【635】波勝﨑のサル

宮崎県日向市では、サル被害が深刻化していると聞く。
野生動物を保護する条例がある以上、簡単に捕獲したりできない。
数が増えすぎると…問題になる。サルは知恵があるし、他の動物より
ヒトに似ているから、手荒なことがしにくいという心理もある。
c0128628_9295680.jpg

さて、私は、伊豆半島の東海岸に出かけたので、野猿を餌付けしている波勝﨑へ
行ってみた。食べ物をねだられたり、噛みつかれたら・・・どうしようか、
と不安な気もちがあったが、ここのサルは、管理する人たちが餌のやり方を工夫していて、
ガツガツしたところが無いのだった。自然の中で、の~んびり、日なが毛づくろいを
しているか、じゃれ合っていて、ごくごく平和な空気がただよっていた。
c0128628_930415.jpg

親子の背景には、美しい波勝﨑の海岸が広がっている。
c0128628_9312140.jpg

毛づくろいは、grooming と呼ばれている。シラミを取っているように見えるかも
しれないが、衛生上の毛づくろいではなくて、家族の絆を確認するsocial grooming
であると、サル学者は言っている。群れで生活をしているから、家族としての確認は大事
なことなのだろう。
c0128628_9314717.jpg

母ザルの手・・・子供を保護する手のしぐさはヒトと変わらない。
c0128628_932135.jpg

このサルは、水道の蛇口から水を飲み飲み、サツマイモの切れ端を噛んでいた。
新しいことを学習するのは、常に若いサルだ。

波勝﨑の海岸で見た二つの植物。
c0128628_9324585.jpg

オオオナモミ【大葈耳 キク科 Xanthium accidentale】
メキシコ原産 英名:rough cocklebur 日本の侵略的外来種ワースト100の一つ
人や動物にひっついて種をばらまく。いわゆる、ひっつき虫の一つ。有毒。
c0128628_933683.jpg

アメリカタカサブロウ【アメリカ高三郎 キク科 Eclipta alba】アメリカ原産
この名前は、非常にユニーク! 高三郎という人の名前のようである。
漢方では旱蓮草と呼び、薬効があるとされる。アーユールヴェーダでも使われるという。
やはり、外来植物であることには変わりがない。

じつは、この草の名を調べるのに非常に苦労した。海辺の植物、キク科 で検索しても
ヒットせず、困りはてて、「はなせんせ」 というサイトに投稿したら、何と、7分後に
親切な方が正しい名を教えてくださった。ネット社会のありがたみを感じるできごと
だった。「はなせんせ」のサイトは、ここ

by tamayam2 | 2013-09-16 09:35 | たび | Comments(8)
Commented by kanmyougam at 2013-09-16 11:11
管理が行き届いているように見える処でもサルの被害が話題になりますが、草でなくても時折人家や集落に現れて子どもやお年寄りが被害を受けている処が出てきましたね。
オオオナモミが時折菜園に現れますが
この繁殖力の強い事、発芽して実をつける期間が長いこと
春夏秋・・どうかしたら冬でも芽吹きます。
出てきたら掘り起こして焼くしかないようです。
実はなかなか焼けません。
Commented by tamayam2 at 2013-09-16 11:22
♡ kanmyougamさん、
ひっつき虫…オオオナモミは本当に憎ったらしいほど頑健です。
>掘り起こして焼くしかないようです・・・ものの本にもそう書いて
ありました。外来種を一旦許してしまうとえらいことになりますね。
侵略的外来種は園芸植物にも及んでいて、これから難題が
増えると思います。台風のニュースを見ていますが、京都、
静岡県・・・・大変な被害です。
Commented by ikutoissyo at 2013-09-18 23:49
子供のころ何にも知らずに、鬼ごっこをしながらひっつき虫をひっつけあって遊びました。
外来種は植物だけではなく魚でも大問題になっていますが、防ぎようがないのでしょうか?

これも子供のころ、夜店に繋がれていたサルに噛まれたことがあります。
あれ以来、どうも・・・。

台風、大きな被害を残していきましたね。
Commented by tamayam2 at 2013-09-19 01:15
♡  ikutoissyoさん、
交通手段が発達して、どんどん地球は狭くなります。知らない
うちに我々も他所の種をばらまいているのかもしれません。
私もひっつき虫で遊びましたよ。ふっふ。。。魚も虫も・・・生態系は
どんどん変わっています。ウチじゃ、このごろゴキブリを見かけません。
蚊はワンサカいますが、ハエもセミも見かけません・・・ゴキブリになんか
会いたくないですけど、居ないと思うと気になります・・・(*^。^*)
Commented by weloveai at 2013-09-22 08:41
ハエ ゴキブリ、ネズミは ほとんど見かけません。
親の仇の様にして駆除してきました。
でも、それって自分たちにも降りかかってたのではないのでしょうか、
農薬なんて冴えたるもので
薬剤は怖いと思います。

Commented by tamayam2 at 2013-09-23 13:57
♡  weloveaiさん、
私、最近台所の隅に立ててあるゴキブリのスプレーを邪魔だなぁ~
と思って片づけようとして・・・ふと思ったのです。今年は、ゴキブリが
いない・・・と。清潔社会も度が過ぎると・・・ちょっと怖いなぁと思います。
私の愛するネコはかわいい顔をしながら、時々、ドブネズミを
咥えて家の人に見せ回ります。だから、家のほうではまだ鼠は
健在みたいです。
Commented by toshiko-hana at 2013-09-23 14:04
そですね我が家でもゴキブリは姿を消しました
ホットしていますが言われて見るとその通りですね。

庭では未だ時々セミ(ツクツクホウシ)が鳴いていますよ
昆虫達は沢山遊びに来ますが~素早くて撮り難いですね(^_-)-☆

又新しい台風が北上してますね
進路の皆さまご用心下さいませ。<(_ _*)>

倉敷は当分雨不足~一雨欲しいです。
Commented by tamayam2 at 2013-09-23 14:41
♡  toshiko-hanaさん、
お宅のBlogで教わったダンギクを【636】でUpすることができました。
ありがとうございます。倉敷は雨が少ないのですね。このところ
局部的に集中豪雨が起こったり、なんだか、日本らしくないですね。
New Zealandで過ごしたとき、天候が非常に荒々しく、日照り、
豪雨、雷、雹・・・かと思うとうっとりとするほど美しい日没、虹に
出会ったり・・・日本のしっとりとした温帯気候を懐かしんだものです
が、この頃は、日本も亜熱帯かと思うほどですね。
<< 【636】Blog友の出版に思う 【634】夏の終わりに  チョウ3種 >>