【669】大木を見るのは愉快

人生の愉しみの中にはいろいろあるだろうが、大木を見る、というのも
その一つであると思う。
私は、大木を見ると理由もなくうれしくなってしまう。
c0128628_13425636.jpg

グアテマラ旅行で、アンティグア(Antigua)という昔のスペイン時代の古都を訪ねた。
旧友三人でおしゃべりをしながら、町の見どころを巡ったり、ショッピングを楽しんだ。
石畳の道は、昔は、馬車が通ったのであろう、観光客や露天商も大勢出てにぎわっていた。
この町全体がユネスコの世界遺産になっている。

グアテマラ在住のKさんが、その町で一番大きいホテルを案内してくださった。
元修道院であったというCasa Santo Domingo の回廊、パティオ、礼拝堂のある敷地内
には南国の植物がうまく配置され、夢見心地の楽しい時が過ぎていった。
c0128628_13433058.jpg

アンティグアのメルカド付近の歩道に映る三人の影。
左がKさん、右が日本から同行したNさん、中央が私です。
c0128628_1344122.jpg

ホテルの中庭で、すくっと立っている大木を見かけたときには、体が震えた。
セイバ(Ceiba)というグアテマラの国樹であるという。
セイバ【アオイ科セイバ属 Ceiba pentandra】
ブラジル南部原産 英語ではwhite silk cotton tree (Kapok)とも言われる。
c0128628_13444530.jpg

実は、この種の木をつい最近見た記憶があった。
2013年12月に沖縄を訪ねたとき見たトックリキワタの学名がCeiba speciosa
アオイ科セイバ属カポックだった。沖縄のトックリキワタは、グアテマラのセイバの親戚
と言えるだろう。この木をよく観察すると幹に鋭いトゲがある。その点でも共通している。

過去ログ:2013年12月 【657】ポインセチア、その後 はここ
c0128628_13452381.jpg

旅行の終わりに訪ねたマヤ族のTikal遺跡でも、この大木を見て心が躍った。まずは全景、次に根元。
根元に、アメリカ人の観光客が立っていますね。その巨大さをご想像ください。
c0128628_1346360.jpg
c0128628_1345488.jpg

ティカル遺跡のある密林は、石灰岩の土壌で、植物が育つための土壌の層が浅い
のだそうだ。そのため、樹木は体を支えきれず、板根(ばんこん)が発達する。
私もいままでこんな巨大な板根を見たことがなく、びっくりした。
c0128628_134632100.jpg

その他に、Tikalの密林で見た樹木は、チューインガムの原料のチクルが採れる
アカテツ科サポジラ属の大木、オールスパイスが採れるフトモモ科
オールスパイス(Allspice)の巨木など。

巨木好きには、こたえられない経験だった。
Tikal遺跡も、ユネスコの世界遺産に指定されている。

[PR]
by tamayam2 | 2014-03-07 13:48 | たび | Comments(6)
Commented by tabikiti at 2014-03-07 17:27
迫力ある巨木ですね。
根本で見上げると、ひっくりかえりそう~
高知にも美空ひばりさんとの縁のある、大杉がありますよ~^^
Commented by tamayam2 at 2014-03-07 20:37
♡  tabikitiさん、
高知にも巨木があるのですね。
樹齢何百年とかいう? では、今度お訪ねしたとき
見に行かねば。セイバの木は、樹齢は余り長くなく100年
ぐらいだそうです。それと言うのも着生植物がへばりついて
おり、ちょっと気の毒な感じがします。
Commented by namiheiii at 2014-03-08 10:35
巨大な板根のある樹はインドネシアのバンドンあたりでも多く見かけました。
Commented by tamayam2 at 2014-03-08 11:58
♡ namiheiii先生、
インドネシアにあるのですか!私は、まだインドネシアに
行ったことがありませんので、「バンドン」を記憶しておきます。
アジアは、熱帯植物の宝庫、チョウの宝庫・・・でしょうね。
Commented by aamui at 2014-03-09 18:34
またまたビックリ!いつも珍しいものを見せて下さり有難うございます
巨木には太古の世界を感じさせるものがあるから嬉しいのですね
Commented by tamayam2 at 2014-03-09 20:39
♡  aamuiさん、
本当に、
>巨木には太古の世界を感じさせるものがある・・・・
その通りなのでしょう。長くそこに立ちつづけて世の中の
推移を見守っていた、というだけで荘厳な気持ちになって
しまいます。
<< 【670】羽が透きとおったチョ... 【668】ナス科の植物 >>