【674】お花見さんぽ…市ヶ谷から赤坂見附へ

3月29日(土)ぽかぽか陽気、近所のサクラもほころびかけて・・・
忙しい月末だったが、急に思い立ってお花見さんぽをすることにしました。
c0128628_8252281.jpg

中央線市ヶ谷駅で下車、外堀沿いの土手を四谷方面へ、
土手には、オオアラセイトウの紫色が美しい。
下を通るのは総武線。
外堀の釣り堀には、人がいっぱいだった。
オオアラセイトウ 【大紫羅欄花 アブラナ科 Orychophragmus violaceus】
この花には、いろいろな名前があるようです。
ムラサキハナナ、ショカツサイ(諸葛菜)、ハナダイコン・・・
c0128628_826314.jpg

四谷駅近くの雙葉学園わき土手では、楽しそうなお花見の宴が。
c0128628_8262823.jpg

四谷駅前の交差点。イグナチオ教会の前。
さっそうと風を切って自転車が行く・・・ガイジンさんかなァ。
土手のサクラはすでに満開に近い。
c0128628_8265646.jpg

上智大学正門ちかくの土手では、レンギョウの黄色がまぶしい。
c0128628_8274339.jpg

昔はどこででも見られたヤマブキの一重の花もこぼれるように咲いていました。
太田道灌のお話をちょっと思い出しました。
    七重八重 花は咲けども 山吹の みのひとつだに なきぞ悲しき
c0128628_8282397.jpg

政治家が会談をするという有名な料亭「福田屋」の前のサクラ。
土手のサクラが老木になっていくのを憂い、福田屋さんは、百本のサクラの苗木を
贈ったということです。それを記念する小さな碑が茂みの中にありました。

サクラは老木になると体が支えられないようで、突っかえ棒で支えられている姿が
見られます。松葉杖の老人のようにも見え、春のほんの一週間、体中の力をふりしぼって
みごとな花を咲かせるその生命力のほとばしりに驚嘆の念を禁じ得ません。

ホテル ニューオータニのところで土手を下り、赤坂見附方面へ。
赤坂プリンスホテルは、解体作業が進んでぽっかりと穴があいたようになっていました。
その後には、またホテルができるのでしょうか。

年年歳歳花同じからず、東京も少しずつ変化しているようです。

[PR]
by tamayam2 | 2014-03-30 08:29 | 日々のできごと | Comments(10)
Commented by ふく at 2014-03-30 12:00 x
花散らしの雨の日曜ですね。
懐かしいあたりを一足お先に見ることができて嬉しかった。
今年は寒かったけれどみごとに咲きましたね。
2日に香澄公園茜浜あたり(習志野市)でのお花見が
あるのですがまにあうでしょうかね。
気のもめる季節です。
Commented by kanmyougam at 2014-03-30 12:14
こんにちは。お花見散歩好いですね。
いくつかの場所はこれまでに紹介いただいていて
お花も興味をそそります。
花の種類も多いので素晴らしいお花に散歩になりましたね。
Commented by ikutoissyo at 2014-03-30 14:04
昨日、中央線に乗ったのですが、座ってしまったので、この桜に全く気が付きませんでした。
こんなに咲いているのですね。

わが住まいの周辺にも、桜は沢山咲きますが、
毎年、他所へお花見に出かけなくちゃ、何処にしようかと焦ってしまいます。
隣の芝生ですね。

福田屋さんの前の桜は、花弁が丸くて花も大きそうに見えますね。

写真を拝見しながら、あ、あの道だわと、お散歩した気分になりました。
Commented by tamayam2 at 2014-03-30 19:20
♡ ふくさん、
一夜明けて今日は冷たい雨でした。出かけなければならぬ所
があって、仕方がなくタクシーで行きました。植物にとっては
慈雨でしょう。土曜日にお花見さんぽしておいてよかったです。
懐かしいところでしょう?お元気で!
Commented by tamayam2 at 2014-03-30 19:22
♡  kanmyougamさん、
東京には、お花見の名所がいくつもありますのに、人ごみが
イヤなので、いつも同じところになってしまいます。(笑)
やはり、サクラを見ると心がウキウキしますね。うすピンクの
サクラは、撮影はとても難しいのですが・・・ふふふ
そちらではもう春爛漫でしょうか。
Commented by tamayam2 at 2014-03-30 19:28
♡  ikutoissyoさん、
ははは、隣りの芝生、隣りのサクラ・・・なんだかサクラと聞きますと
正常心を失ってしまうのは日本人の証拠ですね。(笑)やっぱり
一年に一度、サクラの中で深呼吸してみたいものですね。
福田屋さんのサクラは、多分新しい株なのだと思います。心なしか
若々しい艶を感じました。同じソメイヨシノだと思いますが。
年老いたサクラの株はなんとなく痛々しくて・・・「福田屋」もよいこと
をしましたね。
Commented by maximiechan at 2014-04-02 06:07
朝夕の冷え込みはまだ厳しいですが、日中は本当に暖かい春の陽気を満喫できるようになりましたね。
3月の上旬に「自分たちにできることを考えよう」というテーマでJICAを訪問しました。
その際に敢えて四谷駅で降りて外堀公園を歩いてJICAに向かったのですが、まさにその場所の様子ですね。
あの時はジンチョウゲが咲いていて、そのいい香りが漂っていました。
生徒たちは街頭にテントウムシとセミのオブジェが飾ってあるのを見て面白がっていました。
ところで、6月に入居が決まっているマンションもかなり出来上がってきました。
その周りに桜の木も植えられたのですが、先日ギフチョウのポイントに向かう途中、ちょっと立ち寄ってみたら、
工事の道具や資材などが散らかる中にその桜たちがしっかりと花を咲かせていたのです。
まだ植えられて間もない桜たちが咲く様子を見て、生命の力強さを感じました。
Commented by KawazuKiyoshi at 2014-04-02 16:59
素晴らしい、花を訪ねて、一人ごつ。
政治家も、喜劇役者も
桜の前では、みな同じ。
今日もスマイル
Commented by tamayam2 at 2014-04-03 16:56
♡  maximiechanさん、
おっ、6月から新居ですか!いいですね。4月は別れと出発の
ときですね。ごきげんよう、お元気で、おめでとう、がんばって・・・
幾度言ったことか。あのギフチョウすてきです。鱗粉までくっきり
その場に居合わせたら喜びで心が震えるでしょうね。子供たち
にも、そういう体験をしてもらいたいです。
Commented by tamayam2 at 2014-04-03 17:02
♡  KawazuKiyoshi先生、
ははは、すばらしい 川柳? お歌?
ったく、その通りです。日本に生まれてきて、今年もサクラが
見られて~〝いがった、いがった”と思います。
わたし、温泉に入ったときもおんなじ思いです・・・・

  素晴らしい、温泉に入って、一人ごつ。
   政治家も、喜劇役者も
    お湯の中では、みな同じ。
<< 【674】花のころ、遠方より友 【673】マヤ文明の文字 >>