【654】仙人サボテン

先月、伊豆半島の海岸沿いの道でウチワサボテンを見た。
つぼみがついていて、私の背より高かった。木と言ってもよいくらい。
仙人ウチワサボテンとも言われる。
c0128628_919148.jpg

c0128628_9194393.jpg

トゲトゲがあるから、触らなかった。
ものの本によれば、サボテンのトゲには、「返し」がついており、
刺さると抜けずに折れる。トゲは、樹木の葉に当たり、それが地面に落ちると、
そこから発根する。
ウチワサボテン亜科(Opuntioideae)は、重機で踏みつぶしても破片から再生する。
だから、世界の侵略的外来種ワースト100に選定されている。
c0128628_9202893.jpg

            上は、Opuntia brasiliensis というブラジル原産の種類
サボテンの原産国は、南北アメリカ大陸、今や、アフリカ、オーストラリアにも侵出している。
もちろん、日本にも。
一旦入ってしまったら、厳寒地以外、そうとうに過酷な環境でも子孫を増やすことができる。
c0128628_9205434.jpg

鉢植えの小さなものは、かわいいけれども、管理を怠ったら、始末に負えなくなる。
少々水やりを忘れても、成長するサボテン類は、若いときには、あまり関心が
なかったが、最近惹かれるものもある。

ウチワサボテン以外にも、下の写真で見られる葉が棒状のものもある。
月下美人のような、一夜かぎりの美しい花を咲かせるものもある。
また、ドラゴンフルーツのような果物もサボテンの仲間。
中南米では、サボテンを野菜や果物としてよく利用されているということだ。
c0128628_9213030.jpg

c0128628_9215144.jpg

上は、今年5月、伊東のシャボテン公園で見たもの。花が豪華だったが、
葉は茎と同じように細い棒状のものだった。これもサボテンの一種らしい。
名がわからないので、ずっとお蔵入りになっていたが・・・。
c0128628_9231353.jpg

こちらは小豆島の民家で見た鉢植え。赤い花が咲いていて、クリスマスのリース
のように見えた。

[PR]
by tamayam2 | 2013-12-13 09:23 | たび | Comments(4)
Commented by kanmyougam at 2013-12-13 10:51
おはようございます。
サボテンの花はどの朱も綺麗ですね。月下美人から・・・最後の画像のサボテンまで植えて楽しんだ経験がありますが、
月下美人を強い霜にあわせて枯死させてしまってすべて姿を消した。
育てやすいようで気難しい植物であったと思っています。
孔雀サボテンは水管理が難しくてバラバラにばらけてしまった。
時々軒先にあるのを見かけるが株分けしてもらって植えてみようと言う帰にはならないでいる。
育てるものとして失格なのだろう。
Commented by tamayam2 at 2013-12-13 12:33
♡  kanmyougamさん、
だんだん年の瀬が近づいてきました。
以前に、お宅のBlogできれいな月下美人の写真を見せて
いただいたような記憶が・・・やはり、寒さに弱いのですね。
月下美人、孔雀サボテン・・・園芸種のきれいな花を咲かせる
ものは、おっしゃるとおり、
>育てやすいようで気難しい植物であった・・・・納得!
手をかけても枯れるものもあり、難しいですね。サボテンを含め
このごろ多肉植物の強さ、逞しさに関心を持っています。地味ですが、
無口で強いという点が気に入っているのかもしれません。
Commented by tabikiti at 2013-12-13 15:25
ご近所にも
2メート以上の、樹のようなウチワサボテンがあります。
仕事場に はアロエと、金のなる木の鉢を置いてます~^^
Commented by tamayam2 at 2013-12-13 20:00
♡  tabikitiさん、
ほう!まるで樹ですね。ウチのほうにもそういうお宅があったの
ですが、昨年バッサリと。
アロエは、アロエ科、金のなる木は、ベンケイソウ科の共に
多肉植物です。金のなる木は、実は木性ではなく、草本です。
花月という美しい名もあり、5円玉がなっていたりすると、ちょっと
俗っぽいですが、花は繊細できれいですね。西洋でも鉢植えにされ
大事に扱われていました。やはり、お宅のほうは、温暖な気候です
からよく育つのでしょう。
<< 【655】木の実いろいろ 【653】今日は聖ニコラウスの日 >>