【666】ガホサニコパ

しばらくごぶさたしておりました。
みな様のところは、雪の被害はいかがでしたか。私は、2月に2週間ほど、
中米、グアテマラ国へ旅行しておりました。
c0128628_114912100.jpg

高校生のころ、日本史や地理などの暗記モノ対策として、いろいろ語呂あわせをして
おぼえたものです。「鳴くよウグイス、平安京」(794年)とか、「いょぅ、国」は、
コロンブスのアメリカ大陸発見(1492年)など・・・。その中に、ガホサニコパ
いうのがあって、これは、メキシコから南の中米の国を覚える呪文でした。
ガ(ガテマラ)、ホ(ホンジュラス)、サ(サン・サルバドル)、二(ニカラグア)、
コ(コスタリカ)、パ(パナマ)・・・そこから南は、南米諸国。
実は、今は、グアテマラの西にベリーズという国が独立していますので、中米の国は
現在は6か国ではなくて、7か国になっています。

南北アメリカの中間に細く帯のようにつながっている国、グアテマラに、学生時代の
友人が住んでいて、卒業後一度も会っていないのですが、細々と音信が続いておりました。
昨年の夏ごろから、共通の友人Nさんとグアテマラ行を計画してきました。
太平洋を越え、アメリカ、ヒューストンで乗り換え、16,7時間の長旅です。
c0128628_11494115.jpg

グアテマラ・シティの街でまず、目についたのが、Jakaranda(ノウゼンカズラ科)
の紫の花!
現地では、Jは、ハ行の発音ですので、ハカランダと言っていました。
c0128628_1150666.jpg

前回【665】で珍しい植物として出したロンデレチア(アカネ科)もすぐに見つける
ことができました。赤道に近いのですが、標高が高いので、過ごしやすい気候でした。
c0128628_1150481.jpg

首都から3時間ほど西へ行ったパナバッチェルは標高1560mで、火山がつくった
美しい湖、アティトラン湖があります。富士山のように形の整った3500m級の火山群が湖水に
影を落としていて、小舟でマヤ族の末裔が住んでいる村々を訪ねることができます。
高い山の手前の小高い丘は、『星の王子さま』に出てくるウワバミが入っている帽子の形に
似ているでしょうか。サン・テグジュベリもかつてここに滞在したことがあるということです。

c0128628_11512111.jpg

c0128628_11514141.jpg

私は、熱帯や亜熱帯の植物に魅了されましたが、中でも、大木に寄生している
着生植物に目が釘づけになりました。愛好家がよだれを垂らしそうな、
着生ランなどが、無造作にどこにでも見られるのでした。
この地方の特産物は、コーヒーの他、果物のアボカドです。
c0128628_1152353.jpg

女性たちは、全て手織り、手刺繍の民族衣装をまとっています。
c0128628_11522432.jpg

男の衣類、子供の衣類、すべてお母さんが手織りでこしらえます。
主食のトルティーヤは、トウモロコシの粉を練ったもので
鉄板で焼きます。とてもおいしかったです。火力は薪です。
c0128628_11524599.jpg

ここでは、ケータイやスマホは見かけず、煮炊きする煙の臭いの中に
物売りの声が響き、道端には人々の人間的なざわめきが満ちていました。

[PR]
by tamayam2 | 2014-03-01 11:53 | たび | Comments(14)
Commented by ikutoissyo at 2014-03-02 10:17
お帰りなさい。
ときどき、まだかしら?とお帰りを楽しみに覗いておりました。

ガホサニコバ・・・初めて聞く呪文です。笑 歴史は苦手でした。

アボガドが転がっているのですね。いいな~~!

