【659】中央区明石町

歳末に、買い物目的ではなく、人出を見に築地に行こう、と家人が
誘うので、断る理由もなく従った。
案の定、築地場外市場は、ひどい混みようだったので、裏手の
聖路加国際病院のほうへ歩いていった。
c0128628_1156976.jpg

聖路加(せいろか)と呼びならわしているが、聖ルカのことで、
新約聖書ルカ伝や使徒行伝の筆者で、医者と伝えられる。
だから、世界中にSt. Luke's Hospitalがある。
地番でいうと、中央区明石町10番地。
c0128628_11565422.jpg

この辺りは、明治の初期に、外国人の居留地区になっており、たくさんの
ミッショナリ―(キリスト教の伝道者)がこの地に住んでいた。
そこに建てられた学校は、俗にミッション・スクールと呼ばれ、今の
雙葉学園、明治学院、女子聖学院、女子学院、暁星学園、青山学院・・・等々
がこの地で誕生した。関西では、「八重の桜」の同志社が生まれたころであろうか。
私の母校(高校)もこの辺りが発祥の地と聞いていたので、一所懸命に探したら、
聖路加看護大学の敷地内の植え込みの中にあった。母校は、今年創立146年。
c0128628_11572690.jpg

そのすぐ近くには、慶応義塾大学の碑が。昭和33年に百周年を祝われたというと、
今年は、156周年か?! 
c0128628_1158239.jpg

近くの公園には、蘭学発祥を記念してシーボルトの像があった。
シーボルトは、1826年にオランダ商館長に随行して江戸に来ている。
c0128628_11583734.jpg

私は、2006年にオランダのライデンを訪ね、植物園の中のシーボルト庭園で
シーボルトの像を見た。日本の像は、胸に勲章をたくさんつけちゃって、えらそう!
フィリップ・フォン・シーボルト(1736-1886)
過去ログ:2006年10月 “シーボルトとあじさい”
史跡巡りの後は、佃大橋を渡り、隅田川の対岸、佃島(つくだじま)へ。
c0128628_1203184.jpg

中央大橋の左側にスカイツリーが見えた。
佃島は、佃煮(つくだに)の語源になった島。今でも小魚を捕る漁船が見える。
c0128628_1234684.jpg

若い人は、佃煮など好きじゃないかもしれないが・・・お正月のゴマメ、
小女子のクギ煮、昆布、アサリ、小エビの佃煮・・・白いご飯に佃煮があれば、
日本人はたいていうれしい。
c0128628_1241950.jpg

c0128628_1244338.jpg

あちこち興味深く見て歩いていたら、日も傾き、先ほど渡った佃大橋の向こうに聖路加国際病院
だろうか、高いビルが見える。中央が渡り廊下で結ばれて、ツインタワーのよう。
あの102歳の日野原重明先生は、エレベータを使わないで階段を上り下りして、勤務なさると
と聞いている。しばらく歩いて、大江戸線月島駅から帰途についた。

[PR]
by tamayam2 | 2014-01-04 12:05 | 日々のできごと | Comments(14)
Commented by smallcreature at 2014-01-04 16:20
築地明石町というと、鏑木清方の美人画を思い出します。(キャラクターが違いますが笑)
今年もいろいろおしえてくださいませ。^^
Commented by tabikiti at 2014-01-04 16:28

新年 おめでとうございます。
築地一度行った事がありますが、活気が有り良いですね。
尊敬する、日野原重明先生の言葉を思い出しました。

習慣に早くから配慮した者は、
おそらく
人生の実りも大きい。
Commented by echaloter at 2014-01-04 17:15
あけましておめでとうございます。

最近築地においしいお豆屋さんがあることを知って、築地に再び興味を持ち始めたところでした!
母校発祥の地が見られてよかったですね。
私の母校も、もう130年くらいになるかな。

オランダのシーボルトさんの方がいいですね~。
「むむ、これは興味深い植物じゃ・・・」そんな表情!?

