【588】春の使者、春蘭 

東京にもサクラの開花宣言があったとか、庭に出るのが楽しみな季節に
になった。
c0128628_22265260.jpg

ジンチョウゲの香気があまりすばらしいので、一枝切って背の低いガラス容器に
さした。
クリスマス・ローズはそろそろ終いごろだ。
日本ではクリスマス・ローズだが、ドイツではLenten Rose. 今は、キリスト教の
暦で言う、Lent(受難節)に咲くバラという意味で。確かに、受難節のころ、
この花が盛りになるように思う。クリスマスのころは、まだ咲いていませんね。

ジンチョウゲは、私の記憶の中では、いつも卒業式の思い出と共にある。
東洋的なこの花の香気は、とても神秘的。
c0128628_2227293.jpg

庭の春蘭の茂みの中に数本花が見つかったので、それも切った。
春蘭は、目立たない花なので、気づかないうちに花が終ってしまうことがある。
毎年たくさん咲くということはなく、今年のようなのは少ない年、多いときには、
うぁ~と何十本も咲く。
c0128628_22281836.jpg

上は、先月の世界らん展で見た春蘭の一種。きっと珍しいものなのだろう。
c0128628_22284187.jpg

外出先の小道で見たボケ(バラ科)。名前でちょっと損をしているかなぁ~(笑)
c0128628_2229655.jpg

ご近所で見たミモザの樹。ミモザ、またの名をフサアカシア(マメ科)。
レモン・イエローのこの黄色が、樹いっぱいに咲き誇っているのを見ると
心がウキウキしてくる。西洋人にとって、満開のミモザは、日本人のサクラに
匹敵するような“春の使者”なのだろう。

by tamayam2 | 2013-03-16 22:32 | 日々のできごと | Comments(7)
Commented by school-t3 at 2013-03-17 00:07
春の香りがここまで漂ってきました^^

ジンチョウゲ羨ましい。
私は去年植えてみたのですが枯れてしまいました。

Commented by ikutoissyo at 2013-03-18 08:56
早すぎる開花宣言でしたね。
心の準備も体内時計も、まだついていけません。笑
そのうち、桜は卒業式のお花になってしまいますね。

ジンチョウゲの気高い香りは、気持ちを安定させてくれます。
最寄のバス停の近くで、人々に季節を教えてくれる香りです。
そろそろお終いです。
Commented by nenemu8921 at 2013-03-19 05:56
いよいよ春本番ですね。
まるで北国のように、今年は沈丁花もシュンランも水仙も桜も
いっせいに咲き始めましたね。
そして急激な温度変化、あたたかくなって嬉しいけれど、突風はコマリマスね。
そうこう言いながら、季節は巡る。地球は回る。我らは年をとっていく。
元気でいましょうね。


Commented by kimiko_shibata1 at 2013-03-19 06:39
春蘭は春の使者のように山に咲きます。
小さな天使のように見えます。見つけたときはうれしいものですね。
ミモザは、海外の小説でお馴染みですね。北関東ではあまり見かけないように思います。
私には鎌倉で出会う花です。きれいなレモンイエロー!心が軽くなります。
Commented by keicoco at 2013-03-19 09:55 x
こんにちわ。久しぶりです。時々はおじゃましていたのですが、今日はコメントしたくなりました。私が身近に感じる春の花が映っていたので。沈丁花は高校生の時にジンチョウゲかチンチョウゲで意見が分かれ友人たちとサラダパンを賭けました。悪い子ですね。私はジンチョウゲでした。我が家のベランダでは春蘭が2つ蕾を持っています。ミモザもミモザサラダを思い出すほどにきれいな黄色ですね。今年の春は早く通り過ぎるとか。寸暇を惜しんで春を楽しみたいですね。お元気で!
Commented at 2013-03-21 02:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2013-06-22 15:43
♡♡♡  みなさま、コメントくださったのにお返事
せず大変失礼いたしました。ごめんなさい。
school-t3さん、 ikutoissyoさん、kimiko_shibata1さん、
keicocoさん、 cimarronさん、今日は6月22日、な、なんと
3か月も失礼をしておりました。もう、初夏ではありませんか。
三月末年度末の報告を書かなければならず、目が▲になって
いたころでした。今、目は●です・・・・これに懲りずにお付き合いを!
<< 【589】桜満開の卒業式 【587】エル・グレコ展にて >>