【617】食育 

しょくいく(食育)とは、食事に関する家庭での教育のことを言うのであろうか。
この新しい造語についてはよく知らないのだが、
c0128628_16202172.jpg

私の頭の中には、上の図のような古典的栄養ピラミッドのイメージがあって、
油脂は少なめに、ミルク・チーズなどの乳製品、肉・魚などのタンパク質は必要だが、
控えめに、野菜・果物のようなビタミン類はたっぷりと、そして、ごはん、パン、麺類などの
炭水化物は主食としてきちんと摂らなければならない、というイメージがある。
c0128628_1620595.jpg

日々の献立を考えるとき、そのバランスが大きく崩れないように気をつけている。
みな様は、いかがでしょうか。

孫と暮らした10日間、外泊が3日、外食が1回、家でご飯を食べることは5日・・・
子供たちの食事を見て大変気になった。一言で言うならば、食育がなっていない
のである。

c0128628_16212175.jpg

娘は職業婦人なので、家庭には、住み込みのお手伝いさんがおり、子供の食育は
もっぱらその人に任されているようだ。使用人だから、子供が機嫌よく過ごす
ことを第一に考えるであろう。

どうも、食事の仕方、与える食材が、いわゆる「ジャンク・フード」に偏って
いるように感じた。
おばあちゃんとしては、たくさんの夏野菜、たくさんの果物、肉、魚も
食べてほしかったのだけど、また用意があったのだけど、子供らの口には
なかなか入らなかった。栄養のあるものよりも、既成品のなんとなく腹のたしに
なるようなものばかり好むからだ。

老人所帯では、たいていのものは、手作りし、出来合いの食品はほとんど買わない。
だから、どんな商品が世の中に流通しているのかも知らず・・・その知識も
乏しいのであった。しかるに、彼らは、短時間のうちにコンビニや
スーパーに魅惑的な食べ物が売られていることを知ってしまい、その味に
感動したようなのだ。四六時中開いている店が歩いて行ける距離にあって、
金さえ出せば、ちょっと小腹を満たす食べ物が簡単に手に入る!!

子供たちに人気があったのは、ヤクルト、冷凍焼売、ホットケーキ、子供用カレー、
ピーナツ・バターを塗ったトースト、アイス・キャンデー・・・。

ウチの孫は、牛乳も、フレッシュ・ジュースも飲んでくれなかった。お肉や
お魚もほとんど食べなかった。ご飯の前におせんべいや、チップスなどを
食べているので、食欲が湧かないようなのだ。
われわれが子供のときは、
「間食はいけません!」と言われたものだが・・・孫たちの親は、甘くて
食事と食事の間にモノを与え過ぎるのだ。

どの国にも、国民食と呼べるような基本食がある。
日本なら、おにぎりだろうか。彼らは、これも気に入って小旅行の際に、
車中で食べていた。パリッとした海苔が包める独特な開け方も会得した。
c0128628_16223334.jpg

上のパンは、ドイツの平均的なサンドイッチ。Brotchenという邦価で約35円の
パンに水平に切れ目を入れ、無塩バターを塗り、ハム、サニーレタスを挟んだだけの
シンプルなもの。サンドイッチ一個が120円ぐらいか。6月にドイツに出かけたときも
昼食は、これで済ませた。
c0128628_16225365.jpg

こちらは、パン屋さん。早朝7時ごろから開いている。
為政者は、パンとミルク、バターの値段だけは、安く据え置いている。
それらは、文字通り、命の糧だから。
(値上げすれば、暴動が起きるに違いない??)
ドイツでは、日本のコンビニのようなものはほとんど無く、スーパーは週末には閉店
してしまう。
ちょこっと空腹を満たす「買い喰い」ができないことが、逆に国民の健康を守る点では、
よいのかもしれないなぁ~。

