【603】東京の坂道

4日、マロニエの花咲く銀座について書いた。

その日、東京方面に向かっていたとき、電車の窓から線路沿いに赤い花が
咲いている道が長く続いているのが見えた。総武線、水道橋から
御茶ノ水にかけての道。やはり、これは確かめてみねば、と思い立ち、
6日、お茶の水で下車し、水道橋まで歩いてみた。
c0128628_16245634.jpg

その道は、緩やかなスロープになっており、人通りがほとんどない。なのに、
みごとなベニバナトチノキの並木が続いていた。フランス語ではマロニエ
ドイツ語ではカスタニエ。ドイツではこの花が咲き始めると、それが合図のように
人々はこの木の下にテーブルをひろげ、ビールを飲み始めるのだった。
c0128628_1625398.jpg

さて、この坂は、こんな名前。皆さま、この漢字が読めるかしら?
へ~、こんな漢字あったんだ! 

あるのですよ、これが。
これは、サイカチと読みます。
して、サイカチをご存じではない?
そうでしょうね。私にとって、この木は、ドイツで初めて知った
思い入れがある木でした・・・。しかも、日本原産!?

サイカチ【皁莢 皂角 マメ科ジャケツイバラ属 Gleditsia japonica】
道標によれば、坂の上に3本のサイカチの木がある、ということでした。
さっそく、線路沿いの木を調べてみました。
c0128628_1627989.jpg

植え込みの間に確かにありましたが、目立たない所で、標識も無く、
これではだれも気付かないでしょう。
サイカチの実は、長い莢に入った豆なのですが、昔は、シャンプー代わりに
使われていたということです。サボニンがたくさん含まれているのです。
c0128628_16274051.jpg

サイカチの一番の特徴は、トゲというか、鋭い針がいっぱいついていて、
とても動物が近づくわけにはいかないのです。しかし、昆虫はこの樹液が
大好きなようです。
葉は、マメ科ですから、アカシアなどと同様に羽状複葉の涼しげな葉です。
これから、東京の定点観測の木にします。
c0128628_16284952.jpg

その道の傍らで見た、唐種招霊の花。神社などで見る木ですね。中国語で、含笑花ですって。感じが出ていますね。
カラタネオガダマ【唐種招霊 モクレン科 Michelia figo】
c0128628_16294763.jpg

こちらは、水道橋駅前の東洋高校の傍らで見た、白花のトチノ木の葉。
静かな坂道を下りながら、たくさんの珍しい樹木を見ることが
できました。楽しみな散歩道になりそうです。

by tamayam2 | 2013-05-07 16:30 | 日々のできごと | Comments(16)
Commented by echoes06 at 2013-05-07 18:55
サイカチ??? 読めませんなぁ。
学校で習わなかったし・・・

東京の町散策も面白そうですね~。
私の娘もこの4月から就職で東京に行っちゃった事ですし
そのうち娘の所に訪問がてら、東京の街並み散策などできたらいいなあ
そう思う今日この頃です。
Commented by tamayam2 at 2013-05-07 19:19
♡ echoes06 さん、
まぁ!お嬢様が就職。それはそれはおめでとうございます。
私、お宅のBlogで関西のいいところをたくさん教えていただきました。ぜひ、江戸へも足をのばされて、面白い街watchingをなさってくだ
さいナ。
Commented at 2013-05-07 21:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by semineo at 2013-05-07 22:47
こんばんは
サイカチ・・・私も読めませんでした(*_*;

mayaさんとても物知りですね。
楽しいブログを今まで訪問していなかったなんて(涙)
Commented by ikutoissyo at 2013-05-08 08:43
先日出かけた三菱一号館美術館の庭でも、マロニエの花が咲いていました。
マロニエの響きだけで、行ったこともない巴里を連想してしまいます。

