【624】暑いときには、熱いものを

7月に【617】食育 のところで、孫の食生活について、驚きの報告をした
ところ、Blog友の寧夢さんから、
「近ごろでは、急須でお茶を淹れずに、日本茶や烏龍茶を市販のペットボトルの
お茶で済ます人もいる」というコメントをいただいた。
c0128628_10544065.jpg

そのことを、女性の集まりで話題にしたら、麦茶は市販の水出しパックで入れると、
夏場は、衛生上不安なので、大型ペットボトルの麦茶を買って飲んでいる・・・という方もおられた。
熱いお茶を急須で淹れる人は、たしかに少数派なのだなぁ~ということがわかった。
c0128628_105536.jpg

今日は、缶やビン、プラスティク・ボトルの回収日であるが、その量の多いこと、
驚くべき数である。確かに各戸が、大量の2L容器を出すとなれば、大変な嵩となる。

私の家では、年がら年中、熱いお茶を急須で注いでいただいておりますが、
そういうものを、客人にお出ししてもあまり歓迎されていないのかもしれない。
c0128628_10552738.jpg

中国人は、お茶を愛する国民で、常に熱い湯を用意し、中国茶を急須で
淹れてくれる。しかし、韓国人は、家庭で、日本で言うお茶を飲む習慣があまりなく、
お茶と言えば、麦茶(ポリ茶)や五味子茶(オミ茶)なども穀物茶のことを指す。
韓国人の友人によれば、お茶の文化は、仏教寺院とともに広がったもので、
庶民には、行きわたらなかったということだ。
c0128628_10554563.jpg

しかし、韓国には、以熱以治(이열이치)、邦訳すれば、熱をもって、熱を癒す・・・
という考え方があり、暑い夏に、好んで食べられのは、ウナギではなくて、
参鶏湯(サムゲタン)という若鶏一羽丸ごとのスープだ。腹に高麗人参、棗、クコの実、
もち米などを入れぐつぐつと長時間煮込んだ熱い、熱いスープ料理をふうふう汗を
流しながら、豪快に食するのです。

私が、初めてソウルを訪問したとき、7月の暑い日だったが、この日が土用の日
だったのか・・・参鶏湯(サムゲタン)を御馳走になった。そのとき、どの方から
も、以熱以治(이열이치)・・・韓国人の健康の基は、暑いときにこそ、熱い食べ物を食べて、
盛大に汗をかいて、毒を外に出す
のですよ・・・という説明であった。

先日、蓮の花を見に三鷹の神代植物園に行った。炎天下に蓮の花はあまり咲いて
いなかったが、茂みの中にヤマユリやカノコユリが咲いていて、うれしかった。
c0128628_10534813.jpg

c0128628_10541346.jpg

中国や韓国の友人が、「女性は、棗(ナツメ)をたくさんお上がりなさい。女性の
体には、良いからね」と言うナツメ、西洋やトルコでよく見たニンジンボク
涼しげな花などを見たので、Upしてみた。

[PR]
by tamayam2 | 2013-08-07 10:55 | 日々のできごと | Comments(16)
Commented by tabikiti at 2013-08-07 12:15
本当に
急須でお茶を淹れる家庭の少なった事。
水もいつの間にか、買うモノに。

最近、
土佐備長炭の
炭を洗って干したものでお水を作って飲んでます。
焼酎の水割りにしたり~^^
Commented by kanmyougam at 2013-08-07 12:28
tamayam2 さん
こんにちは。
若者や若い夫婦はお茶をいれて飲まなくなったかも知れない。

私の一日の始まりは外の景色や今日の天気を見ることから始まるが、
新聞を取り込んで、お湯を沸かしお茶をいれる。
湯の温度・茶の葉の量は長い習慣でえたもの。
お茶の種類は「ヤブキタ」というのですが、あまり見つからない・・・・。
夫婦でお茶をのむ。
これが一日の始まり。
ほどよい熱さとお茶の香りそれにお茶の渋み、しばらくして口に広がる甘い清涼感がなんともいえない。
いつの間にか少数派なのでしょうね。
Commented by tamayam2 at 2013-08-07 14:45
♡  tabikitiさん、
>水もいつの間にか、買うモノに・・・ほんと、そう言えばねえ。
昔は、水を買うなんて考えられなかった。
土佐備長炭の干したものでお水を・・・その水で焼酎を割って・・・
うぁ~おいしそ! 肴は、カツオにクレソンでしたよね。
Commented by tamayam2 at 2013-08-07 14:56
♡  kanmyougamさん、
は~、ウチの朝の始まりもお茶です。
何となく続いている習慣ですが、これが無いと一日が
始まらない。
茶筒から茶葉を出して急須に入れちょうどいい加減のお茶を
淹れて・・・そういう一つ一つの動作を無意識にやっているのね。(笑)
Commented at 2013-08-08 00:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2013-08-08 09:36
♡  cimarronさん、おはようございます。
あなたの生活は、とても健康的ですね。亜麻シードというのは、
flax seedのこと、先回に写真を出した、アマ(亜麻)の種ですね。
調べたら、コレステロールを低くする作用があるのね。ご主人は、
アメリカ人なのに、すっかり日本食党でいらっしゃるのですね。
ウチの娘婿もこの前日本に来ましたが、おにぎりは大好き、何でも
食べてくれる適応性のよい人で安心しました。子供の食育だけが
問題ですが・・・・(笑)。築地場外市場のお茶屋さん、私もひいき
にしています。
Commented by rumikoh at 2013-08-08 11:53 x
先日書いたプリンスエドワード島のホテルで頂いた生分解性プラスチック製のボトルには 「1時間に250万個のペットボトルが捨てられていて、通常のペットボトルは100年以上も埋め立て場に残るが 生分解性のボトルは1年から5年で土に戻る」と書かれています。
リサイクルされているペットボトルは 2割だそうです。