嗚呼、商店に食品があふれ、食育が危うくなっているアメリカや日本・・・
短時間の訪問では、子供たちとゆっくり食事について話す時間がとれなかった。
その点がちょっと残念なことであった。

by tamayam2 | 2013-07-17 16:24 | 日々のできごと | Comments(15)
Commented by nenemu8921 at 2013-07-17 21:42
こんばんわ。お孫さんらといい休日を過ごしたのね!お疲れ様!!
拙宅でも孫と過ごした数日。食育にはいろいろ感じさせられましたよ。
いつものことですが。
我が家はオタクとほぼ正反対。1歳と3歳の男の子。
間食の習慣はないので、3度の食事をきちんと食べていましたが、
その食事のメニューを愚息がさりげなくチェックするのがしんどかった。
たんぱく質(ほとんど魚)と炭水化物(ご飯)、3色の野菜をつけること。
味つけは薄く、素材の味がわかるように。
産地は東北と関東のものはダメ。飲み物はカフェインがない麦茶。
アイスクリームもチョコレートもダメ。テレビは見ない。
(つづきます)


Commented by nenemu8921 at 2013-07-17 21:43
つづきです。
サクランボとメロンと梨などのフルーツが唯一の甘味で、喜んで食べていました。サクランボは抱え込んで。メロンはこれ以上、薄い皮は見たことがないというほどに掬って。(^.^)
たしかにジャンクフードばかりではよくないけれど、こんなに純粋培養したところで、外食や旅先ではどうなの!といいたくなります。
お宅のお話を伺って、感じました。
何ごとも極端ではよくないなあと!!バランスが大事よね!!
私は、たまに出会ったのだから、3度の食事の用意にくたびれるより、多少手抜きでも孫と一緒に楽しく遊びたかったのよ!!
食育はお家でがんばって。

Commented by slamchan at 2013-07-17 21:48 x
初めてコメントします。
以前ドイツに住んでいたことがあります。
私達の住まいはパン屋さんの2階でしたので、毎日おいしい匂いで目が覚めました。
あの堅いbrotchenも慣れればおいしく、今は懐かしい味です。
家主さんたちとは仲良くしていただきましたが、ドイツ語がペラペラにはなっていなかったので、帰国してからは、残念ながらお付き合いがありません。
またいつか訪ねてみたいと思っています。
Commented at 2013-07-17 23:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2013-07-18 05:28
♡  nenemu8921さん、
お宅の事情をうかがうとウチとは正反対ですね。
>多少手抜きでも孫と一緒に楽しく遊びたかったのよ・・・
そういう気持ち、わかる、わかる!!
何事も極端は、よくないなぁ~ 私も小言の一つもこぼしたかった
けど、せっかく休暇で来ているのだからと思い、黙っておりましたよ。
常に孫の世話をしてやれない祖母ですから、大きなことは言えない
弱みをあります・・・トホホ
二人の孫が健康でいてさえくれれば、多少のことは目をつぶろうと・・・
ふふふ
Commented by tamayam2 at 2013-07-18 05:32
♡ slamchanさん、
はじめまして。パン屋の二階に住んでおられただなんて。
最高のロケーションですね。私は早朝にbrotchenを買いに
行っていました。その他に、三角形のやたらに穀物がぎっしり
詰まった茶色のパンが好きでよく買っていました。ドイツの
朝食は、大好き。早朝からしっかり働くドイツ人の健康を
支える源ですね。
Commented by tamayam2 at 2013-07-18 05:36
♡  cimarronさん、
私も外国生活が長いですが、いつも和食です。職場に日本の
フツ―の弁当を持って行っておりました。それが、一番手がかからず、
腹持ちが良いのでね。そうそう、娘がDCの家の庭に柚子の木を
植えたそうです。柚子がほしいらしく、柚子コショウなども買って
行きました。桃栗3年、柿8年、柚子の大馬鹿18年・・・と教えて
やったら、ため息をついていました。なかなか実がならないようです。
私も和食万歳と叫びたいわ!
Commented at 2013-07-18 12:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by aamui at 2013-07-20 07:20
ご心配同感です 幸い家の嫁ちゃんはまあ安心ですが 買う飲み物が多いのが気になります 娘は見ていたんだなあと少し安心しています 体は食物で出来ている事を皆真剣に考えて欲しいですね
Commented by 寧夢 at 2013-07-20 09:26 x
最近の若い人は急須でお茶も入れないようです。
パックで入れる人はまだましな方で、
緑茶・烏龍茶というものはペットボトルで飲むのが
普通と思っているみたい。
お茶漬けという文化もないのかしらん・・・。
毎回ペットボトルを買うのも勿体ないと思うのですが。

