【663】下田、爪木﨑の水仙

新しい年を迎えたばかりというのに、一月は密やかに去り、
二月になってしまいました。

昨年来、気に入って出かけている伊豆半島南端の下田市。
天皇陛下の別荘、御用邸を過ぎて、しばらく行くと、海岸に出る。
岬の突端を爪木崎(つめきざき)と言う。
普段は、なぁん~にも無い海岸だけれども、1月に水仙祭りが行われると聞いて出かけて行った。
祭りの最終日、1月31日の午後。暖かな陽光が海岸を包み、
白い水仙のかぐわしい香りが立ちこめ・・・人影も少なく、そぞろ歩きにはよい雰囲気でした。
c0128628_2061833.jpg

アロエの花というのは、こんなボサボサ頭の赤い入道のような形です。
この辺りには、どこでも自生していて、思う存分に繁茂しています。
c0128628_2064778.jpg

水仙もこの辺りの野水仙で、球根ですから、どんどん増えていくのでしょう。
c0128628_2071489.jpg

どちらも園芸種の高価な花をわざわざ植えたという感じではなく、
その大らかさが青い海の景観によく合っていて、素敵でした。
c0128628_2074168.jpg

海は、珊瑚礁でもあるのでしょうか、青いところ、コバルト色のところがあって、
キラキラと輝いています。
c0128628_208583.jpg

風が一吹き吹いて、私の帽子をさらっていきましたが、冷たい風ではないので、
渚の水を蹴って帽子を追いかけ、ちゃんとキャッチすることができました。
c0128628_2083689.jpg

真ん中の黒い影は、帽子を頂いた撮影者の頭です・・・ふふふ。

by tamayam2 | 2014-02-02 20:08 | たび | Comments(8)
Commented at 2014-02-03 02:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2014-02-03 07:13
♡  cimarronさん、
東京は寒いのですが、ちょっと暖かい空気を感じたくて、
出かけました。下田ではこんな花が見られたというわけです。
寒い季節の犬の散歩は大変ね。でもきっと、散歩が健康を作って
くれていますね。Johnさん、お大事に。ウチにもアロエがあります
が、花を見たことがありません。
Commented by namiheiii at 2014-02-03 10:02
20年ほど前、清水に住んでいたころに行ったことがあります。水仙ばかりでどう撮ったらよいのか分からず帰りました。
Commented by tamayam2 at 2014-02-03 11:01
♡  namiheiii先生、
清水はいいところですね!下田に惹かれるのは、何を隠そう
魚介類がおいしいからです。帰りに干物を買って帰り、何日も
海辺の幸を楽しむことができます。この岬もこのシーズン以外
の時に来ると、どうということも無い海なのですが、アロエ、水仙に
彩られて、このときばかりは海が輝いて見えました。
Commented by kanmyougam at 2014-02-03 12:50
こんにちは。スイセンが野生のまま一帯を埋め尽くしているのはすばらしい。
その花が育ちによい環境なのでしょう。
海岸線にアロエが群生しているのもそうですが、
暖かいところなのですね。
花が特徴のある姿で咲いていますね。
Commented by tamayam2 at 2014-02-03 16:11
♡  kanmyougamさん、
寒くて縮こまって過ごしておりましたが、えぃ!と腰を上げ
伊豆半島へ。ここは、本当に温暖で、久しぶりにコートなしで
歩けました。久しぶりに海岸を歩いたら、いい気持ちでした。
kanmyougamさんの絵のように高いところから眺望できる
場所も探してみましょう。海の生物がご専門の昭和天皇が
この地がお好きだったということがよくわかります。
Commented by nenemu8921 at 2014-02-04 21:46
水仙の群落、見事ですねえ。
アロエは異国情緒がありますね。
アフリカへ行った友人の話では、アロエがビルほどの高さになっていたとか。
想像がつきませんね。(^_-)-☆
Commented by tamayam2 at 2014-02-05 07:41
♡  nenemuさん、
へーえ!ビルの高さほどに育ったら脅威ですね。でも、なんだか
うなずけるほど、生命力が強そうな植物です。いじめられたら、
ますます強くなるような、強さがあります。いろいろな薬効も
あるようで、石鹸や化粧品も売っていました。それも、信じられ
そう・・・ふふふ
<< 【664】バナナワニ園 【662】沖縄で見た植物たち >>