【567】クリスマス・ツリー

1987年(昭和62年)、今から25年ほど前に、私は、ある学校の
日本語クラスで教えていました。
そのクラスには、成人の外国人学生が10人ばかりいたのですが、
台湾人、中国人、ネパール人がいました。
c0128628_994914.jpg

台湾人のAさんと、中国人のBさんは、けっしてそばに座ろうともせず、互いに
打ちとけませんでした。台湾人と中国人の間には、政治的に複雑な背景があると
知ったのはそのころでした。同じ中国本土から来た、BさんとCさんもよそよそしく、
彼らは、北の天津と南の広州の出身で、言葉も考え方も相当違うということを
知り、一くくりに中国人と考えてはいけないのだと知りました。

また、ネパール人のDさんとEさんなら、お互いに協力し合って勉強するだろうと
考えましたが、彼らも端と端に分かれて座り、全く口もきかないのでした。
後から聞いて見ますと、カーストが違うので、一つのテーブルで食事をすることすら
できない身分だということでした。

こうして駆け出しの日本語教師は、日本語教育の背景にある複雑な国際事情を、
こういう体験を通して学ぶことになるのです。

今回の台湾訪問は、当時のクラスの中国人のBさん夫妻と台湾人Aさんを訪ねる旅で
ありました。お二人は、25年の間ずっと級友として友情を育ててきました。

中国人のBさんが本国が認めない台湾に旅行するのには、VISAが必要ですが、
VISAの取得費が安くなり、簡単になったので、やっと台湾訪問が可能になったと
言っておりました。

Aさん、Bさん、私の三人を繋いでいたのは、毎年のクリスマス・カードや年賀状という
ごくごく旧式の情報交換手段でしたが、ほそぼそと25年間続いていたとは、驚くべきことです。

私は年老い、当時若かった彼らは、50代です。それでも、
元気で楽しく語れるというのは何という幸いなことでしょう。
c0128628_9101422.jpg

今夜はクリスマス・イヴ。
どうか、みな様にとって聖なるよい晩でありますように。
台北の駅舎、台北車站に飾ってあった絢爛豪華なクリスマス・ツリーをお目に掛けます。
25年前の台湾人の学生たちは、みなが口をそろえて、
「日本のすばらしいものは、地下鉄と新幹線! 日本の交通は便利です。」

今は、台湾にも新幹線が通っており、台北から南の高雄まで96分で結んでいるということです。
また、台北市内には、最新式地下鉄が走っており、移動が便利になりました。
私の好きな市立台北動物園にも地下鉄で行くことができます。
さて、これは、動物園で見たヤツデの葉に似た小木です。
よ~く、ごらんください。
c0128628_9104459.jpg

葉についているものは、なんと、生きたチョウです。
オオゴマダラというチョウの中でも最も大きく、緩慢に飛ぶマダラチョウの仲間です。
c0128628_911560.jpg

チョウは、じっとしていてほとんど動きません。
このヤツデの花のような白い花粉がよほど気に入っていると見えて、
葉脈は、白い粉のような花粉にまみれているのでした。

これは、まさしくチョウのクリスマス・ツリーですね。
Merry Christmas!