学食メニューの定食とコーラの世代じゃ、ぼやいても無理ですね。
我が娘だけはと急須から注いで飲む教育を施しています。(苦笑)
学校現場でも給湯室方お茶のやかんを運ぶ、なんて光景は
絶えて久しいようです。
Commented by rumikoh at 2013-07-21 07:34 x
赤毛のアンのプリンスエドワード島を旅行した時に 宿の主人が ペットボトルに替わる 容器に朝 水を入れて下さり そこに その消費量が書かれてあって ペットボトルを買わないようにと書いてありました。

出来るだけ私も小さな魔法瓶に水を入れて 出かけるようにしています。夏の麦茶や冬の暖かい緑茶は 出先で飲むと癒されます。

所でnenemuさんのお孫さんと 娘の所も同様ですが 2歳4ヶ月になり 近くの子供たちと招待し合って ご近所のお宅に伺うと おやつが出しっぱなしになっていると 内の孫は 普段制限されているから そのおやつを食べ続けて 遊ぶどころではないようです。
そのためもあり 徐々に 友達が食べているものも解禁せざるを得なくなったようです。
Commented by tamayam2 at 2013-07-22 05:57
♡  cimarronさん、
柚子は、日本でも割合暖かい地方のものですから、アメリカ
東海岸では越冬しないかもしれませんね。柚子コショウで
がまんかなぁ。"Leonie"はイサムノグチの話なのですね。
近所のレンタル屋さんで借りてきて観ましょう。ノグチの
彫刻や灯りは好きです。
Commented by tamayam2 at 2013-07-22 06:00
♡ aamuiさん、
>体は食物で出来ている事を皆真剣に考えて欲しい・・・
ほんとうに、そう思います。何でも手に入る社会だからこそ、
賢く選ばないと! 暑い日が続きますが、元気でね!
Commented by tamayam2 at 2013-07-22 06:08
♡  寧夢 さん、
>最近の若い人は急須でお茶も入れないようです・・・
え?そうなんですか! 出入りの植木屋さんなどに、お茶を
出しても、「あ、お茶はいいです。缶コーヒー買ってきますから」
などと言われることがあります。急須にお茶葉を入れて、適温
の湯を注ぐ・・・フツ―の風景と思っておりましたが・・・・お茶を
愛する日本文化もだんだん廃れていくと思うと悲しいですね。
だいぶ前ですが、日本人が香港へ行って、冷たい烏龍茶
を捜したら、向こうの方に、中国人は、冷たい烏龍茶など
飲まないと一喝されたそうです。でも、今は、ペットボトル入り
が売っているそうですね。(笑)
Commented by tamayam2 at 2013-07-22 06:15
♡ rumikohさん、
子供に食事の教育をするのは、親の務めですが、なかなか
難しいですね。習慣になると、人が端でとやかく言っても聞か
ないし。。。
この頃ペットボトルの消費量がどんどん増えている気がします。
暑いときなど、ついつい買ってしまいますからね。先日、尾瀬に
行っており、そこでは、ゴミをずべて持ち帰らないといけないので、
ペットボトルは買いませんでした。きれいでおいしい清水を
飲めばいいし、ゴミの量が増えると、持ち物が増えて困りますから。
カナダ人の智慧に学ばないとねえ。
<< 【618】尾瀬でコムラサキに出あった 【616】孫と過ごした10日間 >>