【647】秋の野に咲きたる花を数えれば

秋の野に咲きたる花を数えれば・・・というような歌が万葉集にあったような気がします。
11月の声を聞くと、あれ!もう、そんな・・・とちょっとあわてます。
c0128628_1544921.jpg

先日、晴れて気持ちの良い日、三鷹市の野川公園に出かけてみました。
秋の七草の代表格、尾花、現代語では、ススキ
ススキが風にそよいでいる風景は、実に日本的です。
c0128628_15443760.jpg

秋の野は、キク科の植物がたくさん。
野菊の類は、とてもとても種類が多くて名前がなかなか覚えられません。
上は、シロヨメナ、黄色いのはヤクシソウ
c0128628_15453623.jpg

よく見かけたのは、ノハラアザミ
c0128628_1546233.jpg

コウヤボウキ(高野箒)は、野趣がある花。
c0128628_15461987.jpg


面白いのは、ゲンノショウコ(現の証拠)の種を飛ばした後の果柄が、
わっしょい、わっしょいのお神輿みたい! 別名、ミコシ草
c0128628_15464865.jpg

あ、余談ですが、わっしょいは、韓国語の来る(온다)の過去形、왔다(ワッタ)
あるいは、敬体、오셨다(オショッタ=いらっしゃいました)から来たと言われて
います。「神様がいらっしゃった!いらっしゃった!」が、
わっしょい、わっしょいに聞こえるのだそうです。
日本語には、中国や朝鮮半島の言語からの影響が至るところで見られます。

c0128628_15471477.jpg

ヒヨドリジョウゴは、まだ完熟していません。
ヒヨドリの餌になるのかしら。
c0128628_15473740.jpg

帰化植物のヒメジョオンには、ベニシジミの♂と♀が吸蜜の最中でした。
ヒメジョオン(姫女菀)は、ムカシヨモギ属、ヒメシオン(姫紫苑)はシオン属で、
同じキク科でも別物でした。

そういう些末なこととは関係なく、秋は静かに推移しているようです。
by tamayam2 | 2013-11-01 15:48 | 日々のできごと | Comments(12)
Commented by kanmyougam at 2013-11-02 08:28
おはようございます。
秋の鼻を数えれば・・・多いものですね。
ススキを見ているとちょっとわびしくなります。

チョウたちも精一杯蜜を吸って備えるのでしょうが、
成虫でこすのが多いのか幼虫か、卵か・・・

思ってみると知識の無いことに気がつきました。
Commented by ikutoissyo at 2013-11-02 09:28
おはようございます。
ほんと、嫌ですね、もう11月ですもの。

野川公園へは、もう少し秋が進んだ頃に、行きたいと思っていました。
一人でじっくりと散策したいです。
コウヤボウキ、初めて知ったお花です。キク科なんですね。

薄日が差してきました。
Commented by tamayam2 at 2013-11-02 13:24
♡ kanmyougamさん、
私もいつも疑問に思っていることです。蝶は、どうやって越冬
するか・・・あるものは、蛹の形で、卵の形でだと思います。
成蝶の形では無理なのでは??寒い中、生物がどうやって越冬
するのか、熊などは、体が大きいから大変ですね。飲まず、
食わず、じっとしているのでしょう。
Commented by tamayam2 at 2013-11-02 13:34
♡  ikutoissyoさん、
野川公園をお勧めいただきありがとうございました。ちょうど、
小春日和の良い日でした。人影もなく、ゆっくり歩けました。
枯れた植物も多いですが、それもまた秋の風情。
コウヤボウキは、とても繊細な花、枯れるとまた、枯れた花
が黄金色に光ってすてきなのです。
Commented at 2013-11-02 14:20
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2013-11-02 16:19
♡ 鍵コメさん、
さっそくにお返事いただきありがとうございました。
そうだったのですね。(ほっ!)富士山に登っても子供は
た、た、たと今登った道を降りてきて、(なんと、もったいない)
「お母さん、はやくぅ~」などと言いますね。身が軽いのでしょう。
自分の足で歩けることの幸せを感じます。コメント、感謝。
Commented by nenemu8921 at 2013-11-04 00:12
こんばんわ。都会も秋が深まりつつありますね。
今年こそは「白く火のように燃える」ススキを撮りたいと思いつつ、なかなか
思うように行きません。
トップの画像、いいですね。(^.^)(^.^)
姫女菀、だったのね。姫紫苑かと思っていました。
春紫苑と一緒に覚えていたので。。。
いつも初心者の心で! 心せねば。。。

Commented by tamayam2 at 2013-11-04 15:03
♡  nenemuさん、
あなたのブナの林の写真、本当に見事です。森の妖精が
住んでいる奥深いところに迷い込んだみたい。キノコや
音符のような菌類の育むところ・・・
     「音符のような」という表現が生きています。
今、音楽にもちょっと取り組んでおり、しょぼつく目で、音符
ばかり眺めています。なかなか曲想がつかめなくて、苦吟
しています。
Commented by rumikoh at 2013-11-04 20:53 x
tamayamさん
643の戸隠のきのこですが、夫に見てもらったところ、ムキタケのようです。
昔は よく夫とキノコを採りに山を歩きました。
キノコを探しながらだと ゆっくり歩くので 私もついていけました。
ムキタケは 毒でなく食用で 山の中にあり やわらかいが
あまりおいしくないとのことです。
Commented by echaloter at 2013-11-04 22:58
ススキのある風景はいいですね。とても日本的に思えます。
こちらでは、パンパスグラスを見かけます。

tamayamさんんは私の行きたいところへ行ってくださるので
にこにこしながら写真をじーっと見てます♪
上高地も戸隠もとっても懐かしい場所です。
上高地の徳沢の辺りでは、初めてウバユリを見て喜んだ覚えがあります。
そこから蝶が岳の方や、涸沢から槍・穂高の山々に登ったことも懐かしく思い出しました。
でも、いつも夏だったかな。
四季それぞれ好きだけれど、だんだん秋が好きになってきてるような気がします。
特にこちらに住むようになってからかな。
蝶も冬支度ですね。カシューの毛も冬用になってきてるようです。^^*
Commented by tamayam2 at 2013-11-06 07:54
♡  rumikohさん、
すばらしいご主人ですね。これからは、キノコのことは、聞こうっと。
戸隠のキノコは、本当にぷりっと膨らんででいて、おいしそう
でした。でも、ここは、国定公園。採取はご法度です。(笑)
八百屋でもおいしそうなキノコが出ておりますと、ちょっと
乾燥させて、使います。いい出汁がでて、本当に有り難い
食品ですね。
Commented by tamayam2 at 2013-11-06 08:00
♡  echaloterさん、
そちらも秋が深まってきたようですね。素敵な刺繍の話、いつも
楽しく拝見しております。家に居る時間が少ないので、刺繍は、
いつも夢の話です。そういううちに眼が霞んできて・・・一生でき
ないかもしれません。
ドイツ人の友人と北海道を巡ったとき、ススキの原をきれい、きれい
と彼女は言い、だくさん写真を撮っていきました。そう言えば、ドイツ
では、ススキは見かけませんでしたね。カシューの毛も冬用に
なりましたか。ウチの猫も秋になり食欲が増してきました。(*^。^*)
<< 【648】短日処理 【646】チョウはそろそろ冬支度 >>