【631】ゴマとツルナ

9月になりました。東京地方は、やはり暑い。
そろそろ猛暑ともお別れがしたいですね。

①先日、畑で、ゴマがすくすく育っているのを見ておりました。
c0128628_21302078.jpg

ゴマの実がびっしりと付き、後は、刈り入れを待つばかり・・・(赤い→の部分)
ゴマが大好きな私は、うっとりと眺め、花もよく見たいと思い、花の部分の
写真を撮ったのです。帰ってきてから、パソコン画面上で花の部分をよーく見て、びっくり仰天!?
c0128628_21304796.jpg

(赤い→の部分)に幼虫がしっかり写っておりました。
スズメ蛾の幼虫でしょうか。
追記:Blog友dojou7さんのおかげで、これは、シモフリスズメガと判明。ありがとうございました!

葉の葉脈と同じような模様・・・何と上手に隠れているのでしょう!

以前にツノゴマの写真を出しましたが、
過去ログ:ハローウィンの季節 ツノゴマ 2010.10.23
c0128628_21312845.jpg

こちらは、黄色の花のツノゴマです。果実がふつうのツノゴマは、10㎝ぐらいなのに
対し、キバナツノゴマは、15㎝もあり、これを食べた動物は、ツノが口に刺さり、
抜けなくなって死んでしまうということです。別名、ライオン殺し。
一方、キバナツノゴマは、葉の表面がべたべたしており、昆虫が触れると脱出できない
そうです。食虫植物としても最近知られるようになりました。
二重、三重に恐ろしい戦略を使って生き延びる植物です。

② カンカン照りの戸外で、デロスペルマという花が勢いよく多肉植物らしい枝を伸ばしていました。
c0128628_2132135.jpg

これは、園芸名リヴィングストン・ディジーや松葉菊と呼ばれる植物たちと同じ仲間です。
暑さをものともせず、鮮やかな花を咲かせています。
c0128628_213333.jpg

花は、キク科のように見えますが、デロスペルマの仲間は、何と、ツルナの仲間です。
c0128628_21531751.jpg

ツルナは、New Zealand spinachとか、浜ホウレンソウとか言われて、食用になります。
高級野菜のアイス・プラントも同じ仲間。
食べると塩味がするのは、海水をも吸収して育つからです。
ツルナ科は、ハマミズナ科とも呼ばれ、南アフリカ、アジア、オセアニアなどの乾燥地帯に生える強靭な植物。
サボテンのような形態を持つものさえあります。
ツルナの種は、四角い形をしており、ころころと転がり、海に落ち、海流に乗って遠くに運ばれるそうです。(海流散布という方法)

だから、学名には、四角形を表す、tetragon が二つもついているのです。
ツルナ【蔓菜 ツルナ科 Tetragonia tetragonioides】

[PR]
by tamayam2 | 2013-09-01 21:36 | 日々のできごと | Comments(8)
Commented by ikutoissyo at 2013-09-02 10:02
いつまでも暑いですね。

青虫さんが上手に隠れていましたね。
これは蛾なんですね。
カメラを持つようになって、それまで毛嫌いしていた幼虫たちが、かわいいと思うようになりました。

↓のラッパ飲みのお話、TVドラマの中で缶ビールをそのまま飲むシーンが多くなりました。
食卓で、です。
これが普通になっていくのでしょうか!
Commented by tamayam2 at 2013-09-02 13:53
♡  ikutoissyoさん、
この頃は、撮った写真をパソコン上で拡大してみることができ、
思わぬ発見をすることがあります。私は、虫愛ずる人ですから、
うれしいですが、大概の女性は、キャっと叫ぶでしょうね。(笑)
食卓で、缶ビールを出されたら・・・ちょっとむむむという感じですね。
グラスに注いて泡を盛り上げるのが、楽しみです・・・手間暇かけて
ちょっとした儀式を楽しんで・・・乾杯という瞬間のうれしさ!
Commented by ふく at 2013-09-02 15:27 x
また早口言葉ですね。
テトラゴニアテトラゴニオイデス
これでいいかな。
恐ろしいのやみかけ清楚なのや
相変わらずおもしろーい!
Commented by Keicoco at 2013-09-02 17:13 x
青虫くん、一瞬気づきませんでした。矢印をたどって気がつきました。私も虫愛づる人ですが、触ることはできないですね。特に蛾のお母さんの毛虫はすごい苦手です。
Commented by tamayam2 at 2013-09-02 19:32
♡ ふくさん、
はい、早口言葉で、正しいです!ラテン語は、すべて日本風に
ローマ字読みすれば、よいのですから楽ちんです。私がラテン語
で植物名を覚えようと思ったのは、2007年ですが、それから6年
経つと、門前の小僧習わぬ経を読む的に少しは、意味がわかる
ようになり、うれしいです。サボテンの類、蔓菜の類、おとなし
そうに見えて成長を続けると、だんだん馬脚を現し・・・大変なコトに
なります。ふふふ
Commented by tamayam2 at 2013-09-02 19:36
♡  Keicocoさん、
われわれの眼は、見たいものだけを選択的に見ているのですね!
年を取るとだんだんその傾向が強くなり、唯我独尊的になっては
困りますね・・・・こんなそそかしいことをやらかしては、自分を
笑っておりまする。ふふふ
Commented by semineo at 2013-09-03 15:12
こんにちは
ゴマに付いている幼虫、見事に葉とそっくりですね。
これでは拡大し、じっと見ていないと・・・
赤矢印がないと見過ごしてしまいそうでしたよ。
 
キバナツノゴマのライオン殺しという別名
怖ろしい植物もあるのですね。
こうして自分では調べられない事を教えて頂けて、
嬉しいブログです<(_ _)>。
Commented by tamayam2 at 2013-09-04 07:49
♡ semineoさん、
この暑さ・・・ものともせず、登山されたお話うかがい、私もどこか
に行きたくなりました。夜、暑くて眠れないと、昔読んだ本など
取り出して読んでいます。落雷とか竜巻、台風・・・などなどTV
が伝えています。日本列島は、大荒れですね。早く気候が安定して、
秋の野原に出かけたいですぅ~!!
<< 【632】町の写真館 【630】ラッパ飲み >>