【565】冬至に食べるもの

今日21日は冬至。冬至には、カボチャとゆず湯、だと思っていましたが、
なんでも、語尾に「ん」がつく食材が冬を乗り切る体力作りによいそうです。
カボチャは、別名、なんきん(南瓜)と言います。それに加え、
れんこん(蓮根)、にんじん(人参)、ぎんなん(銀杏)、きんかん(金柑)、
かんてん(寒天)、いんげん(隠元)・・・・まだあるかな。
我が家も今夜、カボチャが食卓に上りました。

先日出かけた台湾の都市部では、朝昼晩と三食とも外食ですます人が多いそうです。
え? 子供も? 子供がお金をもらって屋台で食べるのはそんなに特殊なことでは
ないらしい。

台北の夜市は、とても有名ですので、ちょっと覗いてみましたが、ちょこちょこっと
2,3軒の屋台で食べるともうお腹が一杯になるほど。軽食屋というか、
おかず屋さんというか・・・毎晩、お祭りのようなにぎわいでした。
c0128628_20104823.jpg

例えば、このチャーハンとスープも一椀90円ぐらい。子供のお小遣いで
食べれらます。
c0128628_20152398.jpg

c0128628_20154581.jpg

家族で食卓を囲まないということは、教育的には、ちょっとぉ~と思いますが、
親子とも忙しいみたいです。子供は、夜まで補習班(塾)に行っていますし。
c0128628_2011136.jpg

こちらは、菱(ひし)の実
ゆでたものは、皮がつるっと剥け、キヌカツギ(里芋の一種)のような、クリの
ような味です。
ヒシ【菱 ヒシ科 Trapa japonica】

こちらは、骨まで黒い、烏骨鶏(うこっけい)の肉。
滋養もあり、味もよいそうですが、食べたことがありません。
c0128628_20133184.jpg

生きた亀は、いずれスッポン・スープにされるものでしょうか。右横はショウガ。
c0128628_20134979.jpg

こちらの犬は、買い物客のお連れさん。
c0128628_20141354.jpg

しっぽを振れば、どこかから御馳走が飛んでくるので、朝の散歩は
彼にとって一日の始まりの稼ぎ時なのかもしれません。

[PR]
by tamayam2 | 2012-12-21 20:17 | たび | Comments(6)
Commented by shibata at 2012-12-21 21:50 x
このようなブログには興味深々!!
どれもおいしそうですね。
ただ、朝からここで食事とは!!また、三食とも外食なんて私の感覚では???
japonicaのヒシ、日本では見かけませんが、台湾ではこうして日常にあるのですね。
活気のある国ですね。
Commented by kanmyougam at 2012-12-22 14:02
こんにちは。
僕はタイワン育ちなので(戦後引きあげ)今日のブログはとてもうれしい。
こんな市場が延々と続いていて歩いてみるだけでも楽しい。
小学生が街角の屋台やフアーストフードに立ち寄って食べながら学校へ、お昼も校庭の周囲にお店ができて・・・変りましたね。
イヌは放し飼い・・・首輪がないのですね、電車に乗り込んできてかってに降りていくこんな光景もありました、アリサン鉄道でのこと。
一緒に遊んだ原住民区の皆さんのことを思い出します。

Commented by 寧夢 at 2012-12-22 20:31 x
三度とも外食ですか。子どもでも? 塾通いで?
初めて訪れた台湾、3月の末でした。
食材の多い市場、見物のし甲斐がありますね。
御飯は美味しかったなあ。

虫も花も、そして食材も生き生きと写していますね!
Commented by tamayam2 at 2012-12-22 20:56
♬  shibata さん、
二人のガイドさんが、同じことを言っていました。子供がちが
登校前に市場に寄って食べ物を買って学校で朝食を食べるそう
です。きっと学校では温かいお白湯でも出してくれるのでしょう。
ガイドさんも早朝の出勤なので、市場に立ち寄って粥を食べて
来たそうです。
ヒシを初めて食べてみましたが、おいしかったです。japonica
なのに、日本では見かけませんねえ。
Commented by tamayam2 at 2012-12-22 21:03
♬ kanmyougamさん、
台湾に関して懐かしい思い出をたくさんお持ちですね。
台湾の人たちは、日本の占領下にあったことを・・・あからさまに
不快とおっしゃらずに、日本統治時代を懐かしんでくださいます。
お年寄りには、日本語の達者な方もおいでですし。。。日本のサブ
カルチャーもよく普及しているように見えます。日本でよくみかける
Family MartとSeven Elevenはどこでも見られました。とても
国際化していますが、この国で大きな国際会議などが開かれる
ことは無いでしょうね。その点が政治的に難しい面だと思いました。
Commented by tamayam2 at 2012-12-22 21:09
♬ 寧夢 さん、
受験勉強はとても大変そうでした。いろいろな塾があり、子供は
夜遅くまで勉強しているみたい。私の友人の子弟は、英語、フランス
語がよくでき、親は将来留学させたいと考えているみたいです。
一昔前には、日本へ留学を考えたのでしょうが、今は、アメリカか
ヨーロッパのようです。日本は、ちょっとさびしいわね。サブカルチャー
は面白がってくれるけど、日本の大学では、国際人は、育たないと
思われているのかもしれません。
<< 【566】台北・長春街の市場 【564】台湾で、マダラチョウ... >>