【577】種ボックス

c0128628_1030685.jpg

やや、これは・・・
カマキリ、バッタ!!??
いや、屹立した鼻は、ゾウムシか?
中央にはたてがみのような剛毛が生えている。

種を明かせば、これば、英語でDevil’s  claw(悪魔の爪)と
呼ばれるツノゴマの実です。オクラのような実を拾ってきて、
窓辺に置いた種ボックスの上に入れておいたら、乾燥し、こんな形
になったのです。私もこれを目にしたときは、えっ?これ何? と
その変容ふりに驚きました。

ツノゴマ【角胡麻 ゴマ科 Proboscidea jussieui】
花と実は、こんな形です。
c0128628_10305440.jpg

過去ログ:ハローウィンの季節 2010年10月23日
c0128628_10312080.jpg

私は、どこかへ行って面白い植物の種が落ちていると、拾ってきて
ガラス製の種ボックスに入れておくことにしています。昨年一年に溜まった
種は、ごらんの通り。
c0128628_1031433.jpg

A)ツノゴマ(ゴマ科)都立薬用植物園
B)ウバユリ(ユリ科)札幌 北大植物園
C)イトスギ(ヒノキ科)スペイン・トレドの道端
D)ムクロジ(ムクロジ科)京都府立植物園
E)イチビ(アオイ科)都内 中野区
F)スイフヨウ(アオイ科)都内 豊島区
G)ミントの種類(シソ科)函館 大沼公園

こんなものを収集して・・・種を蒔くわけではありません。
ただ、気になる植物を身近においておきたいだけです。
E)イチビのようにうっかり種をこぼしたら、地中で20年間も生命を
保っているものもありますから、取扱いには注意します。
しかし、この小さな種の中に生命が籠められていると思うと、
ありがたいような、うれしいような気持ちになります。
c0128628_10331690.jpg

このランは前回【576】で出した写真ですが、Blog友のCimarronさんから
Odontoglossumという種類であると教えていただきました。名がわからなかった
ので、うれしいです。あまり手をかけてやらなかったのに、秋ごろ
急にシュートが伸び、開花しました。

数年前に関越道の“ららん藤岡”というSAで衝動買いしたものです。
群馬県藤岡市は、ランの栽培がさかんなところらしく、SA内で新鮮な野菜と
ともにすばらしいランの鉢植えも売られています。スイカ一つぐらいの
値段でしたので、買ってみたのです。ランの栽培については、まったく
無知ですのに・・・。

[PR]
by tamayam2 | 2013-01-19 10:34 | 日々のできごと | Comments(8)
Commented at 2013-01-19 14:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2013-01-19 20:14
♡ cimarronさん、
Tiffanyのトンボの図柄は、古典的で素敵ですね。昔ステンド
グラスを習ったことがあり、窓のものは35年ほど前の習作です。
回りのディザインと調和しないといけないので、どこにでも
置けるものではありませんね。やはり、新しい皮袋には、新しい
葡萄酒が似合うようです。(笑)そのうち暇を見つけて教会の小窓
のために作りたいと思っていますが・・・いつのことやら・・・。
Commented at 2013-01-20 01:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by namiheiii at 2013-01-20 11:17
お忙しいtamayamさんは良い趣味をお持ちですね。私の好きなゲンノショウコがないけど、あれはありふれていて希少価値がないから?
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-01-20 19:51
ツノゴマは迫力ありますね。
「種子と果実」にも載っていません。貴重な一品ですね。
私も拾ってきて玄関のかごに入れていますが、せいぜいまつぼっくりやモミジバフウ・・・
これほど珍しいものはありません。
よく観察されていますね。
イチビは気を付けてください。なんせ日本の侵略的外来種ワースト100に入っていますから・・・・
新しい革袋には新しい葡萄酒・・・懐かしい御言葉・・・ちょっとはっとさせられました。
Commented by tamayam2 at 2013-01-23 19:54
♡ cimarron さん、
ほんと!時は瞬く間に経ってしまうわね。昨年車を手放した
ので、ガレージのスペースが空きました。ガラスの破片が
飛ぶので、そこをStudioと考え中です。ふふふ
Commented by tamayam2 at 2013-01-23 19:58
♡ namiheiii 先生、
そうそう、神輿草ですね。あの種の面白さは、群を抜いて
います。いつもポケットに入れて持ってくるのですが、
家に帰ってくると、粉々に・・・もしかしたら、先生のblogか
nenemuさんの処で写真を拝見したのが初めだったかも
しれません。
Commented by tamayam2 at 2013-01-23 20:01
♡ kimiko_shibata1 さん、
ワースト100と言えば、この頃そうい植物が幅を利かせて
いますね。今にワースト200とか300になるのではないかしら。
今夜も冷え込みそう。そちらは雪でしょうか?ドイツの友人からも
特に雪が多い冬との情報が入って来ています。あちらの雪は、
ダイヤモンドダストと言って、キラキラしている粉雪です。野鳥の
写真を見せていただきありがとう!
<< 【578】久しぶりの銀ブラ 【576】雪の朝、ちび死す >>