【626】南米のラン

先日、神代植物園の温室で、めずらしいランを二つ見た。
c0128628_20283223.jpg

一つは、コロンビアのもの、もう一つはエクアドルのもの。
c0128628_2029861.jpg

ドラキュラ系のランで、猿面に似ているものもあり、宇宙人のようなユニーク
な姿をしている。いずれも1400m~2200m級の高山の密林の中に咲いているという。
とても貴重なランだと思う。
c0128628_20293083.jpg

2011年9月に京都府立植物園で、同じく宇宙人のような植物を見た。
こちらは、ランの種類ではなくて、ウマノスズクサ科だった。
原産地はエルサルヴァドル(中米)のもの。
南米、中米の高地になどおそらく一生行くことはないだろうから、よく見ておこう。

こんな真夏に野外に生えている植物は、ほとんど夏枯れ状態だ。
c0128628_20305849.jpg

おっ、こんなところにアーティチョークの花が!
朝鮮アザミとも言い、食用になる。だたし、食べられる部分はほんのわずかだが・・・
一種の珍味だ。
アーティチョーク【キク科 Cynara scolymus】
c0128628_20312022.jpg

こちらは、数年前イタリア、ローマのレストランの門前で撮影。

アーティチョークが生け花のように籠に盛られていた。でも、やはりこれは野菜籠で、
レストランで前菜として出されるものだろう。
c0128628_20342850.jpg

c0128628_20345140.jpg

公園の植え込みには、すでに時期の過ぎたアジサイの花が残っていて、
剪定をする人が花をバサバサ切り捨てていた。
c0128628_2035776.jpg

緑や青紫の枯れ花も、すがれた美しさがあるのに・・・。

by tamayam2 | 2013-08-12 20:35 | 日々のできごと | Comments(8)
Commented by BBpinevalley at 2013-08-13 06:11
先日は、コメントをありがとうございました。
オークランドに長くお住まいだったのですね。
私は、まだ5年経ったばかりですが、100%馴染んだとは言いがたいです。
来年は、1年間、アメリカに戻ろうかと考えています。

南米の蘭、私も似たようなのを(色違いかしら)温室で育てていましたが、2〜3ダメになってしまいました。 ニュージーランドは冬の湿気がキツく、根腐れするようです。

アーティチョーク、大好きな食べ物です。 ローマは特に美味しいアーティチョーク料理が味わえますね。

この前の記事の「終戦のエンペラー」、ぜひ観てみたいです。
Commented by weloveai at 2013-08-13 08:52
>高山の密林の中に咲いているという
姿かたちが深海にすむ生物の姿と似てるような気がします。
人の目から遠いほど原始的な姿なのでしょうか?
宇宙人の姿の様な・・・そうとも言えますね。
不思議な形です。

どこまでも広がるアーティチョークの畑を見ました。(カルフォルニア)
一度、生を食べてみたいと買って茹でました。
食べると所はどこと?と言う位少なくて白アスパラの様な味でした。

Commented by tamayam2 at 2013-08-13 10:07
♡  BBpinevalleyさん、
未知の方で、Aucklandにお住まいというので、懐かしくなり
コメントを残しました。Aucklandは、海に囲まれ美しいところ
でしたが、夏は亜熱帯のような気候で、冬は、けっこう寒かったですね。
暖房設備がなかったので、パネルヒーターや電気毛布をWarehouse
というスーパーに買いに行きました。pinevalleyという名から
EpsomのOne Tree Hillを思いだします。アメリカにもお住まいが
あって、二つの違う国の方々との交流を楽しんでおられるご様子ですね。
これからもどうぞよろしく!
Commented by tamayam2 at 2013-08-13 10:16
♡  weloveaiさん、
植物に関心があるので、何でも撮影しておりますが、こういう
特殊なものは、どう扱ってよいか・・・学名を調べ、原産国を調べ、
遠い国の密林に行ったような気持ちを楽しんでおります。昔
やっていた切手収集のような楽しみでしょうか。
>どこまでも広がるアーティチョークの畑・・・ああ、カリフォルニア
で栽培されているのですね。祖父が明治年間にカリフォルニア
Watsonvilleという場所で牧師をしていて、その場を見たいと
思って訪ねたことがあります。レタス、イチゴの畑がずっと続いて
いました。日系の1世はそういうところで、使われていたようです。
アーティチョークはオリーブ油漬けになって食卓に上るのかも
しれませんね。

Commented by 虫林 at 2013-08-14 17:21 x
tamayamさんの花の写真は雰囲気があっていいですね。
僕もランの花は好きで、植物園でも野外でも気になります。
南米や東南アジアのいつも霧が発生する幽玄な高地に咲く
ランを思うと胸が熱くなります。
Commented by tamayam2 at 2013-08-15 06:34
♡  虫林さん、
蝶や甲虫の写真をいつも、うっとりと拝見しております。
ずっと前に見せていただいたアルゼンチンのイグアスの
滝とチョウの写真、ああいう場所に居合わせたら、どんなに
心躍ることでしょう。>いつも霧が発生する幽玄な高地・・・
そういう場所に立つことはできないでしょうが、arm-chair
botanistとして、植物や昆虫の世界を想像して楽しんで
おります。ふふふ
Commented by neimu at 2013-08-16 10:21 x
昨日家族で始めて筑波実験植物園に行きました。
水草も楽しかったし、世界最大の蘭というのも見ました。
花茎が18本だそうで・・・。
花は余りかわいらしい柄ではありませんでしたが。
毎日色んなところに出かけ、見たり聞いたり・・・。
Commented by tamayam2 at 2013-08-17 02:17
♡ 寧夢さん、
暑いのに遠くで大変だったでしょう。でも、あそこは、本当に
素敵な植物園です。温室がすばらしいですね。いつも、何かしら
発見があります。植物好きな外国人をお連れすることもあります。
東京には、いろいろな植物園があり、それぞれ面白いのですが。
ココなら、きっと満足してもらえると思えるところがありません。
東大の関係している小石川の植物園は・・・資金難なのか・・・
activeと言えない点が非常に残念です。
<< 【627】ヒコウキソウ 【625】映画「終戦のエンペラー」 >>