【563】禅寺の収入源

下の写真の手前の丸い穴をごらんになってください。
漬物を漬ける甕のようにも見えますが、漬物小屋ではありません。
c0128628_14402433.jpg

先日、訪問した京都・東福寺の東司という建物なのですが、
禅宗の寺で東司(とうす)と言えば、お手洗いのことだそうです。
室町時代の重要文化財です。
用便をするに際しては、いろいろ作法があり、禅僧には修行の一つだったそうです。

私がとても興味をもったことは、この甕に溜まった下肥(しもごえ)を捨てることはせず、
農家に売り、それが寺の重要な収入源になったという点です。
c0128628_14414857.jpg

京野菜として有名な京菜、真っ赤な京ニンジン、聖護院ダイコン、千枚漬けのかぶら、
万願寺とうがらし・・・そういう野菜は、昔は、下肥を使って育てられたのですね。

閑話休題:もう20年ほど前のことですが、韓国人の若い女性から、
「とても聞きにくいことなのですが、ある種の薬を買いたいのですが・・・・
何と言って買えばよいか・・・?」と、相談を持ちかけられたことがあります。
その方の日本語が未熟なせいでどんな薬かよく理解できないので、いろいろと
質問しましたら、それは便秘薬でも、下剤でも、避妊薬でもなくて、虫下しだったのです。

彼女が言うには、韓国では、お母さんが、いつも虫下しを用意しておいてくれて、
生野菜を食べた後には、用心のために虫下しを常用しているということです。
韓国では、まだ下肥を使っていますから・・・と彼女は恥ずかしそうに言っていました。
c0128628_14423975.jpg

ドイツでも新鮮な生豚肉のミンチをパンに挟んで食べるMettwurstという食べ方が
あるのですが、「・・・うむむ、生の豚肉は、ちょっと・・・」と尻込みする私に、
「なぁに、虫下しを飲んでおけば大丈夫ですよ・・・」としきりに勧めてくれた
友人がおりましたっけ。

今、日本の薬局で虫下しが簡単に手に入るかどうかわかりませんが・・・日本では
スーパーで買ってきた野菜を食べている限り、回虫に苦しむということは無さそうです。
若い世代では、虫下し、回虫などという用語も理解不可能でしょうね。
c0128628_14431148.jpg

東福寺で下肥を業者に売って、それが寺の大事な収入源になったということを
知り、広い世界には、まだ下肥を使っている国、虫下しや検便が必要な国が存在する
のだなぁ~と、当たり前のことですが、思い至ったのです。

それと、日本で水に流してしまっている下肥はもしかしたら、すごい資源なのではないか、
という疑問。

海外に行って、生野菜のサラダや生牡蠣、刺身を出されても、調理人の腕をあまり過信なさらない
ほうがよいかと・・・老婆心までに。

[PR]
by tamayam2 | 2012-12-10 14:43 | 日々のできごと | Comments(16)
Commented by nick-2 at 2012-12-10 22:35
約20年ほど前のシンガポール時代は生野菜は気を付けた方が言いと言われましたね、原産地がマレーシアが多かったせいかと思います。でも、気にせずに食べてましたよ。
Commented by school-t3 at 2012-12-10 23:37
まぁ、偶然!^^
昨日娘に回虫の話をしてやったばかりです。
戦後小学生だった私たちが虫下しを飲んでいたことも。

日本も戦前は下肥を売り買いしていたんですよね。
江戸時代の下肥話なら娘のほうが詳しいです(笑)
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-12-11 09:55
東司は知っていましたが、それが貴重な収入源だったとは・・・
日本は実にリサイクルの発達した文化を持っていました。
紙も髪も再利用されていました。現代の使い捨ては困ったことです。

回虫による食中毒は昔のようなことはありませんが、少し増えています。
ペットとの身近な接触、輸入食品、アニサキスによるもの、生食の流行・・・
海外での生野菜、水を含めて生食は避けた方がいいですね。
豚のミンチの生食とは・・・食べてみたい気もしますが・・・・
虫くだしとはどんな薬だったのでしょう。

