【625】映画「終戦のエンペラー」

来週には、8月15日、68年目の敗戦記念日がやってくる。
昨日、「終戦のエンペラー」という映画を観た。
公式HPはこちら
マッカーサー元帥、この話の主役、フェラーズ准将は、米国人の俳優で、英語の場面が多い
ハリウッド製映画だが、出演者の多くは、日本人である。
どの役もぴったりのはまり役で好演している。
原作者は、岡本嗣郎。『陛下をお救いなさいまし・・・河井 道とボナ・フェラーズ』
という本が基になっている。
c0128628_15263921.jpg

上の写真は、映画の一場面。
日本人なら、だれでも、1945年9月に撮られた似たような写真を見たことがあるだろう。
長身のマッカーサーがラフな格好で腰に手を当てて立っているその傍らに、昭和天皇が正装で
お立ちになっていらっしゃる写真のこと。

この写真がどんな状況で撮られたのか、
戦争を始めたのは誰か、終わらせたのは誰か、
戦後どうして天皇陛下は処刑されなかったのか、
玉音放送はどんな状況で録音されたのか、
マッカーサーは、どうして日本の再建をめざしたのか・・・
時期的によい時に公開された。あまり昭和史にくわしくない私にも、よく理解
でき、印象が深い映画だった。
c0128628_15285489.jpg

さて、こちらは、尾瀬で見たツルアジサイ。高い梢のほうに花が咲いている。
木道で立ち止まって撮ったときには、この蔓の先があまりに高いので、足許が
ふらつきそうになった。
c0128628_15295423.jpg

こちらは、ツルアジサイによく似て他の木に絡み付いて伸びるイワガラミ
木だけでなく、文字通り岩にも絡み付いている。
c0128628_1530423.jpg

こちらは、北海道で見たツタウルシ。秋にあるとまっ先に紅葉して美しいが、
かぶれるとえらいことになる。
この三つはなかなか区別がつかなかったが、今夏、やっと区別がつくようになった。
c0128628_15311522.jpg

こちらは、葉の先が白くなるマタタビ(猫の好物ですね)
c0128628_1532436.jpg

岩の周りにつつましく生えていたゴゼンタチバナ。7月の尾瀬では、最も
よく目についた植物。
c0128628_15323395.jpg

赤い実がつやつやと光っていたツルコケモモ(?)
友人が食べてみて何ともなかったので、毒ではなさそう・・・

by tamayam2 | 2013-08-09 15:33 | 日々のできごと | Comments(10)
Commented by echaloter at 2013-08-09 22:13
tamayamさん、こんにちは。

戦後68年になりますね。
私は戦後20年に生まれたんだなって子どもの頃の環境を思い出します。両親や親戚から戦時中の話をよく聞きました。

ゴゼンタチバナ、懐かしく見入ってしまいました!
↓の鹿の子百合もこちらでは見かけないので、とても新鮮に見えます。
亜麻の種を、今年はジャガイモ畑の横に撒きました。
じゃがいもに寄ってくる害虫を避けてくれるらしいです。
今日、薄い紫の花が咲きました♪
Commented at 2013-08-09 23:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2013-08-10 09:06
♡ echaloterさん、
昭和20年生まれですか。私の学年にもいました。同世代ですね!
母から防空壕に逃げた話などよく聞きました。
亜麻には、害虫除けの薬効もあるのですね。知らなかった。
涼しげな花、好きです。
ゴゼンタチバナの花の後は、真っ赤な実になります。
秋には、これがとてもかわいらしいです。
東京は、猛暑とか・・・そちらも暑そうね。でも、農作物が実るため
には、この暑さが必要かな。
Commented by tamayam2 at 2013-08-10 09:12
♡ cimarronさん、
このような絡み付く蔓は、絡み付かれる樹木には害を及ぼさない
と言われています。でも8年もかかるのね。尾瀬の山中で見た
ものは、老大木に絡み付く2,30mもあるものでした。何十年も
かけて這い上ったものと思われます。映画”The Butler"は
日本ではまだ未公開のようです。ぜひ見てみたいですね。
Commented by namiheiii at 2013-08-10 10:13
昭和45年でなくて1945年ですよ。とてもショックでした。これで天皇は神ではないと否応なしに悟りました。
Commented by tamayam2 at 2013-08-10 13:50
♡  namiheiii先生、
いやぁ~大変な間違いをご指摘くださりありがとうございました。
暑さのせいか頭がぼぉ~として・・・特に数字になると間違いが
多くなります。一場面に、天皇のことを尋ねられた、木戸が
急に立ち、陛下のお気持ちはこのようです、と言って
御製(和歌)を(歌会始めのような節まわしで)歌うところ
があります。米国人は、何事が始まったかと思ったことでしょう。
天皇は、意見や気持ちを直接述べないということが、理解
しづらい点だと思います。
Commented by rumikoh at 2013-08-10 13:59 x
昨夏 北海道で始めて 大木に絡みつくマタタビやツルアジサイを見た時は 何の木だろうか と 車窓から よく見て 絡み付いているアジサイのようなものだと理解するまで 時間がかかりました。
絡みつかれる樹木には害を及ぼさないのなら 一安心ですね。

母が怖いものは 夜のB29の飛行機の音だと言っていたのを良く思い出しますが 昭和19年生まれの私たちは子や孫に親世帯の戦争の体験をを伝えていかなければならないですね。
Commented by tamayam2 at 2013-08-10 17:55
♡  rumikohさん、
昭和19年生のわれわれは、来年は古稀です。
「人生七十古来稀」と杜甫が言った年です。嗚呼・・・
B29とか防空壕とか、よく聞かされたものですが、赤ちゃんだったので、
実感がありません。連れ合いは、私より年上なので、いろいろ
記憶があるようです。今の時間を大事に、「おばさんの感慨」も
この場を借りてしっかり言っておこうと思っております。
Commented by echaloter at 2013-08-11 22:43
tamayamさん、あー、同世代じゃなくて残念!
私、戦後20年、昭和40年生まれです。
母は、昭和7年生まれでした。
東京大空襲の際に近所の池の中に浸かって火を避けた話などをよく聞きました。

亜麻の花、薄い紫に近い青ですね。
とっても清清しい色で、好きな花のひとつになりました♪
Commented by tamayam2 at 2013-08-12 07:09
♡  echaloterさん、
すみませ~ん。読み間違えました。昭和40年というとお若いのに
いっしょくたにしてしまい・・・。
虫を寄せ付けないという亜麻、いろいろな薬効があるのね。
アメリカのCさんは、flax seed(亜麻の種)を朝食に召し上がる
そうです。コレステロールをコントロールする働きがあるよう
です。
<< 【626】南米のラン 【624】暑いときには、熱いものを >>