【608 】伊東にて

New Zealandで暮らしている友人が一時帰国した。
それを機にいつも4人が集まる。今年で、12回目。
c0128628_63276.jpg

伊豆半島の伊東に出かけた。
いま、ここでは、色々な種類のオレンジがとれるらしく、
八百屋の店先には、オレンジ類の山。
この辺では、昔は、みかんばかりだったが・・・この頃は、ブランド化が
一層進んで、名前がおぼえられない。

大室山の麓のシャボテン公園へ行く。
道を歩いていると、猿を抱いた若い女性が。
すれ違いぎわに挨拶をしただけなのに、サーヴィス精神旺盛な彼女は
猿の芸を見せてくれた。
c0128628_633979.jpg

この女性の顔の動きと猿の表情がみごとに一致していて、
よく調教したなぁ~という感動よりも、
c0128628_641792.jpg

お二人(人と猿)が職業にあまりにも忠実に従事している姿にちょっと
痛ましく感じた。
c0128628_644868.jpg

「もう、いいですよ。私は通りすがりの者で、ここで友人を待っているだけですから・・・」
c0128628_65939.jpg

こちらのお方は、芸を見せなくても、天然の美しさだけで、生きていけ
ますね。
c0128628_653442.jpg

New Zealandの友人は、年老いたご両親の老後の生き方の問題を処理する
ために来日。

「老いたら子に従え」という諺があるのだけど・・・なかなか
一筋縄にはいかなくてと、深夜までいろいろ語り合った。

[PR]
by tamayam2 | 2013-05-28 06:06 | たび | Comments(6)
Commented by aamui at 2013-05-28 06:16
猿がべーしてるのはじめて見た!動物とのこうしたコミュニケーションは見事ですね 私も猫と結構色々しています 話している気になるのよ いやそうに違いない・・・・
今後の暮らし方今総点検しています
Commented by nenemu8921 at 2013-05-28 11:55
こんにちわ。
tamayamさんの視点が面白いわねえ。
オレンジの山積みの景色はどこか、ヨーロッパ的だけれど。
でも、袋入りというのは日本風かな。
お猿と調教師のレディの風景も、日本的かな。
職業?サービスも日本的かな?
痛ましく感じるのも繊細なヤマトの人ならではの感受性?
物や現象はインターナショナルになりつつも、我らは日本人と感じましたです。。。(^_-)-☆



Commented by kanmyougam at 2013-05-28 18:32
こんばんは。
New Zealandを旅しましたのでいろいろ思い浮かべることがあります。
その後の大地震も・・
お年よりの事なかなか大変でしょうね・・・。
そんなこといいながら自分の今後の行き方も考えねばならぬ年になってきますね・・・・・。
Commented by tamayam2 at 2013-05-30 05:47
♡  aamuiさん、
あなたも猫と話しているのね。私もそうですよ。2匹いた猫が
一匹1月に死にましたので、残った一匹は寂しそうです。何か
語りかけないと思い・・・。ペットは本当に慰めですが、もうこの猫
以後は飼えないなぁ~と思います。老猫を最後まで看取るのも
大変なことですから(笑)
Commented by tamayam2 at 2013-05-30 05:55
♡ nenemu8921さん、
このところ外国から旧友が訪日する機会が多くまた旅人生を
やっております。久々に日本に帰ってくると、いろいろ不思議な
観察があるようで・・・世の中がやっぱり少しずつ変わっているの
だなア~と感じます。そこにずっと過ごしている人には見えない視点
ですね。観光地に行くと本当に日本的hospitalityにあふれていて
退屈はさせない仕組みになっています。New Zealandなんか、なぁん
にもない自然だけで勝負していますが・・・。きれいな自然の中に立ち、
日本だったら、XXまんじゅうや▲▲せんべい等を売る店がある
だろうなぁ~と思ったものです。ふふふ
Commented by tamayam2 at 2013-05-30 06:00
♡  kanmyougamさん、
美しい自然があふれたNZですが、そう、地震があって驚きました
ね。Christchurchは見どころが破壊されて、まだあまり復旧して
いないようです。人が多すぎるのも困ることですが、過疎の国と
いうのも大変だなぁ~と住んでいたときには思ったものです。日本
でも最近少子高齢化が問題になっていますが、だれが、年よりの
面倒をみるか・・・本当に担い手が少ないという点が決定的に困る
点です。
<< 【609】サンショウバラ 【607】五月は薔薇の月 >>