントンの桜を見に行きましたがすっかり散っていてがっかりしました。
Commented by tamayam2 at 2014-04-19 12:11
♡  namiheiii先生、
フィラデルフィアと言えば、同じ東海岸沿いですね。40年ほど前
の子供たちは、もう50代でしょうか。娘は1971年生まれで、40代に
入ったところです。最近視力が落ちて・・・など言っていましたから、
彼女らも中年になっていくのだなぁ~と思いました。そうやって、
世代が交代していくのですね。アメリカは住環境は豊かですが、
食生活は、やや大ざっぱだと思いました。食糧のパッケージが
大きく、太った人が多いと感じました。食べすぎるのでしょう。
Commented by kanmyougam at 2014-04-19 13:20
こんにちは。お孫さんかわいいですね。
住環境が豪華ですね。
スケールが違うように見えます。40代の若い方もこんな豪華な住居が持てるのですね。
食の状況はかなり食べるようですね。

サクラの満開のいい時期によかったですね。
Commented by tamayam2 at 2014-04-19 14:17
♡  kanmyougamさん、
この住宅街は、かなり高級な部類だと思います。
我々にはとても手が出ません。(苦笑) 隣り近所の人たちも
若い夫婦がおりましたが、高給取りなのでしょう。一方で
高齢者も多い住宅地のようです。お手伝いを雇わないと
維持管理がむずかしいでしょうね。子供たちは、公立の学校に
通っていましたが、私立学校にはとても手が届かないと言って
おりました。上には上の悩みがあるのですね。
Commented by toshiko-hana at 2014-04-19 15:06
 tamayam2 さん
 お帰り為さいませ。
 暫くブログがお休みのようなのでご旅行?かと思っていました
 ワシントンの娘さんのお宅に行かれてたのですね
 ワシントンでもお花見をされましたか?
 可愛いお孫さんいお会い出来てお幸せでしたね。
Commented by tamayam2 at 2014-04-19 15:36
♡  toshiko-hanaさん、
子供たちはどう思っているのか、わかりませんが・・・
私たちは、普通の生活を垣間見ることができて楽しかったです。
折り紙を折ってあげたいのですが、みんな忘れてしまって、
インターネットで調べて見よう見まねで動物やら三宝やら
作りました。日本のぬりえも好きでしたよ。
Commented by ikutoissyo at 2014-04-19 19:24
幾度かお邪魔してみましたがお留守でしたので、ご旅行かと・・・。

昔の良き時代のアメリカ映画で見た、憧れの住宅街です。
アメリカにも、勿論こんなところばかりではないでしょうけど、日本の住宅は「うさぎ小屋」に見えてしまいますね。

去年でしたか、お孫さんたちがこちらにいらして、ヤクルトがお気に入りと仰ってましたね。
思い出しました。

旅のお疲れが出ませんように。
Commented by smallcreature at 2014-04-19 19:58
スケール感の大きい風景ですね。
お家も大きくて映画の風景みたいです。お孫さんたち、可愛いですね^^
Commented by semineo at 2014-04-19 21:14
こんばんは
素敵な季節にワシントンD.Cに、お出掛けになられたのですね。
素敵なお家に、可愛いお孫ちゃん、そしてお嬢様にお会いになって、
何より至福のひと時を過ごされて良かったですね。
いつも元気なmayaさんの行動力、素晴らしいです♪
Commented by tamayam2 at 2014-04-19 21:15
♡  ikutoissyoさん、
留守しており失礼しました。パソコンではなく、Tabletをもって
行きました。どこでも主要な場所ではWi-Fiが通じましたので、
メールチェック、Blogのサーフィンはできました。私は、仮名入力
に慣れていないので、必要最低限のことだけ返事しました。
折り紙のおり方を調べたり地図で道案内を見たり・・・便利でした。
お宅のBlogでいろいろな所の春の景色を見せていただきました。
日本の春を堪能させてもらいましたよ。ありがとう。
Commented by tamayam2 at 2014-04-19 21:28
♡  smallcreatureさん、
今回の旅では、アメリカの昆虫、チョウはあまり見るチャンスは
ありませんでしたが、動物園と自然史博物館(どちらもスミソニアンの
施設、したがって、無料)はチェックしておきました。DCは地下鉄で
どこでもアクセスしやすいし、自然に対するPolicyがしっかり社会に
根付いていて、感心することが多いです。この住宅地でも水道管か
なにかの工事をしていましたが、掘り返した土の上に肥料を蒔き、
さらにワラをかけていました。肥料として堆肥がよく使われている
ようでしたし・・・こんな環境なら、虫も生き伸びられそうね。(笑)
Commented by tamayam2 at 2014-04-19 21:37
♡  semineoさん、
お加減は、いかがでしょうか。私の周りには、お孫さんの
お世話で忙しい人や、孫に夢中のおばあさんがたくさんいますが、
ウチの孫は遠くにいるので、何となくピンときませんでした。でも、
孫に会って、生活を共にすると、彼らの成長エネルギーに
圧倒されます。老人は、子供と一緒にいると幸せだって、よく
わかりました。活力と言おうか、energyをもらえますもん。
時々しんどいですが・・・ね。ぅふふ
Commented by school-t3 at 2014-04-20 09:58
娘さんお幸せで良かったですね。
最近ハーグ条約のこともあるし
破綻して子供をめぐって大変なことになるケースも
耳にします。
お孫さんたちはほんとうに満たされていらっしゃいますね。
幸せな家庭ですくすく育って
日本と世界をつなぐ架け橋になってほしいです。
この桜のように。。
Commented by aamui at 2014-04-20 10:40
お帰りなさ~い ワシントンの桜 よかったね!満開だ 
素敵なお家にかわいい孫たちの日常 素敵な日々でしたね ブログでこうしてかいま見ることがありがたいです
Commented at 2014-04-21 01:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2014-04-21 06:28
♡  school-t3さん、
娘の家庭は子供中心で、どたばたと暮らしていますが、
そのただ中に幸せがあるのでしょう。ドイツに住んでいたころ
日本女性で離婚後、子供を連れて里帰りできない人たちの悩みを
よく聞かされたものです。ハーグ条約なのでしょうか。西洋人の
男は法を振りかざしますから、それに立ち向かう女性もそうとう
理論武装しないと太刀打ちできません。
ウチの孫たちには、物質以外の価値を知ってもらいたいですね。
そういう教育は、じじばばの出番かも。
Commented by tamayam2 at 2014-04-21 06:32
♡  aamuiさん、
観光とは一味違ったワシントン風景ですよ。歩行にやや難が
ある家人と一緒ですから、昼間は、昼寝したり、庭掃除したり、
ぶらぶら買い物したり・・・そんなんが一番の滞在でした。(笑)
Commented by tamayam2 at 2014-04-21 06:37
♡  cimarronさん、
しばらくお声をきかなかったので、どうしておられるかと・・・・
そうですか。新入りの犬に猫・・・台所の改装、そりゃ大変だ!
ミネソタ州はまだ花の季節には早いのですね。娘のところの
柚子の木は、冬の寒さで枯れてしまったようです。シソとキュウリの
種を持参しました。去年は、キュウリの収穫は上々だったようです。
ワシントンは昼間は、半そでで充分ぐらいでした。そちらとは
かなり温度差があるようですね。お元気で、Johnによろしく!
<< 【676】スミソニアンの豊かさ 【674】花のころ、遠方より友 >>