【583】世界らん展に行ってきました

世の中がすっぽり冷気の底に沈み込んだような昨今ですが、
みな様、お元気でしょうか。18日、東京ドームで開催されている
世界らん展に行ってきました。大会のHPはここ
c0128628_9474367.jpg

広い会場に入ると、あたりにはまばゆいほどの、ラン、らん、蘭・・・
あまりに美しいものを一遍に目にすると、人はぼんやりとするものですね。
入選した作品など、初めのうちは目を凝らして撮影していたのですが、
だんだん面倒くさくなってしまいました。人出も半端ではなく、人いきれに
圧倒されたのかもしれません。
c0128628_948836.jpg

展示のほかに、販売コーナーもあり、外国のナーセリー(育苗園)のブースも
出ていました。台湾、香港、タイ、マレーシア、ベトナム それに、中米から
ベリーズ、エクアドルからの参加も。
c0128628_9483937.jpg

世界にはバラの愛好家と同じぐらいランの愛好家もいらっしゃるのでしょう。
熱帯や亜熱帯の山中にひっそりと咲くランの花の怪しい魅力は、その形の
不思議さと相まって、どこまでも人を魅了するもののようです。
c0128628_9491061.jpg

形が不思議という点では、この写真はエクアドルのモンキーオーキッドの
一つですが、花の顔というより、サルの顔ではありませんか!?

このらん展では、猿顔のラン(ドラキュラ属)も展示してあったのですが、
それを見るには、長蛇の列に並ばねばならぬようでしたので、私はあきらめ、
エクアドルの蘭ショップでこの写真を買ったのです。インターネットで、
猿顔蘭と検索すれば、本当にこれが植物だろうか、と驚きを禁じ得ない
たくさんのサル顔のランをご覧になれます。
c0128628_9493713.jpg

植物なのに、動物の顔、動物の体の器官のような形が、人の興味を引き立てる
のかもしれません。
c0128628_9495567.jpg

厳寒の季節ですのに、日本古来の春蘭や、エビネの類を展示してある
コーナーもありました。地味ながら、それぞれに豊かな味わいの和蘭を見て、
感嘆の溜息をつきました。

by tamayam2 | 2013-02-20 09:51 | 日々のできごと | Comments(17)
Commented by 寧夢 at 2013-02-20 16:48 x
選りすぐりの蘭ですね。
お猿さんの顔…、確かにこんな風に大きくしてみると納得!
余りにも色んな種類がありすぎて、蘭は難しい花に感じます。

建国記念日の日の連休の時に、かつて花博があった淡路島でも
ランの展示会をしていました。温室の巨大なドームは、
いい香りがしていました。
ジャングルの中でお茶をしている気分でしたよ。
また、しばらくしたらアップします。
Commented by kanmyougam at 2013-02-20 17:29
世界の蘭が一堂に集められる展示会大変なようですね。
取り上げてくださっただけでもいろいろですが是をすべて見て廻るのも大変ですね。
ようらに対して、和の蘭にも興味があります。
イチジク近くの山の蘭集めがはやって
名花にいたってか出た山の土までふるって根まで掘り出して絶滅にいたタものまでありました。
白妙・・・・紫尾山系の出ですが・・・・撮り尽くして、いまはヤマにはなくなりました。
Commented by tamayam2 at 2013-02-20 17:52
♡ 寧夢さん、
こういう猿面蘭は、とても小さいものが多いようです。
会場の一部にも展示してありました。みなさん、ケータイを
近づけて、パチリとやっていましたが、なんだか、バカバカしく
なってその列には並びませんでした。ランの中には、香りの
するものもあり、爽やかな香りがあたりに漂っていました。
私も香るものに興味を覚え、初心者向きのモノを一鉢買いました。
うまく育てられるかなぁ~。やっぱりちょっと近づき難い感じです。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-02-20 17:55
豪華な展示会ですね。
不思議な形、面白いデザイン、香りも満喫だったでしょうね。
モンキーオーキッドには笑ってしまいました。
ハンターたちが新種を探してジャングルをさまようとか・・・

