【586】世界地図を見ながら サバとパース

先月、つくば実験植物園で、めずらしい食虫植物を見た。
湿原に生えるらしく、じめじめした鉢に植えられていた。
c0128628_2115811.jpg

フクロユキノシタ(袋雪の下)と書いてあったが、ユキノシタとは、
全く無縁の一科一属一種の植物。フクロユキノシタ科。
学名はCephalotus follicularis
c0128628_2122182.jpg

どこに自生しているかというとオーストラリア西部のみ、ということだ。
c0128628_2125615.jpg

オーストラリア西部の町と言えば、パース(Perth)とその北に拡がる高原に
違いない。シドニーやメルボルンの大都会と違って大陸の西端なので、
訪れる人も少ない。私はシドニー(東海岸)から、インディアン・パシフィックラインという 豪華列車で
終点のパース(西海岸)に丸三日かかって到着した。
1998年ごろの話。
その当時、植物にそれほど関心がなかったのだけれども、何だか怪しい形の
虫のような爬虫類のような植物が多く、不思議なところだと感じた。
もう一度行く機会があれば、ぜひ植物探索の旅にしたいと思う。
生まれて初めて南半球の、インド洋を見てお~と感動した。

c0128628_20594177.jpg

この植物の絵ハガキは、マレーシアのサバ(Sabah)州、コタキナバルに行ったとき(2001年)、
珍しい植物だなぁと思って買った。マレーシアは、インドネシアのボルネオ
島の北半分に飛び地のような領土があって、首都クアラルンプールのあるマレー半島
とは全然別の景観なのだ。
c0128628_2111938.jpg

これも、今から思えは、植物の宝庫で、ラフレシアと
いう巨大な食虫植物が生えている森がある場所であった。当時は、植物にさほど
関心がなかったので、そういう説明を聞いてもふぅ~んと思うばかりだった。
惜しいことをしたわ・・・ね。
このように、関心が無ければ、どんなすばらしい場所に行っても、
ふぅ~んと思うばかりで、しょうもないものですね。

この植物は、Nepenthes  veichii という食虫植物だそうだが、消憂薬とも
書いてあったので、何か元気になる薬効があるのかしらん。ボルネオ、サバに特有の
植物のようだ。
2004年に起こったスマトラ沖大地震は、サバの西、スマトラ島より西の一帯。
この辺りの細長い半島、島は(フリッピン、台湾、日本も)ずっと昔は、
ユーラシア大陸に続いていたのであろう。地震の多発地帯でもありますね。

今日、東日本大震災の2年目に当たる日、地図を見ながらいろいろなことを
考えました。
サバとパースは東経115 度あたりの線上にあり、全然違う島なのに、
植相にどこか共通点があるのかもしれません。

by tamayam2 | 2013-03-11 21:04 | たび | Comments(7)
Commented by school-t3 at 2013-03-11 21:22
世界には不思議がいっぱいあるのですね。
この間は深海の生き物を見てびっくりしましたが
今日の植物たちにもびっくりしました^^
Commented by tamayam2 at 2013-03-11 22:00
♡  school-t3さん、
本当にねっ!その頃は、まだ仕事をしていましたから、
自然に目を向けるゆとりがなかったのかもしれません。
最近National Geographc Magazineを取っていますが、
ああいうの、誰が読むんだろうと、若いころ、思っていました。
今、そういう年代になって、おもしろくて、おもしろくて・・・
心の関心のあり方が年齢とともに変わっていくのか面白い
です(笑)。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-03-11 23:14
インディアン・パシフィックラインの旅を・・・・鐡道好きとしては、憧れの線でもあります。
もう自分では行ける旅とは思えませんが・・・・
世界に目を転じれば、多くの植物、鳥、動物・・・さまざまに興味深いものがあります。
最近のBS放送で楽しんでおります。
フクロユキノシタ科・・・初めて知りました。興味は尽きません。
今日の最後にホッとする話題に触れられて癒されました。
Commented by echaloter at 2013-03-13 05:59
tamayamさん、こんばんは

tamayamさんはコタキナバルにいらっしゃったことがあったのですね。
私がキナバル山に登山に行ったのは、80年代の半ばのことになりました。あー、かなり古い話になってきました。
この絵葉書と同じではありませんでしたが、初めて間近でウツボカズラを見て感動しました。
ボルネオは魅力的なところですね。
マレーシア本土からコタキナバルへ向かう小さな飛行機が非常に揺れたのが印象的でした。
Commented by weloveai at 2013-03-14 13:49
この絵葉書の植物は、面白いです、
籠を規則正しくぶら下げて、まるで人が編んだように木に絡みついてる
自然の造形とは思えないです。
いったい、どんな虫が入り込むのでしょう、小鳥でも間違って入ってしまいそうですね。
Commented by 寧夢 at 2013-03-17 10:01 x
去年生まれて初めての海外出張だったのに、
ホットスポットのワイルドフラワーで有名な花を見れずに滞在、
勿体ないパース近郊での2週間でした。
(シーズンはこの1ヶ月後だったのですよ!)
Commented by tamayam2 at 2013-06-22 16:03
♡♡♡ コメントくださった皆様へ
kimiko_shibata1さん、 echaloterさん、weloveaiさん、
寧夢さん、ごめんつかわさい。コメント承認制になって、古い
コメントのチェックをし忘れており、今あわてております。
もう初夏の6月22日です。ボルネオ島、オーストラリアの西海岸、
私の趣味がだんだん高じてきたのは、こういうところで珍しい
植物を見たからだと思います。ひゃー珍しい、生きてて、よかった!
と。これからも、おもしろいもの、楽しいこと、発見します。
よろしくお願いします。
<< 【587】エル・グレコ展にて 【585 】わが町 >>