魚眼レンズが面白い味をだしていますね。
Commented by namiheiii at 2012-12-11 10:36
下肥は戦後の窮乏期には貴重でした。うかうかしていると農家の人が黙って汲んで行ってしまうのです。
東司(とうす)で思い出しましたが、ん十年前の中国のトイレは仕切りがなく長い縁台の上に丸い穴が間隔を空けて並んでいるというものでした。
雑駁なコメントばかりでごめんなさい。
Commented by kanmyougam at 2012-12-11 14:57
祖父母マアで農家でしたので下肥を堆肥にすきこんでいたのを記憶しています。
牛肥も同じです。
京のお寺の東司のことを観ると世の東西を問わず
似ていたのではと思ってしまいました。
敦煌の近くの川(オアシス)では糞尿を流し、洗濯をして野菜を荒いスイカを浮かべて・・・一連のことが目に付くところの範囲で日常的にありましたね。
下流では子どもが川遊びをしていた・・・。
当たり前のこととして。

Commented by ikutoissyo at 2012-12-11 21:16
東司を見たのは、やはり京都のお寺でした。
下肥がお寺の収入源だったことは、初めて知りました。
子供の頃、下肥を運んでいるおじさんとぶつかって、少し体にかかってしまったことがありました。
泣いている私に、母はお赤飯を炊いてくれました。
どんな意味があったのでしょう?
厄払い?でしょうか。
Commented by nenemu8921 at 2012-12-14 23:22
うーん。話題が軽妙ですね。
京のお寺に限らず、地方では1960年ごろまでそうした状況はあったと思います。
地主の家では下肥まで有料で、小作人を支配していたとか。
日本の豊かさは、つい最近のにわか作りのものなのかもしれません。
Commented by sumiko33m at 2012-12-15 08:43
おはようございます!
ご無沙汰していました。
下肥が禅寺の収入源とは驚きました(@_@)
魚眼レンズ使いこなして素敵な表現になっていますね。
Commented by tamayam2 at 2012-12-17 11:09
♡ nick-2さん、
シンガポール、マレーシア・・・そこに住んでいらっしゃると、だんだん
胃腸に耐性ができて平気なのかもしれませんね。現地の人は
屋台で食事を楽しんでおられますからね。本当は人間は、けっこう
タフにできているのでしょう。
Commented by tamayam2 at 2012-12-17 11:40
♡  school-t3さん、
虫下し、回虫なんて言葉は、もう死語になってしまったかと
思っていましたが、それがわかる年代の人たちとこうして
話ができることは、愉快です。アトピー性皮膚炎などもお腹の
中の寄生虫と関連があるとか聞いたことがあります。一つの
厄介なものが去っても、別の厄介なものがやってくるようです。
Commented by tamayam2 at 2012-12-17 11:44
♡ kimiko_shibata1さん、
ちょっと出かけており、コメントのお返事が遅くなりました。
年末だというのに、こんなノー天気な話題で・・・申し訳けありません。
友人が最近、しめサバを食べてアニサキスにやられたそうです。
意外なところに寄生虫がまだ潜んでいるのですね。
Commented by tamayam2 at 2012-12-17 11:47
♡  namiheiii先生、
下肥を盗むなんて・・・今では考えられないことですが、そういう
こともあったでしょうね。最近台湾にでかけましたが、20年前に
比べてトイレ事情が非常によくなって、旅行者にはありがたかった
です。昔は、水洗でもトイレに紙を流すことができませんでした。
こちらも雑駁なお話で、ごめんなさい。
Commented by tamayam2 at 2012-12-17 11:51
♡  kanmyougamさん、
今の若い方は、ご存知なくても人間は、どっこい、どんな環境でも
生き抜いていけるものですね。そうヤワにできているわけじゃない
のね。寄生虫も寄せ付けないような清潔すぎる体はかえって、
心配かもしれません。ふふふ
Commented by tamayam2 at 2012-12-17 11:53
♡  ikutoissyoさん、
そう、なんだかそういう時に赤飯を食べるって聞いたことがあります。
厄払いでしょうね。お母様のやさしい心遣いですね。ありがたいこと。
Commented by tamayam2 at 2012-12-17 11:57
♡  nenemu8921さん、
私が言いたかったことをあなたがよく言ってくださいました!
そうなんです、>日本の豊かさは、つい最近のにわか作りのもの
なのかもしれません・・・私が感じたこともそういうことです。
Commented by tamayam2 at 2012-12-17 12:01
♡  sumiko33mさん、
魚眼レンズを買ったものの、あまり使いこなせなくて・・・この
時は、非常に混んでいたので、人を写したくないので、よい結果
が出ました。デフォルメしていますが、自分が何を写したいのか
はっきり主張することができますね。東司や天井画の写真は、狭い
格子の間からレンズを突き出して写したものです。(汗)
<< 【564】台湾で、マダラチョウ... 【562】ひねった形 >>