10年前までプラスチック業界の仕事をしていましたが、その頃はとうもろこしや おからなどを使った生分解性プラスチックが梱包材などに使う試みがありましたが どこまで生分解性の技術が進んだのでしょうか。

製品になると 現在では 100%生分解性ではなく普通のプラスチックも混合されて使われることが多いようで 土中や海水中で 生分解されなかったプラスチック粉末を誤食する魚等が問題だとか、、

ペットボトルは心してリサイクルされるように努めるしかないようですね。
Commented by toshiko-hana at 2013-08-08 13:04
  tamayam2 さん
 こんちは♪
 昨日は私のブログに来てくださり♪(*^・^)/有難う~♪ ございました
 間違って昨日のブログは削除しました(>_<)
 ご免なさいね。<(_ _*)>
 何時も貴女のブログは見せて頂いています、
 
 
Commented by aamui at 2013-08-08 14:45
棗懐かしい 屋根に上って食べたことを思い出しました 今殆ど木を見ません 日本の優しい味の棗が恋しいです 
私もお茶は一人分茶漉しで入れることが多くて 母の残したたくさんの急須を見ると情けないです ペットボトルのお茶をおいしいと思ったことはありません お茶を炒って香りを楽しむことはあります
Commented by KawazuKiyoshi at 2013-08-09 12:03
暑さは、熱さで制す。
とばかりに熱いラーメンを食したら
やっぱり、汗で悲鳴を上げてしまいました。
はっはは
今日もスマイル
Commented by tamayam2 at 2013-08-09 13:26
♡ rumikohさん、
カナダのプリンスエドワード島のやり方は、見習うべきものですね。
でも、日本では、もはや遅いかも・・・ ドイツでは、ホテルの朝食
で、ハチミツ、ジャムなどを小皿に取るのですが、ウエファースの
ような食べられる容器を使っています。スーパーのトレイも穀物
から作られたセルロースなどが使われていることがあります。
事務所で使っていた茶封筒も宛名に紙を貼って3~4回は再利用
しました。そのくらい徹底しないと・・・なかなかゴミは減らないわね。
Commented by tamayam2 at 2013-08-09 13:28
♡  toshiko-hanaさん、
ちょうど同じころ、カノコユリをUpしたので、うれしくなって
書きました。全国的に熱帯夜になっているようで、う~ん、
あと2週間ぐらいは我慢しないとね。残暑というのは、ひたすら
我慢ですねえ。お元気で。
Commented by tamayam2 at 2013-08-09 13:31
♡  aamuiさん、
おみ足のお具合はいかが?昔は、屋根に上がってナツメを
取るようなおてんば娘だったのね。暑いので、家にこもって
ばかりいます。出かけたいけれど、私の行きたい場所は、
たいていクーラーがないところなので・・・ふふふ。
Commented by tamayam2 at 2013-08-09 13:34
♡  KawazuKiyoshi先生、
ははは・・・私の話を真に受けて熱いラーメンを!?
私も参鶏湯の半調理製品を韓国食品店で買ってきて
食べようと思っているのですが、勇気がなくて、まだ
台所に置いてあります。お元気で!
Commented by 寧夢 at 2013-08-12 01:08 x
なつめ、実家でもたわわに実っています。
老父が植えて今年は当たり年のようです。

先週金曜日から関東入りし、余りの暑さに驚いています。
土曜の夕昏時、『深海』展を見た後、上野の不忍池の蓮を眺め、
日曜は世田谷美術館、文学館を始めて訪れました。
麦茶を作って水筒持参の日々です。
水出し麦茶は香りがないので苦手です。

さて、娘はいつまで一緒に付いて回ってくれるかな・・・。
日曜はとうとうお留守番で羽を伸ばしていたようです。
家族サービスの1週間の始まりです。

Commented by tamayam2 at 2013-08-12 03:30
♡ 寧夢さん、
さぁ、今週は、お盆休み、”家族サーヴィス”の週ですね。
この猛暑ですから、気をつけてね。水筒、日傘・・・この頃は
夕方急に夕立が降ったりしますから、雨天兼用の傘をもって
行ってね。ナツメは、涼しげで見ていて気持ちがいいです。
当たり年ですか。乾燥させて参鶏湯に入れるといいかも。
<< 【625】映画「終戦のエンペラー」 【623】からし種の木 >>