【611】虫の季節

今日は6月11日、このBlogも611番です(笑)
私の誕生日でもあり、うれしい偶然が重なりました。

庭に出ると蚊がどこからともなく飛んできて、射します。
イヤな季節になりました。
でも、蚊以外の虫も出てくるので、私としてはうれしい。
c0128628_8221634.jpg

たとえば、この虫。家の前の雑草に止まっていました。
カノコガというそうです。フタオビドロバチに擬態しているそうです。
カノコガ【鹿の子蛾 ヒトリガ蚊 Amata forturei】
c0128628_823121.jpg

こちらは、多分、コジャノメ
c0128628_8235144.jpg

こちらはヒメジャノメ
赤城自然園では、ジャノメ蝶の仲間がいっぱいでした。
こちらの大名セセリもたくさん見かけました。

ダイミョウセセリ【大名セセリ蝶 セセリチョウ科 Daimio tethys】
学名に大名がついているチョウですから、ちょっと誇らしいですね。
c0128628_8272299.jpg

アサギマダラも見かけましたが、うまく撮影できませんでした。
4月25日に見たウグイスカグラ
c0128628_82506.jpg

c0128628_8253229.jpg

6月6日には、かわいい実をつけていました。
ウグイスカグラ【鶯神楽スイカズラ科 gracilipes var gracilipes】
こちらは、私の関心があるガガイモ科の植物。
c0128628_826946.jpg

クサタチバナ【草橘 ガガイモ科 Vincetoxicum acuminatum 】
ガガイモ科ということは、昆虫が好む植物で、有毒かもしれない。
赤城自然園、箱根湿性花園にもいま、この花がいっぱいでした。

by tamayam2 | 2013-06-12 08:30 | 日々のできごと | Comments(20)
Commented by tabikiti at 2013-06-12 15:43
さきほど
外で作業中に
何故か左手だけ6か所 刺されました
痒い痒い~
Commented by semineo at 2013-06-12 17:14
mayaさん
611が重なって良い日ですね。
まずは、お誕生日おめでとうございました。
いつも元気で行動的なmayaさん、素敵です。
見習わなくてはね。

やっと梅雨らしくなり、庭の植物も生き返ったように、元気になり出しました。
蚊には閉口しますが、蝶たちも飛び交う愛らしい姿には癒されますね。
カノコガ、見たことがあるような?これからは注意して見ることにします。
Commented by ikutoissyo at 2013-06-12 18:11
611号とお誕生日、おめでとうございます。

粋な柄のカノコガ、時々見かけます。
チョウの好みの花を植えて誘惑したいのですが、まだ実行していません。

この時期、庭ではいつも蚊と格闘しています。
他人様が見ると、きっと踊っているように見えるかもしれません。
多い時は一度に5箇所も刺されます。
Commented by tamayam2 at 2013-06-12 20:38
♡  tabikitiさん、
まぁ!6か所も! 私も蚊に好かれる性質らしく、
かい、かい・・・・と騒いでおります。
ワイシャツの古いのを着て防備していますが・・・
Commented by tamayam2 at 2013-06-12 20:45
♡ semineoさん、
庭仕事は、大好きですが、蚊がねぇ・・・ウチばかりが多いのか
と思うほどです。カノコガはもしかしたら、害虫かもしれませんが、
私は、どっちでもいいのです。虫はみ~んなお友達。
お宅の庭で見つけた面白い虫があったら、ご紹介ください。
Commented by tamayam2 at 2013-06-12 20:47
♡  ikutoissyoさん、
一雨ありましたら、庭の緑が一層にあざやかになり、
植物たちがよろこんでいる声が聞こえそうです。

>他人様が見ると、きっと踊っているように見えるかもしれません・・・
あの奥様なぜ庭で踊っているのかしら??と
近所の人が思っているかもしれませんね。思わば思え・・・
Commented by ふく at 2013-06-12 22:53 x
コジャノメヒジャノメにっこり。
まあお誕生日いっしょの月でした。
めでたい。
Commented by 寧夢 at 2013-06-12 23:49 x
花々と虫に囲まれて、ハッピーバースディ! ですね。
とうとう、今日は職場にクーラーが入った空梅雨の関西、
本日30度の熱帯夜を迎えています。
今晩はいかが過ごされているでしょうか。
Commented by tamayam2 at 2013-06-13 05:46
♡ ふくさん、お帰りなさい。有意義なご旅行だったでしょう。
こちらもIさんのご手配で、すべて順調にいきました。
瀬戸内海の小島のよさを感じましたよ。
Commented by tamayam2 at 2013-06-13 05:49
♡ 寧夢さん、
いよいよ本格的な夏到来ですね。東京は台風のせいか、
雨でひんやりです。これから25名ほどご婦人を案内して
逗子で勉強会です。雨がうらめしいですが、ぐぁんばります。
Commented by weloveai at 2013-06-13 15:56
家主さんはお出かけの様ですね。
遅くなりました。
お誕生日おめでとうございます。
もう、数えないなんて言ってもお誕生日は嬉しいものです。
これからも、ご活躍を 
美しいブログを楽しみにしてます。