[PR]
by tamayam2 | 2012-12-24 09:12 | Comments(10)
Commented by namiheiii at 2012-12-24 10:04
そう言えば昔私の研究室にも上海と成都からの研究生がおりましたが気質も違いあまり交流は無かったようです。
3年前に台北に観光で行きましたがホテルの温室にこのマダラチョウが気味のわるいようにうようよいました。
Commented by maximiechan at 2012-12-24 10:37
暫く仕事が忙しくて自分のブログも更新せず、仲間のブログ訪問もほとんどしていませんでした。
ここ最近の記事、写真はどれも素敵でした。市場の商品も撮りようによっては素晴らしい絵になりますね。
さて、今回のオオゴマダラですが、チョウのクリスマスツリーとは目のつけどころがナイスです。
明日から新年4日まで石垣に滞在。撮影と読書三昧の日々を送ってきます。
Commented by ふく at 2012-12-24 12:18 x
漢字でいえばおおごままだら?
動いていたらちょっとひいてしまうかな。
遠目で見ればきれいかな。
想像が膨らみます。
クリスマス週間の間に一度四ッ谷に行きたいと
申告中。今日は深夜にかけてきっと満員でしょう。
Commented by 寧夢 at 2012-12-24 12:19 x
メリークリスマス! 素敵な台湾のツリー、ありがとうございます。
えーと、私はtamayam23の生徒の世代と言うことになります。
先生世代のパワフルさ、何処も同じですね。
クリスマス寒波で大阪は天気が悪いです。
寝正月ならぬ、家ごもりクリスマスになりそうです。
(やるべきことも手抜きに決めたので、ゆっくり連休です)
Commented by tamayam2 at 2012-12-28 10:55
♡ namiheiii先生、
上海は上海語、成都は、四川語でしょうか、広い中国では、それぞれの
省は、外国のようなものなのでしょう。オオゴマダラがホテルの温室
にうようよ・・・ほ、ほう、それは壮観ですね。うようよという表現から、
あまり美しい眺めではなかったのですね。幼虫だったら・・・(笑)
もっと気持ちが悪かったかもしれません。この蝶は、とても緩慢な
動きなので、撮影しやすいのですが、多すぎると気味が悪いかも。
Commented by tamayam2 at 2012-12-28 10:58
♡ maximiechan さん、
お正月を石垣島ですごされるとのこと、うらやましい~!
写真を楽しみにしております。やはり、南国のチョウは、たまり
ません。旅に出る時、もしかすると虫に出会えるかも、と期待を
しているのですが、案内してくれる人になかなかその意図は
伝わりにくく・・・因果な趣味だと思いますよ。よいご旅行を!
Commented by tamayam2 at 2012-12-28 11:01
♡ ふくさん、
漢字で書けば、大胡麻斑ですからごままだらなのですが、
重なる「ま」は省略されるようです。ですからおおごまだら。
毎年四谷においでの方を知っていますが、大層な込みようとか。
気をつけて行ってらっしゃい。私の教会でも普段は、200名ぐらい
なのですが、クリスマス・イヴは、400人を越える賑わいです。
一年に一度一番人出が多いときです。
Commented by tamayam2 at 2012-12-28 11:05
♡ 寧夢さん、
多くのBlog友は、私の生徒の世代です。でも年をとると、
老いては弟子に従え、何でも、はいはいと素直に従っております。
もう、教師も弟子もなく、おもしろいことに笑い、おいしいものを
食べて幸せを感じ。。。いいお付き合いが続いております。
どうかゆったりとした新年をお迎えくださいね。
Commented by echaloter at 2012-12-30 06:50
tamayamさん、こんばんは。

台湾もいいご旅行になりましたね。
25年ほど前に訪れたことがありますが、果物やおかゆがとてもおいしかったことを思い出しました。
私もこちらで出会った中国、そして台湾の友だちと一緒に話をしたことがありますが、それぞれの主張を聞くのに大変な思いをしたことがありました。実際にこうした出会いがあって、いろんな現実が見えるのだなと体験することができたことのひとつです。
今年もあと2日になりました。
美しい花や蝶、たくさんの植物、興味深い旅先のお話など、今年もtamayamさんのところでたくさん楽しませていただきました。また来年も楽しみにしています~♪
どうぞよいお年をお迎えくださいね。^^*
Commented by tamayam2 at 2012-12-31 20:23
♡  echaloterさん、
この一年、コメントをいただきありがとうございます。
あなたの町の洪水の話など読ませていただき、あなたの住む町が
なんだかとても身近に感じております。かっちゃんとの愛情あふれる
ご生活、手仕事があって、おいしいものがあって、人生の幸せを
しみじみかんじさせられます。2013年もどうぞよろしく。よい一年
でありますように!
<< 【568】さようなら2012年... 【566】台北・長春街の市場 >>