佃煮、大好きです♪

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by tamayam2 at 2014-01-04 18:36
♡  smallcreatureさん、
私の頭は、 smallcreatureさんと鏑木清方がどう繫がるのか
考えていると???になります。彼は、東京下町の芸者さん
などを好んでモデルにしたのでしょう。江戸情緒を愛していた
ことは確かですね。お宅のBlogは大好きです。私は、虫と名
が付けば、蛾でもチョウでもカメムシでもなんでも好きなのです
から・・・今年もよろしくお願いします。
Commented by tamayam2 at 2014-01-04 18:43
♡ tabikitiさん、
旧年中は、暖かいコメントありがとうございました。
日野原先生の言葉・・・
>習慣に早くから配慮した者は・・・ほう!そんなことをおっしゃって
いるのですか。私は、悪い習慣ばかり持っており、人の忠告も
あまり聞かないガンコ者なので、人生の実りは期待でき
ませんなぁ(嘆)その最たるものが、晩酌です。。。 
Commented by tamayam2 at 2014-01-04 19:05
♡  echaloterさん、
あなたの手仕事、きれいですね。お母様を思いながら水仙の
刺繍をなさるなんて、私までジーンと来てしまいました。
今年もどうぞよろしく!
オランダのシーボルトさんは、おそらく若いころですね。
日本のは、老年に達してからでしょう。植物に関心があれば、
どうしてもシーボルトの命名した日本の植物が気になります。
おそらく、日本の植物の多様さに目を見張ったのでしょう。
ドイツのWurzburg出身の方ですが、そこにもシーボルト
博物館があります。
Commented at 2014-01-05 03:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2014-01-05 19:44
♡  cimarronさん、
築地の場外市場は、歳末はイモの子を洗うような騒ぎでしたよ。
大きな荒巻鮭、お節料理の材料、のり等、たくさん売っていました
けれども、老夫婦の家庭ではモノは大量には要らず・・・見物
だけ。あの中にあるお茶屋さんは、私も好きです。アメリカの
孫たちもふりかけが大好き、あれは、軽いし、安いしおばあちゃん
の懐は痛まないから時々送ってやります。こちらは、かなり
寒いですが、雪は降っていません。
Commented by ikutoissyo at 2014-01-06 10:44
新年早々、思いがけない模擬散歩をすることが出来ました。
足を運んだことのない土地ばかりで、説明にいちいち「へぇ~」と感激しています。
いつか友人を誘って歩いてみたいと思います。
一人だと迷子になりそうで・・・。

今年もいっぱいわくわくさせてくださいね。
Commented by tamayam2 at 2014-01-06 12:48
♡  ikutoissyoさん、
はい、私もこんなexcitingな場所とは思ってはいなかったので、
余計うれしかったです。高校時代の女友達をさそって、母校の
碑をみて歴史散歩、その後お寿司屋さんで昼食(お寿司屋が
多い)、ぶらぶら佃島を散歩して・・・という散歩コースが考えられる
なぁ~と思ったことです。浜離宮公園も近くです。行動力があれば、
浜離宮から浅草まで船で行くこともできます。今年もどうぞ
よろしくお願いいたします。
Commented by アンデレ at 2014-01-06 16:31 x
今年もなんとか元気で新年を迎えることができ感謝です。聖路加病院の近くの通りが聖ルカ通りと名付けられてることを初めて知りました。私が在京時代(30年ほど前ですが)そんな通りは無かったように思います・聖路加通りとせず、聖書記者の聖ルカとしたことは誰の発案だったのでしょうか。聖書にちなんだ地名は日本ではほかにない地名だと思います。
ルカが医者であったとゆうこともあなた様のお話で初めて知りました。画家の守護神とゆうことは聞いたことがありましたが。この病院は大阪の聖バルナ病院とともに私たちのアングリカンのミッション病院です。
日野原理事長はイエスの生まれ変わりではないかといつも感じています。
Commented by echoes06 at 2014-01-06 17:41
あけましておめでとうございます。
本年もゆる~いお付き合いをお願いいたします。いひひ

佃煮があれば、ご飯がすすみますよね~。
Commented by tamayam2 at 2014-01-06 23:29
♡ アンデレさん、
アンデレさんは、今年87歳におなりになるのですね!
素晴らしいことです。ご健康に恵まれよい一年となりますように。
私もこの辺りを初めてゆっくり歩きましたが、聖ルカ通り とは
珍しい名だと思いました。ルカがお医者様であったことは、
コロサイの信徒への手紙4章14節に出ております。パウロは
余り体が丈夫でなかったので、医者を随行させていたのか??
画家の守護神であるのも事実です。本当に日野原先生のご活躍
ぶりには、ただただ驚きです。音楽もなさるし、人の倍ぐらい人生
を謳歌されていますね。(*^。^*)
Commented by tamayam2 at 2014-01-06 23:41
♡ echoes06 さん、
はいはい、ゆる~いお付き合い、ありがとうございます。
よろしくお願いします。関西人の口ぶりがおもしろくって・・・
写真のキャプションの付け方がおもしろくて・・・
いつも、クスリ、クスクスと笑わせていただいております。
それで、はっと気づいて写真を見れば、それが、実にお上手。
お勉強にもなります。街歩きが植物観察と並び私の関心事に
なってまいりました。街をどういう風に切り取るか・・・これは
写真の話でなくて、大げさに言えばその人の人生観だわねぇ~
世界を楽しく、ゆったり見たいですね!
<< 【660】デンジ草 【658】新年、おめでとうございます >>