【570】台湾黄マダラタテハ

【564】でご紹介した台湾・宜蘭(いらん)の海岸の近くの崖で、
黄色のきれいなチョウを見かけた。シジミチョウより大きく、タテハチョウの
仲間だと思ったが、名がわからなかった。
台北で買った『臺灣胡蝶食草與蜜源植物大図鑑』で調べてやっとわかった。
タイワン黄マダラタテハという、向こうではありふれた、日本では見たことが
ない蝶だった。タテハ科ドクチョウ亜属というから、鳥に食べられないように
毒をもっているチョウらしい。
c0128628_17212538.jpg

こういう本は、台湾語だからさっぱりわからないが、漢字が何とか見当がつくことと
学名がラテン語で書いてあるので、本当に助かる。
しかも、この本の目的は、蝶だけでなく、偏食のチョウが食べる食草や蜜源に
関心の焦点が当たっていて、植物の写真も明瞭でわかりやすい。いい本が買えて
よかった。
タイワンキマダラタテハ【タテハチョウ科 Cupha erymanthis】
吸蜜しているのは、台湾中で見られるシロバナセンダングサ(キク科)。
c0128628_17214435.jpg

こちらは、陽明山で見た多分、ウラナミシジミ(シジミチョウ科)
黄色い花は、ウェデリアという台湾でどこでも見られるキク科の花。
ウェデリア【キク科 Wedelia trilobata】和名:アメリカハマグルマ

シロバナセンダングサもウェデリアも、非常に強くはびこりやすいので、
うっかり心許すと、日本の野山を覆いかねない。でも、すでに育てやすい
品種として園芸用のサイトで紹介されているようだ。
c0128628_17225153.jpg

台北で見た植物はどれも興味深かったが、海辺で海檬果という低木につやつや
した楕円の実がたくさんなっているのを、見た。
採って詳しく見てみたいと思ったが、その並木のところに、「有毒だから、採って
食べるな!」という張り紙がしてあったので、写真に撮るだけにした。
キョウチクトウの仲間で、植物全体が有毒であるということだった。
海檬果【キョウチクトウ科 Carbera manghas】
和名は、ミフクラギ または、海マンゴー

若い実は緑色だが、熟すと小豆色になりテカテカ光り、ちょっと魅力的だ。
海マンゴーなどという名につられたら、大変なことになるところだった。
警告が漢字で書かれていたので、よかった。

by tamayam2 | 2013-01-04 17:23 | たび | Comments(12)
Commented at 2013-01-05 09:21
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-01-05 19:56
さすがtamayam2さま、海外で図鑑を求めてこられるとは!
食草も写真で写っているのは素晴らしいと思います。
解りやすいですね。
台湾には多くの蝶が生息しているようですね。
鳥もそのようで、カワセミの仲間も多いようですよ。
Commented by tamayam2 at 2013-01-05 19:58
鍵コメさん、
こういう胡蝶を見たことがありますか?
おたくのBlogを拝見しました。どうぞよろしく!
Commented by tamayam2 at 2013-01-05 20:01
♡ kimiko_shibata1 さん、
やはり、南国は植物の種類が多く、冬の厳しさがありませんから、
蝶にも鳥にも住みやすいのでしょう。日本で見たことがない植物
には、魅了されました。きっとカワセミの仲間もいるでしょうね。
Commented by ふく at 2013-01-06 09:37 x
夾竹桃の仲間だとしたら
切るとねばねばしていかにも毒がありそう。
きれいに熟したらつい手が伸びましょう。
漢字は便利ね。
Commented by ikutoissyo at 2013-01-06 14:08
↓の銀行前の第九、演出だとしても良い感じですね。
舞台で何回か第九を歌った経験者としても、憧れの映像です。
あのフレーズは、鼻歌ならだれでも歌えますものね。
子供の表情がいいですね。

「でんぽっぽ」にはちょっとびっくりです。
「電報ではいけないのですか?」あの議員さんの真似をしたくなりますわ。
Commented by KawazuKiyoshi at 2013-01-06 17:03
あけまして おめでとうございます

私の友人が陽明山のガイドの試験の通ったとか。
台湾は好いところです。
沢山の蝶々も人の心も。
好い年になりますように。
今日もスマイル
Commented by tamayam2 at 2013-01-06 20:36
♡ ふくさん、
外国の話だと思いますが、BBQをしていて、そばにあったキョウチク
トウの枝で串をつくり、それに肉を刺して焼いたところ食べた人が
死んだという事例があったそうです。夾竹桃は、全体が猛毒植物
です。
Commented by tamayam2 at 2013-01-06 20:41
♡ ikutoissyo さん、
ikutoissyo さんはコーラスの方でしたよね。ほんと、このFlash
mobはみなさんにぜひ見ていただきたいと思ったほど、いい感じ
でした。バスから始まって、弦楽器、管楽器、打楽器に続いてコーラス
が入り盛り上がります。子供たちも(赤ちゃんまでも)群衆が音楽
によって心が溶かされていく過程が表情から見えますね。都会人
は皆無表情ですが、この音楽でほぐれるのですね。音楽って
ほんとうにすごい力がありますね。♡
Commented by tamayam2 at 2013-01-06 20:45
♡ KawazuKiyoshi先生、
先生は、台湾で教えておられたのですね。私が日本で台湾の方
をお教えしたのは、わずかな期間でしたのに、みなとても人情に
厚くって。陽明山には日本の縁のある建物もあり、自然のすばら
しい所です。ガイドの試験があるのですね。私は、チョウチョウが
好きだから、昆虫のガイドさんがいたら、ぜひお願いして、今度
は植物と蝶だけを見るためにでかけたいです(笑)
Commented by echaloter at 2013-01-07 05:19
台湾語の辞書も手に入れられたんですね。
学名がラテン語で世界共通というのは、ほんとに便利です。
今年もたくさんの花や蝶とtamayamさんのところで会えますね。楽しみです。^^*

でんぽっぽ・・・電報でいいのにね。
電報文化大事にしたいですね。日本の形式美につながるかな。
今年もどうぞよろしくお願いします♪
Commented by tamayam2 at 2013-01-07 17:46
♡  echaloterさん、
お宅の地方の洪水のお話、関心をもって拝見しています。
ヨーロッパの川の護岸工事は、簡素なこともあって、もし、洪水が
起きたらどうするのか・・・とよく考えました。ライン川もモーゼル川も
水面すれすれに水が豊かに流れていますから。

学名がラテン語というのは、いろいろな言語がひしめくヨーロッパの
国の人にとってありがたいです。単語を並べただけでも意味が
分かることがありますから。文法は難しいのでしょうが、話すことが
ない学問上の言葉ですから、それでもいいのですね。漢字も知って
おれば本当に便利。台湾は、繁体字を使っています。大陸は、簡体字。
日本はその中間ですが、一旦簡単にしたら、もう難しいことを学習する
のは嫌になりますから・・・台湾の教育省は頑張ったのでしょう。
それが、非能率だったか、よかったのか。。。わかりませんね。
ことしもどうぞよろしく!
<< 【571】信心・信仰・ご利益 【569】電報の話 >>