サイカチ、勿論読めませんが(笑)、聞いたことも見たこともありません。
長いトゲは自衛手段なのですね。それにしても沢山付いていますね。

今日は暖かそうですね、出かけたいけど目的地が定まりません。
Commented by echaloter at 2013-05-08 22:25
tamayamさん、こんにちは。
この坂の名前は知りませんでしたが、ここを何度か歩いたことがあります。
こちらもベニバナトチノキの花が咲いています!
公園では次々に春から初夏への花が開き始めました。
私のブログでtamayamさんのこの記事もちょっと紹介させてもらいました。^^*
Commented by sumiko33m at 2013-05-09 09:12
おはようございます!
何時もmyブログへご訪問頂き、コメント有難うございます
>これは、サイカチと読みます。
読めませんねぇ~ 覚えて置きます。
東京の散策もtamayamさんの知識で見ると楽しそうですが
私が田舎から行くと、人込みに酔ってしまいます^_^;
札幌市内にもベニバナトチノキの並木が有るのですよ(開花はまだですが)
tamayamさんは植物に詳しくて、何時も参考にさせて頂いています
Commented by tamayam2 at 2013-05-09 17:33
♡  cimarronさん、
お嬢様があの近くの学校に通われたのですね。あの辺は、
たくさん学校があるところです。横道に入るとアテネフランセや
文化学院もありました。明治大、日本大・・・新学期なので町は
学生さんでいっぱい。若いっていいなぁ~と思いながら歩きました。
Commented by tamayam2 at 2013-05-09 17:42
♡ semineoさん、
私のほうがLinkを貼っていなかったので、お宅のBlogも最近
見せていただいています。春は見たいものがいっぱいで
体がいくつあっても足りませんね。私は、もの知りなんかでは
まったくなく、ただ、見たものを検索エンジンで調べているだけ
です。たいていのものは調べられますが、何年もわからないで
ほっておくものもあります。その内だんだんわかることもあるし、
そのままお蔵入りの場合も。うふふ
Commented by tamayam2 at 2013-05-09 17:45
♡  ikutoissyoさん、
ベニバナトチノキ=マロニエは、都会の風景に似合っていますね。
三菱一号館にもありましたか!大木なので、花が咲いていても
木の上なので、気づかないこともありますね。白花は、特にそう。
紅花でしたので、見つけることができました。新緑に赤い花が
ロウソクのように屹立していてとても印象的です。
Commented by tamayam2 at 2013-05-09 17:49
♡  echaloterさん、
お宅のBlogでもたくさんの花木をご紹介くださりありがとうごさい
ました。私のBlogもLinkがついていますね。はじゅかしいです。
この木を見るとわたしゃ、ビールの泡を思い出すのです。
パブロフの犬のように・・・戸外にテーブルを出してビールを
飲むのは、とても開放的ですから。
Commented by tamayam2 at 2013-05-09 17:56
♡  sumiko33mさん、
お宅のBlogのエンゴサクの原っぱを見て・・・この世のものとは
思われない景色だと思いました。私の娘はアメリカの大都市に
住んでいるのですが、東京の渋谷に行くと眼が回る・・・と言って
早々に家に帰ってきてしまいます。人が多くて、人に酔うのだそう
です。(笑)これから、札幌大通り公園の緑が輝くことでしょう。
東京もまだ油断ができません。薄ら寒い日がまだありますから。
Commented by nenemu8921 at 2013-05-10 11:25
まあ、都会にも面白い樹木がたくさんありますね。
観察のまなざしがすばらしい。(^_-)-☆
ベニバナトチノキは最近よく見かけますね。
サイカチノキは宮沢賢治の童話「風の又三郎」で、登場します。
川岸に多い樹木だと思いましたが、都会の真ん中で出会うと新鮮ですね。
賢治はひらがな表記ですが、面白い漢字ですね。
TBさせていただきました。
カラタネオガダマは小さな花ですが、くっきり撮りましたね。(^_-)-☆
香りがバニラのように甘いでしょう。
Commented by vicolos at 2013-05-11 12:00
カラスビシャクのご教授、ありがとうございました。
長年の思い込みでマムシ草だとばかり思っていました。
では、本物のマムシ草は?と、気になるのでこれからネット検索してみます。
ところで、サイカチ、読めませんでした。もちろん、この木も知らなかったので、棘の意味やシャンプーとして使われたなど勉強になりました。上の方のコメントで、「風の又三郎」に登場することも知り、なんだかサイカチに対して俄に興味が湧いてきました。
Commented by tamayam2 at 2013-05-11 15:16
♡  nenemu8921さん、
「風の又三郎」に登場する植物とは!TBありがとうございます。
あなたのTBが加わりますと、このBlogはとたんに文学的趣きに
なります。ありがたや。東北の川岸に生えているのね。こんど、
行ったときには、探してみます。なにしろ針が鋭くて、わ、わたしに
近づくな!と警戒している木です。でも、あのぶら下がっている豆の
莢がいいんですわ。秋には、拾いに行きます。さて、カラタネオガダマ
ですが、バナナの熟したような匂いとものの本には書いてありますが、
そう、バニラのような芳香というほうがよいと思います。とても香りが
よかったので、それで、発見できたのです。(*^。^*)
Commented by tamayam2 at 2013-05-11 15:25
♡  vicolosさん、
私もカラスビシャク、マムシグサ・・・その類の植物が好きで、見つける
とうれしくなって写真を撮りますよ。この類の植物は、食虫植物
ですね。じつに巧みに虫を誘い込んで、食べちゃうのです。
サイカチは、私は、日本で見たことがありません。日本原産なのに
どうしてヨーロッパでよく見かけたのか・・・不思議です。トチノ木も
日本産のものより、最近では西洋トチノ木(マロニエなど)を街路樹
に植えているのをよくみます。田舎の山里では、トチの実を(おいしく
ないので水に晒したりして工夫して)トチ餅など作ります。素朴な
味わいですね。昔の人のおやつでしょうね。栗の実はおいしいですが、
一般にトチの実は、まずいので、西洋では食用にはしません。(笑)
<< 【604】大正年間にできた学校... 【602】ゴールデンウィーク中... >>