【574】温室の勧め

年末、年始と、いろいろ予期せぬ出来事があり、忙しくしていたので、
心を整えるために植物園の温室に出かけた。
散策しながら、カラフルな植物を見て撮影していたら、やっと気分が
鎮まり元気が出てきた。寒い時期には、温室がお勧めです。

1)新宿御苑温室
11月にオープンしたばかりだが、この日は、あまり人影がなく静かだった。
c0128628_20374782.jpg

正面の入口から入ると、ピンクの豪華なランが歓迎してくれる。
このランがたくさん咲いている様子を、ガラス越しにも見ることができた。
豪華なもんです。
御苑の温室は、ランのコレクションに関しては、歴史もあり、立派なものを
たくさん所蔵しているようだ。中から一番の見ごろを小出しにして見せて
くださるらしい。

ランのような高級な園芸品種の世界には、けっして足を踏み入れようとは
思わないが、やはり、やんごとなき美の世界であった。
c0128628_20382084.jpg

とくに、順路に沿って一番初めの部屋に入ろうとすると、その辺がなにか、
ふわっとするような良い香りが漂っているのであった。
c0128628_20384024.jpg

見ると、戸口のところに、フウランの一株が掲げてあるではないか。
うれしかったなぁ~!
距が長くて、花がうっすらと、ピンクがかっている。
清楚で、何と言いようのない可憐さだ。
フウラン【風蘭、または、富貴蘭 Neofinetia falcata】
日本原産の着生蘭。絶滅危惧種Ⅱ(VU)

2)夢の島熱帯植物園
ずっと前に来たとき、廊下に出してあったパイナップル科の花の色が
非常に魅力的だったので、会えるかなぁ~と期待して行ったら、
果たして、以前と同じように廊下の陽の当たるところに出してあった。
くるりと巻いたガクの縁が紺色で、ピンク、黄色、紺の取り合わせが
芸術的だ。
c0128628_2040312.jpg

ヨウラクツツアナナス【瓔珞筒アナナス パイナップル科 
                 Billbergia nutans】
c0128628_20405532.jpg

もう一つのパイナップル科の植物もきれいだった。
パイナップルは、アナナスというのでした! 英語では、松(pine) + リンゴ(apple)、
なかなか良い発想です。
シマサンゴアナナス【島珊瑚アナナス パイナップル科 Aechmea fasciata】

こちらは、胡椒の一種。この葉がとても気に入っていて、携帯電話の待ち受け
画面にしている。会いたいなぁ~と思っていたら、健全だったので安心した。
c0128628_20413313.jpg

ピペル・シルヴァティクム【コショウ科 Piper  sylvaticum 】
熱帯地方のジャングルに生えているのだろうか。コショウ科の葉はみな
好きだ。

まだまだ寒い時期が続きます。どなた様もお体をご大切に。
もし、出かけるとしたら、温室がいいですよ。

私はコートが邪魔になったので、ロッカーに入れて、セーター姿で
見て回りました。




[PR]
by tamayam2 | 2013-01-12 20:43 | 日々のできごと | Comments(14)
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-01-13 07:26
オープンしてから行きたいのですが、お正月の上京はいろいろ雑用?がありまして・・・牧野展だけはよったのですが・・・・
こちらを拝見してますます行きたい所です。
フウラン、いいですね~
寒い宇都宮の早朝から上京しますと東京は寒くはありません。
温室ならコートは邪魔でしょうね。

