【664】バナナワニ園

熱海から下田に下る途中に、熱川(あたがわ)というところがあって、
「バナナワニ園」があることは以前から知っていた。駅前に温泉の湯けむりが
立ち上っているような温泉の街。
「バナナワニ園」とは、分かりやすいネーミングだが、ちょっとこの名では、
損をしているような気がする。
c0128628_852398.jpg

実際に行ってみたら、名前から受ける印象より、ずっとずっと立派な施設だった。
ワニの飼育場が清潔でよく管理されている。
c0128628_853755.jpg

HPはここ。(このHPは、開発の余地があるけれども・・・)

バナナだけではなく熱帯植物の展示だが、種類が多岐にわたり、非常によく手入れされていて、見応えがある。
ランやスイレンのコレクションは、一級品ぞろい。
イギリスのKew Gardenと匹敵するようなレヴェル。
枯花や、傷んでいる葉も見当たらす、管理状況がとてもいい。
c0128628_8535117.jpg

それだけでもうれしくなってしまうのに、思いがけず、裏山で、早や咲きの桜まで
見ることができた。展示会場間を結ぶマイクロバスの運転手さんが、
「もし、サクラが見たかったら、100mばかり上の高台へ足を伸ばしてください」
と教えてくれたのだ。
c0128628_8542056.jpg

河津ザクラで有名な河津では、まだ開花していなかったのに・・・。
河津ザクラと同じカンザクラ(寒桜)という種類で、2月初旬から咲く種類らしい。
私が訪れたのは、2月1日。2月にサクラが見られるなんて、期待していなかった
だけに、うれしい驚きだった。
c0128628_8543546.jpg

40年以上、ここで飼われているマナティーは、機嫌よく観光客にあいさつしてくれた。
50歳の誕生日を祝ったばかりだという。
こんなに長生きなのも、飼育者の管理がよいからだろう。
私は、世界のいろいろな国で、動物園・水族館巡りをしているが、動物が幸せそうな
ところは、見学するわれわれの気持ちも安らぐ。
c0128628_855080.jpg

伊豆急行の途中下車で、思いがけず楽しい見学ができて、儲けものをした気分・・・
おっと、そういう表現は、卑しい)・・・もとい、
とても豊かな2月の幕開けとなりました。

[PR]
by tamayam2 | 2014-02-05 08:55 | たび | Comments(8)
Commented by school-t3 at 2014-02-05 09:50
まぁ、儲けましたね (^○^)_(^^;)ゞ
なん十年も前にここに行ったようなきがします。
その頃はひなびていました。成長したんですね。
嬉しいですね。
ワニが以外に可愛い (⌒‐⌒)
Commented by asako at 2014-02-05 20:02 x
なんて素敵な写真。春が来てるのですねぇ。マナティって、どこが顔? ワニって、哲学者みたいですね。

Commented by tamayam2 at 2014-02-05 21:27
♡  school-t3さん、
儲けものをした・・・なぞと、お里が知れることば遣いでした(汗)
熱海や修善寺などに立派な別荘をお持ちの方がおられて、
ご自分の趣味としてランや水蓮なんぞを温室で育てられる。
その方が亡くなって、さぁて、その遺産の行方は??
ここのコレクションの質の高さは、なんだか金に糸目をつけず
集められたもの、という印象でした。そういうご遺贈によるものも
中にはあったでありましょう、と思わされました。
Commented by tamayam2 at 2014-02-05 21:31
♡ asako さん、
マナティって私もどこが目でどこが口かわかりません。
50歳の誕生日を祝ってもらったときには、野菜のケーキを
もらったのですって!?草食なのですよ。動きがゆったりとして、
もの静かなおばぁ様という感じで人との出会いが喜んでいらっしゃる
様子でした。(笑)
Commented by ikutoissyo at 2014-02-07 11:14
ワニと言えば、TVでみた川に落ちたヌーを襲う怖い怖い印象だけですが、
一番上の写真のお目めは、カメラ目線で魅力的ですね。

管理が行き届いた施設ということは、生き物にも十分な愛情が注がれて育てられているのでしょうね。

私も物静かなおばあ様になりたいものですが、無理のようです。
Commented by tamayam2 at 2014-02-07 11:49
♡  ikutoissyoさん、
コーラスを続けておられ、小春日和の日にはカメラをもって
都心に撮影に・・・すばらしい中高年の過ごし方ではありませぬか。
私は定年後は、人間社会よりも植物・動物に心が向くように
なりました。こうしてみると老後の生活も、健康なら悪くは
ないですね。地方の動物園兼植物園のような施設は、よほど
しっかりした理念がないとなんとなく子供向けの見世物小屋
のようになりがちですが、ここは、立派なところでした。温泉の熱
が幸いして、動物にも植物にも居心地がよいのでしょう。
Commented by aamui at 2014-02-09 15:29
ここは前に行ったことがあるのですが tamayamさんの解説で又行けたような・・・儲けものです 
最後のカエルさんのポーズは何とも楽しい 相撲の練習?
Commented by tamayam2 at 2014-02-10 12:47
♡  aamuさん、
儲けもの、なんちゃって、お品のない言葉をつかいましたが、
みなさんが、儲けもの・・・と言ってくださるので、うれしいです。
桜がみられたし、こんなおもしろいカエルにも会えたし。。。
このカエルは、じっと止まったまま動かなかったので、もしや
プラスティック製かな?と思ってよくみていたら、のどがぴくぴくと
動いていました。そして、あっという間にジャンプしました。
面白い動作で、しばし見とれました。(笑)
<< 【665】熱帯植物はおもしろい 【663】下田、爪木﨑の水仙 >>