【634】夏の終わりに  チョウ3種

9月には、三連休が2回もあるが、その連休が始まる前に、静岡県南伊豆
出かけた。9月も半ばというのに、暑い日だった。
本格的な秋が来る前に、私の好きな蝶を見ることができて、満足した。
c0128628_421343.jpg

1.ヒメアカタテハ【タテハチョウ科 Coynthia cardui】
お盆のころに咲くというミソハギの花に止まっていた。
バレリーナのようにいろいろなポーズで、くるくる回ってくれた。
c0128628_2114772.jpg

2.ルリタテハ【タテハチョウ科 Kaniska canace】
  こちらは、裏。黒くて、枯葉のよう。そう、まさに枯葉に擬態している。
c0128628_2173838.jpg

  ユリ科の植物を食べるというが、これは、おそらくホトトギス(ユリ科)の葉だと
  思う。ひらひら飛び回り、少しもじっとしてくれなかったが、やっと止まったので、
  撮影できた。
c0128628_219197.jpg

しっかり開翅してくれなかったが、青い筋が見えたので、ルリタテハだと
  分かった。初めてこのチョウを身近に見ることができてうれしかった。

3.クロアゲハ【アゲハチョウ科 Papilio protenor】
c0128628_219539.jpg

  朝、小雨が降る中を散歩に出たら、道端の薄暗い空地に黒い蝶が見えた。
  ショウガやジンジャー・リリーと呼ばれるショウガ科の植物の間をせわしげに
  舞っていた。暗いところに黒い蝶なので、撮影が難しかった。
c0128628_21103162.jpg

4.これは、明るい野原で。キャ!グロテスクとおっしゃる人もあろうかと・・・
  思われますが、チョウの幼虫は、だいたいこういう形なんです。
  (犬や猫の子供はかわいいのですが・・・)お許しください。
c0128628_21111016.jpg

  これは、スズメ蛾の一種、セスジスズメの幼虫。農作物につくので、農業をする人には嫌われている。
  背に筋があり、威嚇する目玉のような模様までついている。鳥などに喰われない
  ように、自衛手段なんでしょうね。体長10cm ぐらいあったでしょうか。
セスジスズメ【スズメガ科 Thoretra oldenlandiae】

by tamayam2 | 2013-09-14 21:11 | たび | Comments(4)
Commented by school-t3 at 2013-09-16 17:19
芋虫は見なかったことにします。

ジンジャーリリー、花穂が長いんですね。
今日はジンジャーと蝶をネットで検索しました。
勉強嫌いなのにtamayamさんに影響されたかな?
Commented by 寧夢 at 2013-09-16 23:22 x
幼虫の写真は迫力がありますね。
緑色の芋虫と違って、インパクトが異なる。桁違い。

さて、台風一過。とても涼しい夜になりました。
先日までは夜でも30度を超え、大変だったのに。

Commented by tamayam2 at 2013-09-17 16:28
♡  school-t3さん、
ごめんなさいね。 school-t3さんは、毛虫が嫌いでしたね。
共通の友人、doujou7さんは、好きみたいね。(笑)
オレンジ色のジンジャーは、神代植物公園で撮りました。
上のものと、種類が違うのかもしれません。でも食用の生姜
ではなくて、園芸用のものでしょうね。私は、植物図鑑のロクな
ものも持たず、たいていインターネットで調べます。
Commented by tamayam2 at 2013-09-17 16:34
♡ 寧夢さん、
関西方面は、台風はいかがでしたか?有名な観光地、京都嵐山
の渡月橋の周辺、伏見の辺りも浸水と聞き驚きました。関東にも
このごろ日本では珍しいと思っていた竜巻が発生することがあり・・・
changing climateという言葉が現実のものとなったと感じます。

今日は、クーラーなしで過ごせそうでほっとしています。お元気で!
<< 【635】波勝﨑のサル 【633】ようやく暑さがやわらいで >>