猫ちゃん、ご病気と・・・気がかりですね。お大事になさって下さい。
Commented by ふく at 2013-01-13 09:55 x
きれいね、きれいね。
ツツアナナスおっと瓔珞をとったら
なんだかへん。漢字でみたらわかりやすく
ベニゲンペイもなるほどと思いました。
興味が偏ってますね私も。
Commented at 2013-01-14 01:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2013-01-14 10:52
♡  kimiko_shibata1さん、
>寒い宇都宮の早朝から上京しますと東京は寒くはありません・・・
ははは、そうでしょうね。今日、東京は、雪です。初雪。病猫にも
窓ごしに見せてやりました。猫の看病は初めてですが、なかなか
大変です。湯たんぽが気に入っています。ふふふ
Commented by tamayam2 at 2013-01-14 10:55
♡ ふくさん、
植物の名は、本当におもしろいです。台湾で源平蔓を見るとは!
この花は、白なんですが、一部の花が真っ赤なんです。
源氏と平氏ですね。日本史をしらない外国人には、わかりません。
Commented by ikutoissyo at 2013-01-14 11:00
久しぶりの雨が雪に変わりました。
あっという間に積もっていきます。

新宿御苑には9日に行って来ました。
風もなく暖かい日でしたので、のんびり過ごしていきました。
温室には蘭が沢山咲いていましたね。
庭園と温室、一度に楽しめてラッキーです。
Commented by tamayam2 at 2013-01-14 11:03
♡  cimarronさん、
【569】の見落としコメントにお返事書きました。ごめんなさい。
暮れにPCの調子が悪くなって、Internet Explorerが全く
使えなくなりCromeに変えましたら、何だか表示の仕方が変わって
まごまごしております。昔、ランろ言えば高級で、管理の難しい
花と思い込んでいて、敬遠していましたが、管理のコツさえのみこめ
ば素人にも扱えると知りました。花が無いときは、おもしろくもなんとも
ありませんが、ある日突然茎が立ち上がって花が咲けば、驚く
ほどの繊細さ。驚きますね。やはり、女王様の風格があります。
やさしいものから始めようかなぁ~と思っていますが・・・
梯子に登って水やりは、危険ですね。だれかがそばにいないとき
には、高いところに登らないでね。
Commented by tamayam2 at 2013-01-14 11:11
♡  ikutoissyoさん、
私も、いましがた雪にきづきました。なんだか心が躍ります。
病猫にも見せてやりました。彼が飛び回っていた庭が見える
ガラス戸の近くに檻をおいています。檻の扉を開けてやっても
自分から中にはいって湯たんぽをだいて寝ています。
私は11日に出かけたのですが、御苑を散歩している人は
少なかったです。都心にあんな温室ができて本当に幸せ
です。あそこでランを見てちょっと興味を持ちましたので、
2月にある国際ラン展にも行ってみようかと思っています。
Commented at 2013-01-14 14:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2013-01-14 15:17
♡  cimarronさん、
拝見しました。雪に覆われた天使は、お宅の庭ですか?教会?
また、老猫にお見舞いの花をありがとうございます。感涙 (ーー;)
ランを育てるには、日光と温度が重要なのですね、写真をみて
よくわかりました。
Commented by organvita at 2013-01-14 22:11
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
新宿にこんな素敵なところがオープンしたんですね。
父母に勧めておこうと思います!!
今年もブログを楽しみにしています!
Commented at 2013-01-15 01:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2013-01-15 02:43
♡ organvitaさん、
こちらこそ、よろしくお願いいたします。CDを出されたのですね。
Amazonで取り寄せます。オルガンの響きに魅せられて・・・
しかし、道はなお遠しです。東京には、意外なことですが、大小の
植物園はあれども、ちゃんとした温室を備えたものが無かったの
です。都心にあり、ちょっとお買いもののついでに温室で気分転換
もできますし、文字通り都会のオアシスができました。ご両親様に
ぜひお勧めください。私もお宅のBlog watcherです。よろしく!
Commented by tamayam2 at 2013-01-15 02:48
♡ cimarron さん、
天使のいる庭・・・なんとすてきなこと!2月に国際ラン展という
大掛かりな展覧会があるので、見てこようと思います。西洋の
ランも素敵なのですが、東洋のランも地味ですが、味わいが
深いです。風蘭も日本のランです。奥が深そうですね。(笑)
<< 【575】新宿御苑温室での見つけもの 【573】台湾で見た植物2つ >>