【621】水族館の楽しみ

今、夏休みだから水族館はどこも混んでいるに違いない。
そういうとき、Tamayamは水族館には足を向けないようにしているが、
水族館って、じつは、大人にとっても楽しいところだ。
c0128628_12211619.jpg

エイというのは、サメと親類のような動物でサメの鰓(エラ)が側面に
あるのに対し、エイは、平たいから、腹の下のほうに鰓があるのだそうだ。
この写真では、中央に口があり、その左右に眼のようなものがあるが、
それは、眼ではなくて、鼻腔ということだ。実の眼は、頭とおぼしきところに
(つまり、上のほうに)ついている。
c0128628_1222832.jpg

人間は、自分の都合のようよいに物事を見て、あっ、かっわい~い!
なんて叫ぶことがある。私も、自分が眼だと見ていたものが、眼でない
ことを知った分だけ、この下田海中水族館で利口になった。
(でも、どうしても、鼻腔の部分が眼に見えてしまうなぁ~)
c0128628_12225144.jpg

さて、これは、サメの仲間、ネコザメというそうだ。
潜水夫に抱かれていておとなしくしているが、人に危害を加えるサメとは
別種らしい。確かに猫に似ていないこともないが・・・人の思い込みに
よって得をしている種族と言える。
c0128628_12231067.jpg

こちらは、涼しげなミズクラゲ。蛍光を発している。
c0128628_12235521.jpg

ペンギンは、よちよち歩く点で、人の幼児のしぐさに似ている。

その点で、やはり得をしているなぁ。どこから見てもかわいいから。
c0128628_122593.jpg

こちらは、模型の舟のように見えるが、標高343mの寝姿山から撮ったので、
小さく見える。実際は、下田湾を周航している本物の遊覧船だ。写真下 ↓
c0128628_12253865.jpg

あのペリー提督が乗ってきた黒船を模したもので、サスケハナ号というなんだか
日本語のような名だが、インディアンの言葉でペンシルバニア州にある
川の名だそうだ。日本人がこういう未知のものを覚えるときには、自分の
知っているものに事寄せて、(猿飛)佐助花号と覚えたりする・・・ぅふふふ

毎日暑いですね。それに時々大雨が降ったり、雷が鳴ったり、忙しいことです。
さあ、忙しい7月が去り、明日から8月になります。
みな様、よい夏をお過ごしくださいね。

[PR]
by tamayam2 | 2013-07-31 12:27 | 日々のできごと | Comments(6)
Commented by ふく at 2013-07-31 13:20 x
海の動物と船の取り合わせは初めてでしょうか。
どちらもこの季節にぴったりな気がします。
ペンちゃんは暑いでしょうねえ。
ねぶたを見にに行くんですが
浅虫水族館には寄れそうもなく残念。
楽しいですよね海の中。
Commented by tamayam2 at 2013-07-31 14:16
♡ ふくさん、
ねぶたを見に行くなんて、すてきですね。あの大きい張りぼてを
見てみたいものだと思っておりました。浅虫水族館は、立派な
水族館みたいです。水族館、植物園、動物園・・・みな時間が
かかるので、一人旅でないと・・・相手が、迷惑でしょうね。
このペンギンは暑さに強い種類なので、日本ではよく適応して
いるそうです。ちょっと増えすぎとか。。。いいご旅行になります
ように。
Commented by kanmyougam at 2013-08-01 10:26
水族館楽しいです。
ジンベーサメが悠々と泳ぐ大きさを想像するだけでも
楽しいです。
tamyam さんは、水族館・植物園・号仏縁を訪ねるときはお一人が多いですか、気ままに気の向くように時間をかける・・・・。素敵です。
スケッチは一人に限ります。
それに付随した時間は夫婦でも家族でも友人いいのですが・・・・
時間の流れと密度が違うので・・・・・スケッチは一人がいい。
Commented by tamayam2 at 2013-08-01 13:00
♡  kanmyougamさん、
昔、シュノ-ケリングをしたことがあり、本当は、海の中を
覗きたいですけど...それば今できないとなると、水族館に
なります。 kanmyougamさんがスケッチは一人に限る、と
おっしゃっているように、私もカメラを持って植物園などに
行くとき、一人で思い存分時間を使いたいほうです。
べちゃべちゃおしゃべりをしながら撮影していると、どうも
散漫になります。あとから、う~む、残念思うこともあり・・・
やはり、自問自答したり、考えながら見ているんですね。
Commented by echaloter at 2013-08-01 21:43
tamayamさん、8月になりましたね。

こちらは今日は38度まで上がるらしいです。
そんな中、涼しい水族館の様子、とっても嬉しいです♪
混んでいるのは閉口してしまうけど、夏に水族館に行くのはとても気持ちがいいですね。
葛西臨海公園、上野動物園、品川の水族館、サンシャインの水族館・・・
いろいろ行ったなぁと思い出しました。
こちらでは、水族館あまり見かけないけれど
パリの植物園の中で、ワニやカメなどがいるコーナーを興味深く見たことがありました。

尾瀬には野生ランが自生してるんですね。
もう25年前くらいになるかな
行ったことがありますが、そのときは水芭蕉が巨大でびっくりした覚えがあります。
またゆっくり」訪れてみたいです。
Commented by tamayam2 at 2013-08-02 14:46
♡  echaloterさん、
そちらも暑そうですね。東京は、暑いですが、東北地方は、涼しい
ようで冷夏かもしれないとお百姓さんは心配しています。
私もいろいろな水族館に行ったのですが、ヨーロッパでは・・・
あまり思いだしません。北米モントレーの水族館、オーストラリアの
シドニー、パース、シンガポールの水族館がよかったので、それから
水族館オタクになりました。大阪の海遊館も見応えがありました。
沖縄のちゅら海・・・とか言うところにも行ってみたいわ。
あなたのすばらしい手仕事の世界、うっとりと拝見しました。
いい夏になりますように。
<< 【622】道端で 【620】尾瀬ヶ原で見た野生ラン >>