Commented by tamayam2 at 2013-06-14 21:26
♡  weloveaiさん、
出かけておりまして、ご無礼をいたしました。
そう、何歳になっても誕生日はうれしいもの、そんな
個人的なことを口滑らせてしまい、はしたなきことでございます。
平均年齢75歳のご婦人25名で一日合宿をしてまいりました。
話題になることは、人生の秋のお話。信仰のこと、家族の介護
のこと、健康な精神をどうして涵養するか・・・などなど。
歌ったり、笑ったり、おしゃべりしたり…楽しくすごしました。
Commented by Yozakura at 2013-06-19 07:51 x
tamayam2様

 無沙汰しております。2年ほど離れていたのでしょうか、久し振りの訪問です。
 1週間ほど前に誕生日を迎えられたとの由、お目出度う御座います。しとしとと雨が垂れ籠め、天地が水気に包まれる梅雨時の生まれだったとは、道理で、植物の観察や研究が御好きなわけですよね?
 納得であります。

 実は、このブログを思い出したのは、7年前の2006年5月25日に逝去した米原万里に就いて、tamayam2さんが旧ブログ「ケルン便り・その2」で追悼記事を2006年5月30日付けで掲載され、それに多数の追悼コメントが投稿されていたからです。

 先程、旧ブログを訪問したところ、コメント欄は既に閉鎖抹消されていましたが、米原万里に手向けられた真紅の薔薇一輪、確かに残って居りました。故人とそれほど親しかった訳ではないのですが、日常の忙しさに聊かササ呉れ立った過敏な神経も、柔らかに慰撫されました。
 保存して頂き、有難う御座いました。お元気で。
Commented by kanmyougam at 2013-06-19 14:41
tamayamさん
誕生日おめでとうございます。
611数字合わせ偶然でも面白いです。
数字といえばゴルフでまず受け取るカードイ番号があります。
自分の出すスコアー近く若い番号がきますと気分がいい、
大きな番号はちょっといやです、縁を担いでもしょうがないのに・・・・。
昆虫のお話面白いですね。
最近は蛾も画像に残して図鑑で見たり・・・・。

梅雨は空梅雨か、イやこれからが本番と、4号台風もコースです。
毎年のことです。
30度を超えます。
熱中症には充分気をつけてください。
Commented by tamayam2 at 2013-06-19 17:46
♡  Yozakura さん、
ふらっと我Blogに現れ、また、2年後ふらっと再訪される
Yozakura さん。まるで、寅さんのようですね。ご指摘により、
過去Log(2006・5・30)を見てみました。確かに米原さんの
訃報に触れ書きました。すばらしい筆力、感性の持ち主でした。
コメント欄をある事情により削除してしまいゴメンなさい。
最近ケルンに再訪しており今朝帰国しました。あれから私も7年分
老いたのですよ。米原さんのような痛快な書き手をまだ知り
ません。ご存じでしたら、教えていただきたいです。
再訪に感謝して。お元気で!
Commented by tamayam2 at 2013-06-19 17:52
♡  kanmyougamさん、
ちょっと留守にしており、お返事が遅れました。おお、30度を
越えますか!?熱中症対策、お互いに気をつけましょう。
ゴルフをなさっておられるのですね。ゴルファーはそういう
ジンクスというか、気にしますね。ふふふ お宅でいつか
見せていただいたすばらしい蛾を画像、ちゃんととってあり
ます。蛾やチョウが好きな私は、南国に行けばそのことばかり。。。
普通の観光にはまったく関心を示さないので、台湾の友人に
胡蝶(フ-ティァオ)ばかりと言って・・・と笑われました。
お元気でよいお仕事をしてください。
Commented by Yozakura at 2013-06-20 18:06 x
tamayam2様

 長年の無沙汰より何ら前触れも無く突然に再訪、投稿に及んだ「漂泊の男・寅次郎」への丁寧な返信、拝見しました。歓迎のご挨拶、有難う御座います。

> 米原さんのような痛快な書き手を未だ知りません。
> 御存知でしたら教えて頂きたいです。

 逝去して、時を経ること既に7年。猶、故人の爽快なる筆致を偲び追悼を忘れぬ篤き芳志、しかと承りました。「米原女史の様な痛快な書き手の御教示を」と乞われ、幾人かは想い浮かぶものの、其処はtamayam2氏の個人的な嗜好もあるでしょう。
 この際、当方の価値観に基づく推薦は控え、代わりに、故人・米原万里の生前の面影を今に伝える動画をネット上より採取し、以下に勝手に紹介差し上げます。悪しからず、御了解下さい。
 なお、「その様な動画は不用である」、「勝手な紹介は不愉快である」と思われましたら、この投稿は削除なさって下さい。失礼しました。

 猶、動画サイトへは別便にてご案内いたします。お待ち下さい。
Commented at 2013-06-20 18:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2013-06-21 11:00
♡ 漂泊の男・寅次郎のような Yozakuraさま、
本当にねえ、彼女ほど痛快さを覚える筆力の持ち主を
その後見たことはありません。
じつは、この動画、ドイツ滞在中、VTRで友人が送ってくれ、
今も所蔵しておりまする。映像で見て、初めてお顔を拝見し、
ますます好きになりました。昔の同級生を訪ねる旅・・・東欧の
寂しい町々・・・印象に残っております。いい映像です。
人と人の出会い、別れ、たとえ細い糸でも繫がっていく
友情の記憶・・・・などいろいろなことを考えさせられました。
ありがとうございます。
Commented at 2013-06-21 14:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 【612】友人の葬儀に、ケルン再訪 【610】大山レンゲを見に >>