胡蝶蘭のミニミニサイズの鉢植えが上野駅の駅中shopに2000円で売られていました。
あまりにかわいくてお土産に買ってしまいました。こうした技術も進歩していますね。
Commented by tamayam2 at 2013-02-20 17:57
♡ kanmyougam さん、
蘭は自然の環境の中ではなかなか見られませんね。見てみたい
ですが・・・。好事家がどんどん採っていくのは、困るわね。
蘭ハンターというようです。この頃は、実験室の中で、交配も
できるようなので、次々に新しい品種が・・・。できた作品だけ
見せていただくことで満足しましょう。とても自然のものと
思えないほど精巧なものがあり、ただただ目をうばわれました。
Commented by tamayam2 at 2013-02-20 18:47
♡ kimiko_shibata1さん、
kimikoさんも寒さをものともせず、野鳥のすばらしい写真を
撮っておられますね。とてもうれしく拝見しております。年のせいか、
この寒さでは、戸外に出るのがおっくうで・・・ついつい閉じこもり
がちになります。野鳥を見に野山に行きたいなぁ~と思いつつ
あと1か月の辛抱ね。昔は、蘭と言えば高価なものでしたが、
この頃は手ごろのものもありますね。小さいものを窓辺で育てて
みたくなりました。ふふふ。。。うまくいくかなぁ~
Commented at 2013-02-21 03:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2013-02-21 09:23
♡ cimarron さん、
私の亡母が春蘭が好きだったらしく、庭に一群れあります。
その世話をしておりますが、植物の世話を死後、人に頼む
こともできず、増やしてはならぬ、と自分に言い聞かせており
ます。私が買ったのは、小さい鉢で、白い香りがあるものです。
ラベルには、Coel. Intelmedia Magnificumと書いてありました。
うまく育てられるかな。。。
Commented at 2013-02-21 14:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2013-02-21 17:16
♡  cimarronさん、
和蘭は、たいてい地植えでOKです。家の春蘭はサザンカの木の
下に植えてあり花がたくさん咲く年とあまり咲かない年があります。
たくさん咲いたときには、花を塩漬けにするのですが・・・私が
買ったものは、確かに寒さに強い、夏は戸外に出しても可と
書いてありました。気難しいものでなければいいですが。今度
Upします。爽やかな香りがします。
Commented by aamui at 2013-02-22 20:27
15年程前だったか母を連れて行きましたが 人人人で疲れました 今年はじっくりテレビでラクチンに見物 モンキー特集は矢張りそんなに人気だったのですね 神様のいたずらはここでも驚くばかりです 和蘭の奥ゆかしい美しさには惹かれますね
Commented by ikutoissyo at 2013-02-23 17:45
毎年、このラン展のテレビCMを見るたびに、一度は行って見たいと思っていますが、混雑の話を聞くとつい億劫になります。

蘭は豪華なものより、ちょっと控えめな色彩・形の方が好きです。
最後のは和蘭ですよね。
品のよい色彩と美しい咲き姿。見飽きませんね。

何回かコメントが承認されなかったようで・・・。どこかで間違っているのかな?
今度こそ、上手くいきますように
Commented by tamayam2 at 2013-02-23 23:23
♡  ikutoissyoさん、
新しく承認制にしましたら、迷惑メールは激減しましたが、(すごい!)
でもご迷惑もおかけしているようで、すみません。単に私がシステム
に不慣れなだけかもしれません。ごめんなさいね。そう、日本人は、
老年になるとやはり、和蘭の部門も心惹かれるようですよ、
私も、洋らんも豪華さもいいなぁと思いつつ、和蘭もなかなか捨てが
たい魅力がありるなぁ~など素人の気やすさであちこち見て回りました。でも疲れましたよ。家でTVで見るほうがなんぼかよか
Commented by asako at 2013-02-24 15:36 x
私は小さなランが好きで、育てています。でも、面倒見すぎるらしく、いつもダメにしてしまいます。放っておくほうが自然らしいです。子どもを育てたら、きっとダメな子になってますね。
Commented by nenemu8921 at 2013-02-25 19:01
tamayamさん。
わあ、面白いわねえ。トップとラストのランが素敵。
猿顔蘭も検索して見ましたよ。
きゃー、コマルって感じです。
蘭は面白い以前に、なんともセクシーな印象があって、
どうも私は苦手です(>_<)
↓ 節分草はいいわねえ。
小さな花が寒さの中で咲くのは感動的です。
フットワークの軽いtamayamさんにも感動です。ヽ(´▽`)/

Commented by tamayam2 at 2013-02-25 22:35
♡ asako さん、
蘭は、私の友人によれば、カラカラにして、もう限界という時に
バケツの水に浸けるのですって。そうやっていじめると、花が
咲くそうです。でも、私もそんなむごいコトできずに、過保護に
育ててしまい、枯らしてしまうのかも。。。。構いすぎる
のがイカンらしいのです。子育ても同じでしょうね。私も自信なし(汗)
Commented by tamayam2 at 2013-02-25 22:41
♡ nenemu8921さん、
ほんとうに世の中には、けったいな顔の花があるもんですね。
やはり、植物は、植物、動物は、動物と棲み分けてほしいわ。
頭が混乱します(笑)でも、けったいなものに関心を寄せる私、
これからもランの世界を注目していきましょう。天邪鬼ですから。
お宅の三番瀬の写真、野鳥の写真は、すてきです。撮影は
寒いだろうなぁ~(ブルっ!)春を恋焦がれているTamayamより。
<< 【584】小田原にて 辻村伊助のこと 【582】セツブン草とザゼン草 >>