【593】パンジー、三色スミレの顔

東京は、今週で桜がほぼ咲きそろい、大方は散ってしまい、その他の春の花々が
一斉に咲きだしました。なのに、あちこちで来週あたり、“さくら祭り”が計画されているとか、
主催者は、さぞかし気がもめることでしょう。
Yamyam町でも、家々の庭からこぼれ出る春の花々を散歩しながら、見せていただいて
います。
c0128628_1544197.jpg

さて、パンジーのことです。
鉢植えには、このパンジーが主役にも、脇役にも・・・
園芸種のパンジーは一体何種類ぐらいあるのでしょう、様々な色の組合わせがあり、
とてもとても三色スミレなどとは言えない状況です。丈夫で育てやすく、色の種類が
多いことから、園芸家にとってはありがたい花なのでしょう。
c0128628_15442523.jpg

フランス語で「思想」を意味する単語パンセ(pensée)から、パンジーということば
ができたようです。しかし、ドイツ語では、なぜか 継母ちゃん(Stiefmütterchen)
という変な名前がついているのです。そういうことを知ってからというもの、この花を
見るとどうしても、気難しく、小言を言っている小母さんの顔のように見えてしまうの
です。どうでしょうか? 中高年の婦人の顔に見えませんか?
フランス語のような、とても思索にふける顔には思えません。
c0128628_1546276.jpg

パンジー小母さんの呟きを加えてみました。
c0128628_15465034.jpg

スミレと言えば、何か愛らしい響きの言葉ですが、日本語は、「墨入れ」という
大工さんが使う木製の道具から来ています。墨壺とも言われ、墨をつけた糸をピンと張って、材木に直線の印をつけたのですね。小さな車がついていて、おもしろそうな道具でした。その道具の形とスミレの花の形が似ているっていうのです。
c0128628_15482122.jpg

c0128628_15474924.jpg

大工さんの作業をじっと観察していた子供時代を思い出します。
「お嬢ちゃん、危ないからそばに寄っちゃダメ!」と言われながらも、カンナ屑などを
拾って遊んでいたものです。

[PR]
by tamayam2 | 2013-04-06 15:48 | 日々のできごと | Comments(12)
Commented by weloveai at 2013-04-06 17:58
花々の顔を見てカードに書かれた会話を読むと私を含めたおばさん達の日常会話の顔で可笑しくなりました。
人間の顔に似たパンジーに話しかけたら返事がかえってきそうです。
Commented by tamayam2 at 2013-04-06 20:12
♡  weloveaiさん、
ははは、おばさんたちの日常会話・・・その中にも結構、真実味の
あることを話しているのよね。料理したり、裁縫しながら、よくいろいろ
なことを考えます。・・・フランス語のパンセ(pensée)思索というほど
ではありませんが…日々考えたり、感じたりすることを記録しています
と、時空を超えていろいろな人と対話しているような感じがしてきます。
お宅のBlogからもいつも豊かなものをいただいております。
Commented by school-t3 at 2013-04-06 21:37
園芸種のパンジーはあまり好きではなかったのですが
おしゃべりオバサンだと思えば愛着がわきます。
これからはパンジーを見るたびにクスっと笑ってしまうかも^^
Commented by tamayam2 at 2013-04-06 23:24
♡ school-t3さん、
私もそうでした。学名や、和名や、外国語の俗称など、知るに
つけ、各国の人々のモノの感じ方などうかがえ、興味が尽きません。
日本語でもひどい名があります。犬フグリ、ハキダメ菊、ヘクソカズラ
継子のシリヌグイ・・・などなど。継母のおしゃべり顔に比べると、ちょっと
汚い感じですね。ふふふ
Commented by ikutoissyo at 2013-04-07 09:42
面白い!!
同級生の文学者からのメールに、日本人のマスク姿を馬鹿にしていました。腹が立ったので返信していません。
2番目の写真のコメントに、異常反応してしまいました。笑

パンジー一つとっても、物の感じ方がさまざまで面白いですね。

再度挑戦! 承認されるまで頑張らなくちゃ!え~~い!
Commented by KawazuKiyoshi at 2013-04-07 11:54
ほんとに、丈夫で、変化の多いパンジー。
素人の私にはうってつけです。
今日は、だいぶ雨でやられてしまいましたが、
まだまだ、沢山のつぼみが控えているから
大丈夫。
今日もスマイル
Commented by ふく at 2013-04-07 13:14 x
パンジーとガーデンシクラメンは
偉いですね。
雪の中でもけなげに咲き続けて。
それで暖かな日差しの中では
やっぱり嬉しそうにのびのびしているような気がします。
Commented by bella8 at 2013-04-07 17:13
そうでしたか!スミレの名は「墨入れ」からとは知りませんでした。
そういえば、大工さんの墨入れ思い出します。
見事な手つきで材木に線を入れるんですよね。

実家に来ていた歌手みたいに上手い演歌を歌いながら、
カンナをかけていた大工さんを思い出しました。(^-^)

そんな職人さんも少なくなったのでしょうね。
どこかの工場で組み立てたものをトラックで運んできて
アッと言う間にお家が建っちゃったりしますものね。

Commented by tamayam2 at 2013-04-09 06:41
♡  ikutoissyoさん、
その後、花粉症はいかがでしょうか?私の周りには、この話題
があちこちで聞かれます。私は、「お友達」に入れてもらえない
ので、むしろひがんでいるのですよ。涙、くしゃみ、辛いようです。
私もその内お仲間になりますから、こらえてつかわさい。(笑)
Commented by tamayam2 at 2013-04-09 06:43
♡  KawazuKiyoshi先生、
いつもスマイルを忘れない先生のひょうひょうとしてエッセイを
楽しんでおります。どこでも見かけるこの花、でもちょっと視点を
変えて見てみると小母さんの呟きが一杯です。ははは
Commented by tamayam2 at 2013-04-09 06:46
♡ ふくさん、
ここ数日の嵐で、植物はへろへろになりましたが、パンジーは
強いですね。わたしゃ、もう園芸はあきらめていますが、丈夫で
長持ち系の植物が好きになりました。手入れしないけど、勝手
に咲いておくれ!
Commented by tamayam2 at 2013-04-09 06:50
♡  bella8さん、
本当に私もびっくりしました。そうそう、昔の大工さんが使っていた
なぁ~と懐かしくなりました。>歌手みたいに上手い演歌を歌いながら、
カンナをかけていた大工さん・・・そうそう、昔は、のどかでしたね。
お十時とか、お三時にお茶を出したりして・・・今は、日本茶を出すと、
「あっ、奥さん、自分たちはコーヒーですから・・・」と言われて、皆
缶コーヒーなんか飲んでいます。時代が変わったのですね。(笑)
<< 【594】アメリカから来た植物2つ 【592】目黒・雅叙園への近道 >>