人々のエネルギーが満ち溢れていて、アナログの懐かしさを、反省とともに見せていただきました。
勿論続きがあるのでしょ!
楽しみにしています。

Commented by ふく at 2014-03-02 10:24 x
おかえりなさい。続き楽しみにしています。
危ない目にはあわなかった?
失敗談もあったら、ね。
Commented by 寧夢 at 2014-03-02 11:04 x
まあ、なんて遠くに旅をしていらっしゃったのでしょう!
南米、それもグアテマラとは。
大好物のアボガドがごろごろ、食べたーい。
民族衣装の色と柄、ステキ。
これからも続く旅のご報告、心待ちにしています。
Commented by namiheiii at 2014-03-02 12:01
何でまたグアテマラに? tamayamさんを見ていると世界中がわが家のように飛び回っているという感じがします。人脈の広さと言うか積極的な性格なのでしょうね。身体が言うことを聞く中にもっとやることがあったと後悔しています。
Commented by nenemu8921 at 2014-03-02 12:03
お帰りなさい!! 待ってました!!
グアテマラへ行かれていたのね。すごいね。
何にも知らない国です。
ええ、面白そう。。。。
象を飲み込んだウワバミの図って、ここが舞台だったの?
知らなかったわぁ。
ジャカランダって、桐みたいなの?
検索すると、紫の桜みたいな並木や大木が出てきますね。
ああ、世界は広いわねえ。
続編も楽しみです。
旅で、お疲れでしょう、体調を損ないませんように。
(私は風邪気味で、ダウンしています)

Commented by yasano0828 at 2014-03-02 12:28
おかえりなさい。
素敵な旅、素敵な写真! 
最近、トルティーヤにハマっていて、あの皮をどうにかうまく作れないかと思っているのですが、、、。
織物、刺繍も素敵! 手作りのものを普段に使えるというのは、とても心を豊かにすると思います。うらやまし~。
Commented by school-t3 at 2014-03-02 13:50
珍しい国を紹介していただいてありがとうございました。
ここは治安は良いのでしょうか?
人々が幸せそうで満ち足りていますね。
Commented by tamayam2 at 2014-03-03 10:08
♡  ikutoissyoさん、
写真をたくさん撮ったのですが、人を撮るには、むずかしくて。。。
でも少しずつ整理してまた、Upしましょう。丁度日本歴史上ない
大雪の時でしたので、なんだか申し訳ないような気持ちでした。
グアテマラは、乾期で、雨がほとんど降りません。
Commented by tamayam2 at 2014-03-03 10:13
♡ 寧夢さん、
アボカドのペースト状のものがよく出てきました。トルティーヤ
につけて食べたりしましたが、ねっとりとしたバターのようで、
滋養も高そうだし結構なものでした。私は、日本で高価な果物
と思っており、あまり食べたことがありませんでした。
Commented by tamayam2 at 2014-03-03 10:17
♡  namiheiii先生、
そう、身体が言うことをきく内に・・・私も、若いときから行きたい
と思っていたのですが、とうとうこの年になってしまった、という
わけです。でも、長年の友人と話すことができて、本当にうれし
かったです。遠くに離れていましたが、基本的な考え方は、人間
そう、変わっていないなァ~と思いました。今は、メールがあるので、
簡単に連絡でしますが、やはり会っておきたい友人がいるもの
です。(笑)
Commented by tamayam2 at 2014-03-03 10:21
♡  yasano0828さん、
手織のものを家族全員が着て、同じ模様の織物を村全体が
着ています。それが、そのコミュニティーに帰属する証しなの
だそうです。隣りの人もその隣りの人も同じ柄の服を着ている
のです。子供も同じ柄。男も制服のように同じ柄の服です。
不思議な感じでした。
Commented by tamayam2 at 2014-03-03 10:31
♡  school-t3さん、
その質問は、重要です。実は、治安は、よくないのです。
外務省のお知らせでは、「十分注意して渡航せよ」近ごろ、エクアドル
で射殺された新婚さんの事件がありましたので、私もヒヤヒヤ
しました。対策として、車とドライバーをチャーターし、公共交通は
使いませんでした。高くつきますが、安全を買ったと思って我慢
しました。
Commented by tamayam2 at 2014-03-03 10:37
♡  nenemu8921さん、
あなたがここに来たら、きっと大好きになりますよ。
どこからどう写真に撮ったらよいかわかりませんでした。
サン・テグジュベリは、恋多き男だったようで、ここに立ち寄った
ときに恋人ができたようです。きっとこの小島を見て、帽子の
ような形だけれども、実は、象を飲み込んだウワバミの形で
あるもしれないとの発想を得たのでしょう。「本当に大事なものは、
大人には見えない」・・・というフレーズとともに、ネ。
Commented by tamayam2 at 2014-03-03 10:58
♡ ふくさん、
私は、ときどき失敗して大騒ぎしましたが、Nさんは、どんな
時でも悠然としている人なので、助かりました。ヤジさんキタさん
みたいでしたよ。ふふふ
<< 【667】手織物の国、グアテマラ 【665】熱帯植物はおもしろい >>